ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

自らを尊重し、受け入れること。「ファインマンさん 最後の授業」  

ファインマンさん 最後の授業
レナード ムロディナウ



人生において大切なのは何か?
どのようにすれば、それを見いだすことができるのだろう?

普遍的な問であり、古今東西、様々な教えが在る。
人類の経験智を元にすれば、今更そんなことで悩む必要もなさそうだが、
実際には一人一人が、多かれ少なかれこの問題に直面する。

人間が生きる、ということは普遍的でありながら、
極めて個人的な営みだ。

そのうえ、「人生において大切なのは何か?」という問いに対して、
明確に答えが得られる保証はない。
ある人は悩み続け、ある人はその問いを保留したまま人生を終えることもある。

本書著者は、前途有望の物理学者のタマゴとして、
破格の待遇で1981年、カルフォルニア大学に招かれた。

だがそれ故に、成果を出さなければならないプレッシャーは、並大抵のものではない。

当時、同大学には、
1965年にノーベル賞を受賞したリチャード・P・ファインマン、
1969年にノーベル賞を受賞したマレー・ゲルマンが在籍し、二人はクォークを巡って反目しあっていた。

著者のレナード・ムロディナウは、この二大巨頭と接しながら、自身の次の研究テーマを模索する。
だがその中で、次第にファインマンの人柄に惹かれ、
いつしか問いかけは
「物理学者として大切なのは、何か?」となり、
最後には「人生において大切なのは何か?」という究極の命題に到達する。

プレッシャーに押しつぶされそうな若い物理学者の葛藤、
ノーベル賞を受賞した物理学者の日常。
ファインマンに惹かれるだけに、かなりマレーの言動に対しては辛辣な筆致であるものの、
当時のカルフォルニア工科大学の雰囲気をよく伝えてくれる。

さて、ファインマンは著者に対し、明確に指導したわけでなない。
著者の様々な問いかけに対し、正直に(そして無配慮に)思うがままを答えただけだ。
だがその誠実な言葉は、著者の心に刻み込まれていく。

本書帯でも要約されているが、ファインマンは著者に次のように問いかける。

デカルトが虹を数学的に分析しようと思ったのは、虹にどんな特徴があるからだと思う?

これに対して、著者は虹の物理的な特徴等を挙げていくが、ファインマンは一言告げる。

デカルトがその気になったのは、虹を美しいと思ったからだよ。



目の前の自然への感動。それは、それに心を動かされたという自身を受け入れる。
だからこそ、解き明かしたいという欲求が生まれる。

それがファインマンが思う正しいプロセスであり、
理論研究が先にあるのではない、ということだ。

本書は、ファインマン自身の著作ではなく、また物理学の本でもない。
ここに描かれているのは、一人の老教授と若者の物語だ。

「人生において大切なのは何か?」
著者は、次のように書いている。

本当の答えを見つけるためには、自分自身をよく知らなければならない。
そして、自分に正直にならなくてはいけない。また、自分を尊重し、自分を受け入れる必要もある。


生きることに真摯に悩んでいる人には、ヒントになるかもしれない。

【目次】
おとなりは、ファインマンさん―ガンと闘うノーベル賞受賞者
ファインマンとの出会い―イスラエルの小さな図書館にて
カルテクへの招待―僕はフリーエージェント
電子的なふるまい―バビロニア人タイプVSギリシャ人タイプ
知恵くらべ―「サルにできるなら、君にもできる」
科学の探偵―誰がシャーロック・ホームズになれるのか?
物理とストリップ―「強い力」から逃れろ!
想像の翼―ファインマンは、いつだってインコースを走る
世界を変えるひも―目には見えない六つの次元
空腹の方程式を解く―結婚披露宴には平服で
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

平穏な日曜日、いつも通り本を仕入れる。  

〈2017/06/11日〉

珍しく何もない日。図書館で借りた本は読了。
レビューはいずれだが、まず「全国の犬像をめぐる: 忠犬物語45話」は、
像という形に昇華された、日本人と犬の様々な関係に関するもの。
アカデミックな立場ではなく、犬と共に著者が巡り、得られた物語を記す。
そのため一編ずつは短く、またエッセイ的な側面も多々あるけれど、
(人間からの一方的な部分もあるにせよ) 日本人と犬の良き関係について想いを馳せられる楽しい本。

一方「世界の奇虫図鑑: キモカワイイ虫たちに出会える」。コンパクトな本ながら、1頁を使って奇怪な虫が大写し。
グロテスクというより、不可思議。文字にするのも憚られるGの仲間も、カラフルなのから巨大なのまでいろいろ。
つくづく地球における虫の多様性に驚かされる(ちなみに虫だけでなく、ナメクジ・ミミズ・カギムシなども収録)。
なお、よくある「奇怪なものを適当に集めた写真集」ではなく、
どのような点で奇怪か、また実際の生態はどうか等、実際にその虫を知っている著者がきちんと書いた本。
それどころか、著者が爬虫類・両生類専門店の社員であり、かつ爬虫類・両生類・奇虫の飼育愛好家であるために、
多くの虫に国内流通状況や飼育ポイントが細かく書かれているのが特色。
巻末に収録されたタランチュラ、ムカデ、ヤスデの飼育方法なんて、とても丁寧な仕事。
良い意味でマニアックな本。

さて、家にいるのも何なので、とりあえず午後にブックオフ。
柳生真吾氏と組んだ「プランツ・ウォーク 東京道草ガイド 」(レビューはいずれ)を読み、
いとうせいこう氏の園芸マニアっぷりに興味が湧き、
読みたかった「ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫) 」を入手。

次に、松本清張の「新装版 昭和史発掘 (1) (文春文庫)」。
時々清張氏のノンフィクション推理物が読みたくなる。
これ続巻もあるらしい。いずれ買うんだろうな。

あと、東日本大震災の際の河北新報社の仕事については「河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙 」(レビューはこちら)に詳しいが、
それより前、阪神・淡路大震災において、被災下のマスコミとして神戸新聞社が危機に立ち向かった。
神戸新聞の100日 (角川ソフィア文庫)」は、その記録。
どうしても東日本大震災に目が行きがちだが、阪神・淡路大震災も、やはり記憶に刻んでおきたい。

最後に、今回の見っけモノは「レーニンをミイラにした男 (文春文庫)」。
防腐処理されたレーニンの遺体については色々ドラマがあるようだけど、
本書はその防腐処理に関わった科学者(しかも親子二代)によるもの。
当時のソ連の状況等も記されているようで、なかなか異色の一冊。

来週もしっかり読んでいこう。
ところで、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は映画館で見損ねてしまった。残念。
次は、トム・クルーズの「ザ・マミー」かな。面白そうだな。
















 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 日々のつれづれ - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

今日も腰が痛い。「腰痛探検家」  

腰痛探検家 (集英社文庫)
高野 秀行



完全なぎっくり腰とまではいかないが、
「腰をやらかした」と冷や汗を垂らしたことは数度ある。
父は「歩けんがー」と腰を庇う事幾年月、手術によって何とかそこそこ歩けるまで回復したが、
性格のみならずの体格も遺伝することを考えれば、
おそらく僕の行く手にも腰痛が待ち受けている可能性は高い。

父が腰痛になった際も、「何をしてもいかんがー」と言っていた。
その「何」が何を指すのまでは聞かなかったが(薄情な息子である)、
各種病院やマッサージや貼薬等々にチャレンジしたのだろう。

結局のところ、腰痛は「腰が痛い」という症状でしかなく、
その原因と対策は千差万別である。
原因を確定することも難しく、同原因で人によって有効な治療法が異なるようであることを考えれば、
腰痛を治そうという旅は、まさに万里を行くが如しである。

著者、高野 秀行氏は、辺境・探検・ノンフィクション作家(著者ホームページによる)。
僕も、「幻獣ムベンベを追え (集英社文庫) 」(レビューはこちら )だけを読んでいるが、
正攻法の探検家というより、「とにかく行っちゃえ」タイプか。
誰も知らず、試行錯誤するからこそ面白いというスタイルだ。

その高野氏が、腰痛という沼に陥っていまったのが、本書に繋がる。
いかに腰痛を直すか。自身の原因は何か。
それを求め、まさに腰痛という迷境を彷徨い続ける。

カリスマ治療師、西洋医学、姿勢、運動、心療内科…。
深みに嵌るとはまさにこの事と言うほど、次から次へと門をたたく。
それもあっさり諦めるのではない。
長々と続けたあげく、「気が付いたら全く良くなっていなかった」のだから、本当に治す気があるのかと思うほどである。

結論から言えば、高野氏は腰痛ジャングルを突破するのだが、
結局のところ、何がよかったのかは分からない。
よって、本書が腰痛治療の役に立つとは全く思えない。

ただし、身近に腰痛界を彷徨っている人がいる場合などには、
「こんな風に大変なんだなあ」と、ちょっと思いを馳せる材料となる。

一方、僕のように、これから腰痛界を彷徨う可能性があるやもと思っている人間にとっては、
来るべき将来に備えて、「こうはなりたくない」(ならない、とは言えない)と思わせる一冊。

多くの場合、腰痛は生死にかかわる程ではないが、
人生のクオリティにはかなり響くもの。

こうした本もある、と頭の片隅に留めておくと、数年後・数十年後に読みたくなるかもしれない。


【目次】
プロローグ
第1章 目黒の治療院で“ダメ女子”になる
第2章 カリスマ洞窟の冒険
第3章 民間療法の密林から西洋医学の絶壁へ
第4章 会社再建療法
第5章 密林の古代文明
第6章 腰痛メビウス
第7章 腰痛最終決戦
エピローグ 腰痛LOVE


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

AM3:00の早起き、戻ってきた日常  

〈2017/06/10土〉

拾った子犬の名前は娘によりムラサキに決定。
オスならきっとヨシヒコだっただろう。

夜は室内でと思っていたが、犬用ケージ内ではどうしても排泄をしない。
そのため早朝、排泄のため鳴いて起こされる。
それでも最初はAM5:30に連れ出していたのだが、今週はAM4:00、
金曜日にはAM3:00になった。ムラサキ、それ朝やない、夜や。
しかも起きたら寝ないし。

結局昨晩は夜も外で過ごさせたが、早朝の排泄も無事完了し、
本日はきちんとAM5:30の散歩。この調子で生活リズムが整うか。
ただ、今日はおかげで日中は爆睡であった。

こうした日々も踏まえ、最近の自分のご褒美として、
話題の「バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)」を久しぶりにリアル書店で購入した。楽しみである。

ただ本屋で探したところ、昆虫ジャンルの棚になく、光文社新書の棚を探してもなく、
新書の新刊・話題書にもなく、新書棚の平台にもなく、
結局最もレジに近い話題書(判型も出版社もバラバラ)の平台に在った。

確かに一番の話題書としての扱いなのだが、この本がどのレベルの「新刊」「話題書」であるかなんて、
こちらでは想定できない。
まあ話題書の棚に置くのは良いとしても、関連ジャンルやシリーズの棚に無いってのはどうかと思う。
探している時点では、この店に有るか無いかも分からず、久しぶりにリアル書店の難しさを感じた。
(ちなみに僕には、店員さんに尋ねるという選択肢は無い。)

その他、今週読んだのは爆弾処理班の仕事と、爆発の衝撃波による外傷性脳損傷(TBI)により脳が壊れてしまった著者の「ロングウォーク: 爆発物処理班のイラク戦争とその後 」と、
システィーナ礼拝堂の天井画において、ミケランジェロがいかにローマ教皇に対する自己主張を潜ませたかという「ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ 」。
両方とも、読んで良かったと感じた本。レビューはいずれまた。

また、久しぶりに図書館にも行き、数冊借りる。

子犬を飼う、というスペシャルイベントを経て、ようやく日常が戻りつつある感じ。






 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 日々のつれづれ - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

この夏、金魚に出会いたくなる。「金魚はすごい (講談社+α新書)」  

金魚はすごい (講談社+α新書)
吉田 信行



夏と言えば金魚すくいである。
子供の頃採った金魚は、4~5年生きていた。
でも、最近採った金魚は、1年程度で死んでしまった。
採った時点の金魚の体調もあるし、僕の管理の問題、また夏季の気温上昇など、
様々な要因があるだろう。

でも、何にしても、「金魚すくい」という行為は、夏の思い出として一生残っている。

日本人とって、朝顔と金魚は「当たり前」の存在だが、それらについて知っている事実は、
かなり少ない。
まして、作出された様々な品種なんて、申し訳ないがマニアの世界とも感じる。
(まあ、そういうモノほど嵌まると楽しいのだが。)

本書は、江戸時代から創業している金魚屋、「金魚の吉田」の主人による金魚本。
「◯◯はすごい」の柳下のドジョウタイトル本ながら、
とても楽しい一冊である。
巻頭には各品種のカラー写真、また尾びれの違い、
主な品種の紹介・来歴など、まさに金魚入門書として最適といえる。

また、なんとなく最近金魚の品種が多いなと思っていたのだが、
日本では形質が固定されて(同形質の累代飼育が可能となって)初めて品種とするが、
中国ではF1のみでも品種とするとのこと(同じF1の雄雌を掛け合わせても、同形質のF2は得られない。)。
だから品種が乱立していたのかと、納得した次第である。

なお、以前「江戸創業金魚卸問屋の金魚のはなし」(レビューはこちら)を取り上げたが、こちらの店との関係が気になった。

調べたところ、著者の吉田信行氏が三男、先代の現「金魚の吉田」の社長・吉田舜亮氏は次男、
そして長男の吉田晴亮氏が「金魚坂」(吉田晴亮商店)を立ち上げたとのこと。
なるほど。

【目次】
第1章 金魚のルーツと歴史を探る
第2章 本当に金魚はすごい!
第3章 多種多様な金魚を愛でる
第4章 老舗が教える「金魚のススメ」



金魚はすごい (講談社+α新書)



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 魚類

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム