ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ナノスケールに潜む、生物の技術。「ヤモリの指―生きもののスゴい能力から生まれたテクノロジー」  

ヤモリの指―生きもののスゴい能力から生まれたテクノロジー
ピーター フォーブズ


本書では、広範にわたるさまざまな技術を扱ったが、それらのすべてに共通する重要なメッセージがある。
それは、形、形、形である。p352



人間の技術発展速度は凄まじいが、その射程は、その時点の技術により可能な範囲に留まるという制限がある。
望遠鏡抜きでの天文学、レントゲン撮影抜きの医学。
それなりの進歩は遂げるだろうが、それは人類の知の限界ではない。

ただ、レンズ無しで望遠鏡はできないし、X線の発見無くレントゲン撮影は不可能である。
すべからく、知には段階がある。

しかし、自然は人類の知の蓄積とは無関係に、「進化」という形で知と技術を蓄積している。

そこで、自然―特に生物の性質や構造を研究することで、未だ人類が獲得できていない技術を掴み取るのが、
昨今流行りのバイオミミクリー、いわゆる生物模倣技術である。

本書は、ハスの超撥水性、クモの糸、ヤモリの指、昆虫の羽根等々、様々な事例を引きながら、
自然界の驚異と、ヒトの技術応用を紹介するものだ。
ただ、本書はバイオミミクリーやバイオミメティクスという「模倣」という概念で括らず、
バイオ・インスピレーションという言葉でその行為を定義している。
というのも、自然界をそのまま模倣できることなど少なく、
ほとんどが自然界のメカニズムを理解し、それを人間が可能な技術で置き換えることになるからだ。
そういう意味からすれば、確かにバイオ・インスピレーションという言葉は正しい。

では、自然の何を模倣するのかといえば、冒頭の引用のとおり、「形」である。
構造、と言い換えても良い。

もちろん自然界の物質そのものが驚異的性能が秘められている場合もあるが、
その多くはナノスケールの構造にこそ、秘密があるという。

例えばよく引用され、本書でも1章を割かれているヤモリの指だ。
ヤモリは、壁面であろうと天井であろうと、そしてその表面が極めて滑らであっても、
その面に密着することが可能である。

その秘密は、ヤモリの指先にある。
といっても、指先の皮膚が特殊な粘液を出しているとか、極めて細かな凹凸を捉えているという訳ではない。
ヤモリの片足の指先には、実は50万本近い毛が生え、その先端は100~1000本に枝分かれしている。
しかもその先端は、直径200ナノメーターの平べったいスプーンのようなスパチュラ構造をしており、
これが壁面の分子と最長2ナノメートル以内の距離に近づくことで、
分子間で働く引力、ファンデルワース力が働くという(ただ本書では断言しているが、有力な仮説というところか)。

このナノメートルという単位がポイントである。

超撥水性にしても構造色にしても、そこにはナノメートル単位の形、構造があることで機能している。
実はバイオ・インスピレーションとは、このナノメートル単位の世界を理解することなのである。

本書冒頭で、著者は新しい材料が示す性質が驚異的なのではなく、
その効果をもたらすメカニズムのほとんどは、1~1000ナノメートルの範囲の大きさの物理構造から成っていることほ指摘している。
それは原子よりは大きく、顕微鏡では見ることが出来ないくらい小さい世界。
長らく人間が知覚できなかった「見えない領域」(ブラインドゾーン)に潜んでいる形こそが、
自然の秘密を解く鍵なのだ。

本書は2007年刊行とやや古いものの、
宇宙構造物にも応用されるミウラ折り、
缶コーヒーのダイヤカット缶にも用いられている「PCCPシェル」構造なども解説されており、
バイオ・インスピレーションに対する根本的な理解を深めるうえで欠かせない一冊である。

【目次】
第1章 日の下に新しきものあり
第2章 身づくろいする聖なる大ハス
第3章 自然のナイロン
第4章 天井の歩き方
第5章 自然の瞳に映る小さな輝き
第6章 自己組織化する分子
第7章 昆虫は飛べない
第8章 エンジニアのための折り紙
第9章 圧縮力と張力の建築システム
第10章 未来を(自然に倣って)設計する
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

明日起こるかもしれない危機に備えて。「飛行機に乗ってくる病原体―空港検疫官の見た感染症の現実 (角川oneテーマ21)」  

飛行機に乗ってくる病原体―空港検疫官の見た感染症の現実 (角川oneテーマ21)
響堂 新



「自分は専門家ではないから」と言ってみたところで、病原体のほうは聞く耳をもたないだろう。できる範囲で自衛策をとるしかないのだ。
p166


本書は2001年発行。実のところ感染症については日々刻々と状況は変わっており、
刊行以降でも2002年のSARS、2009年新型インフルエンザ、2014年の西アフリカエボラ出血熱流行、同じく2014年に起きた約70年ぶりのデング熱国内感染など、
どんどん感染症のグローバル化は進んでいる。

本書は関西空港の検疫所で医療専門職として従事したこともある著者が、様々な感染症の国内侵入の可能性等について紹介するものだ。

マラリアや黄熱病ウイルスを媒介する蚊、
ペストを媒介するネズミ、
エボラやマールブルグを媒介する実験動物のサル。
これらの国内侵入により、日本でも感染症が引き起こされる可能性は常にある。

こうした侵入を水際で防止するのが検疫所である。

本書でも、
1994年秋、インドでのペスト流行による監視態勢の大幅強化や、
1995年春にバリからの帰国者から200人以上のコレラ患者が確認された事例など、
実際に現場で従事していた人間ならではの話題が紹介されている。

ただ残念ながら、多くの感染症ではそれらの解説に留まっており、
実際の空港検疫での事例紹介は、やや少ない。
個々の感染症や、またはグローバルな人畜共通感染症については様々な本が刊行されており、
それらによってより詳細かつ細心の知識を得ることが可能だ。

正直なところ、「空港検疫官の見た感染症の現実」という惹句に期待しすぎると、
やや拍子抜けするかもしれない。

とはいえ、
狂犬病が発生していない清浄国が極めて少なく、
(現状については、厚生労働省ホームページで確認できる。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/index.html)
だからこそ日本人が海外へ行く際には狂犬病に対する適切な知識が必要であること、

住血吸虫の感染幼虫であるセルカリアのいる水に10分間手足を浸しているだけで、
ほぼ100%感染することから、流行地域では川や湖で泳がないなどの注意事項等、
空港検疫官だからこそ、より説得力をもって解説される防御策等もあり、
読むべき価値はあるだろう。

なお、本書末尾には資料として、
「日本国内における感染症の患者数及び死者数の年次推移」というデータが掲載されている。
この表には、
コレラ、赤痢、腸チフス、パラチフス、ペスト、天然痘については大正4年(1915年)から平成10年(1998年)まで、
日本脳炎、ポリオ、破傷風、はしか、マラリア、住血吸虫症については昭和35年(1960年)から平成10年(1998年)までの患者数・死者数が網羅されており、
これを見ているだけでも日本の衛生環境の向上が実感される。
ただ一方、
耐性菌や新型インフル、エボラ・マールブルグなどによるパンデミックが発生した場合、
これを逆方向に辿る可能性があると考えると、背筋が寒くなるというものだ。
この表を眺めるためだけにも、入手して損は無い。

【目次】
第1章 越境する昆虫たち
第2章 貨物に紛れ込んでやってくる小動物たち
第3章 食糧輸入大国の抱える難題
第4章 ペットや研究用の動物にも危険が潜んでいる
第5章 海外旅行の落とし穴
第6章 病原体から身を守るために
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 感染症

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

イタリアにスタバは、無い。「バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)」  

バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)
島村 菜津



 原始人は、バールというものを知らなかった。
 朝、目を覚ました時、すぐさま、その頭蓋に強いコーヒーへの渇望を感じたものの、コーヒーはまだ発明されておらず、原始人は、猿人特有の表情を浮かべながら、額にしわを寄せるしかなかった。
 そう、まだバールさえなかったのである。
ステファノ・ベンニ「バール・スポーツ」(本書掲載の抄訳を引用)



日本でも「バール◯◯」など、バールという名称を用いたコーヒー店を見ることもあるが、
イタリアの「バール」は、日本とは全く異なる店だ。

そもそも、イタリアで「caffè」といえば日本でいうエスプレッソであり、
それを出すエスプレッソマシンも異なれば、価格も異なる。
コーヒー自体が異なるわけで、
ならばそれを提供する店、それを利用する人々、
全てが異なっていて当然である。

としても、「バール」は一筋縄ではいかない。
コーヒー店のようで、それだけではない。
数多あるが、大規模なフランチャイズではない。
それぞれが誇りと矜持をもち、その土地と、
そこに住む人日の生活に密着した存在が、イタリアのバールである。

独学でイタリア語を勉強していると、(文例や文化紹介等の)いたるところで遭遇するのがバール。
おそらく僕のように、いつかイタリアのバールに行くことが夢と思って
イタリア語を学んでいる方もいるのではないだろうか。

さて、そのバールという、日本ではほぼ知られていない店のスタイルについて、
様々な観点からみていくのが、本書。
正直、よくこんなニッチな本を刊行したものである。
まずは著者と編集者、出版社の意気込みを、素直に賞賛したい。

本書は大きく前半と後半に分かれる。

前半は、バールという店そのものについての話。
イタリア各地にある有名なバール、著者が訪れた魅力的なバールなど、
具体的な店を辿りながら、イタリアでの生活におけるバールの位置と、
その多様性、楽しさを語る。

例えばイタリアでは、大規模なコンビニエンスストア・チェーンや、
スターバックスは進出できない、という(本書刊行時。現在はどうかは知らない。)。
その大きな理由が、バールである。
圧倒的に生活に密着し、かつ安価で、それぞれの店舗ごとに異なる魅力。
その集合体との闘いとなると、なかなか厳しい。

と、ここまで書いて思った。香川県のうどん屋に似ている。
何も考えずに近隣の馴染みの店へ行き、
何も考えずに食す。
手軽な値段、気軽さ、日常の一環。
こんな店がそこら中にあると、他の飲食店は厳しいものがあるのだが、
(実際数年前、高松市内の商店街でマクドナルドが潰れてうどん屋ができた)
おそらく(行ったことないので無責任だけど)、
イタリアにおけるバールも、かように日常に密着した存在なのだろう。

実際、イタリアではバール文化に圧倒されて、
スターバックスも進出できていないようだ。
(試しにhttps://www.starbucks.com/で検索してみたけど、なかった。)


そして後半は、ヨーロッパ又はイタリアにおけるコーヒー史、バール史、
トリビア的知識などで構成される。

教皇クレメンス8世が「悪魔の飲物」とされていたコーヒーに対して洗礼を行った伝説、
コーヒーをめぐる名言(というか、イタリア的な上手い言い回し)集など、
気楽に楽しめるエピソードか多数収録されている。

イタリアのバールなんて全く知らない方には、
そもそも手に取ろうなんて気にもならないだろう一冊だが、
もしイタリアに興味がある、
ヨーロッパ旅行をするつもりだ、
イタリア人て面白そう、
イタリアの普通の生活ってどんな感じだろう、等々を思ったことがある方なら、
楽しめるのではないだろうか。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ベランダ―の生き様を見よ。「ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)」  

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)
いとう せいこう



俺たちは都会の狭い空を見ながら、必ずあちらこちらのべランダに目を向け、そこで営まれるボタニカル・ライフを把握する。鳥には鳥の世界があり、虫には虫の視界かあるように、俺たちべランダーには俺たちだけの空間が存在している。

家庭菜園ではない。ガーデニングとも異なる。
庭のない都会で、自宅のベランダで可能な限り植物生活を楽しむこと。それがベランダーだ。

本書は、ベランダーたるいとうせいこう氏の、
1996年10月から1999年12月までの愛と葛藤のベランダ生活の記録である。

何が葛藤なのか。

菜園やガーデニングとベランダーとの最も異なる点は、
植物が土地に根を張っていないことだろう。
それぞれの植物は、それぞれの鉢で完結している。

だからこそ、鉢を好きなように移動でき、
僅かな隙間に鉢さえ入れば、何がしかの植物を育てることができる。

だからこそ多種多様な植物を育てることが可能なのだが、
多種多様な植物は、本来、多種多様な環境に根付くものだ。

だが、ベランダーには鉢しかない。

思いがけず成長する植物もあれば、日々枯れていく植物もある。
鉢という限界を突破して成長しようとする植物もあれば、
植物すらなくなり、土だけになった鉢もある。

これらを日々観察し、世話し、愛で、そして悩むのがベランダーである。

本書で取り上げられる植物は、様々だ。
クレソン、オンシジウム、サボテン、ニチニチソウ、
モミジ、オンシジウム、シクラメン、コーヒー、芙蓉などなど。

いとうせいこう氏が、それぞれの植物に抱く想い。
そして、それに対する植物の生と死。

植物を育てることの難しさももちろん有るのだが、
それをも含んで、
ボタニカル・ライフの楽しさを、いとうせいこう氏は綴る。

自分とその植物の間に深い関係が築ければ、それだけで良い。

ベランダという狭い世界で繰り広げられる、熱い闘いと言っても良い。
本書は植物生活を楽しむ、又は楽しもうとしている人が、
その苦楽を噛みしめながら読める稀有の一冊である。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 植物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

懸命に生きることこそ、救いの道。「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女子刑務所での13ヵ月」  

オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女子刑務所での13ヵ月
パイパー・カーマン



そんなことより、私たちは悲惨な環境でもたくさんのユーモアと独創性の源を保つことや、刑務所のシステムが叩き潰そうと命じようが、私たちの人間としての誇りを守り、維持する意志の力を共有した。自分ひとりの力だけで何とかできるものとは思わない。私には絶対に無理だ―助け合わなけれは、無理だ。
 与える側、受け取る側、どちらであろうと、生まれや育ちがどうだろうと、些細な優しさ、ささやかな喜びをみんなで分かち合うことが何より大事なのだ。だからこそ、受刑者仲間が懸命に私の出所を支えてくれた。だから、私はこの世界でひとりばっちじゃない。この人生をたったひとりで生きてはない。 (p436)



脱獄にしろ服役にしろ、刑務所をテーマとしたドラマは多い。
それをワクワクして見ることもあるが、そうした気持ちでいられるのは、
自分は絶対にそこには行かないという安心感があるためだ。

だがある日、遥か過去に犯した過ちによって、突然「刑務所行き」が宣告されたとすれば。
今の仕事、住居、家族。全てに自身の刑務所行きを告げ(つらい作業だ)、
彼らが待ってくれるだろうことに期待を残し、
「自分は絶対にそこには行かない」と思っていた世界が、自分の生活の場となる。

精神的にも肉体的にも、耐えられるかどうか。想像することすら困難だ。

だが、著者パイパー・カーマンは、そうした転落を体験することとなった。

20代前半、彼女は年上の女性とつきあっていたが、その女性は麻薬取引を行っていた。
パイパー自身は麻薬には手を出さなかったが、「危険なもの」に憧れる年頃。
恋人のノラに求められ、取引のための資金を運ぶ手伝いをしてしまう。
その危険性に気付き、ノラから離れ、真っ当な道、平穏な生活を構築していく。
5年が経過し、恋人と出会い、婚約に至った時、過去の亡霊が、パイパーを襲う。
逮捕されたノラが、運び屋・マネーロンダリングとしてパイパーの名を挙げてしまう。
そしてパイパーは、15カ月の懲役を宣告される。

本書で描かれる犯罪時は、ほんの1章と極めて短い。
それほどパイパー自身にとっても、「若気の至り」だったのだろう。
だがその過ちが、以降の17章にも渡る刑務所生活の引き金となったのだ。

しかも、アメリカの司法制度のシステム的な問題から、逮捕から収監までも5年ほども経ってしまう。
その間続いていた将来への不安、恐れ。想像するだけでも憂鬱になってしまう。

そして、迎えた刑務所では、想像していたものとは異なる、他の受刑者たちとの生活が待っていた。

本書はパイパーが、逮捕から釈放までの日々を辿りながら、
特に収監されていたダンブリーの刑務所での生活を綴っていく。
(なお、本書巻末に人物相関図が有る。様々な人が出るので、
 これを見乍ら読むほうが良い。読後にその存在に気付いてしまった…。)

こうした「本」を書ききることからも分かるが、パイパー自身はしっかりと教育を受けた常識人でもある。
だからこそ、しっかりとした教育も受けられていない受刑者が多いダンブリーでは、異質の存在だった。
囚人同士のルール。刑務官とのルール。
守られるべき規則と、黙認されている規則違反の数々。

本書は前半、パイパー自身の目的も、刑務所でのサバイバルに在る。
それは、間違って法を犯した新参者、部外者という立場によるものだ。

だが中盤以降、パイパーは他の受刑者と同じ立ち位置となり、
他の「仲間」と共に生きていくことが日常となる。
そして見えてくるのが、アメリカの刑務所というシステムが、
彼ら/彼女らの更生には全く役立っていないという事実だ。

本書に綴られた刑務所での日々、それぞれの受刑者の姿は、匿名ではあるものの、事実である。
それを踏まえて、「中の人」となったパイパーが感じたのが、
人としての尊厳を維持することの重要性だ。

刑務所の中の生活を見たい、という興味から手にとることもあるだろう。
だが、本書が最後に示すのは、極限状態にあって、「人として生きる」ことの本質だ。

本書は、NETFLIXのドラマ「Orange Is the New Black」の原作でもある。
ドラマは既に第5シーズンまで公開され(2018年6月時点)、
少なくとも第7シーズンまでが予定されているという、ヒット作品となっている。
そちらは未視聴ではあるものの、タイトル等を見てみると、
確かに本書で触れられた人やトピックが拡大されているなと分かる。
もちろん、それはそれで楽しめる作品なのだろうが(だからシーズンも続いている)、
一冊で完結している本書は、もちろんドラマよりも凝縮され、
メッセージ性も強い内容となっている。
ドラマを見た方も見ていない方も、素直に楽しめる一冊だろう。

なお本書は、レビュープラスを通じて頂いた一冊。
思いがけない本と出会えたことに感謝します。


【目次】
・1章 Are You Gonna Go My Way? 自由への逃走
・2章 It All Changed in an Instant すべてがあっという間に
・3章 #11187–424 11187-424
・4章 Orange Is the New Black オレンジ・イズ・ニュー・ブラック
・5章 Down the Rabbit Hole うさぎの穴を真っ逆さま
・6章 High Voltage 高電圧
・7章 The Hours 私たちの時間
・8章 So Bitches Can Hate ビッチに思い知らせてやる
・9章 Mothers and Daughters 母と娘
・10章 Schooling the OG OGを鍛える
・11章 Ralph Kramden and the Marlboro Man 良い刑務官、悪い刑務官
・12章 Naked 裸になって
・13章 Thirty- five and Still Alive 35歳、まだまだこれから
・14章 October Surprises 10月はサプライズ続き
・15章 Some Kinda Way 何かそんな感じ
・16章 Good Time 減刑
・17章 Diesel Therapy ディーゼル療法
・18章 It Can Always Get Worse この世にサイアクが尽きることなし
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム