ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

いかに遺体保存技術が発展し、ビジネスとなったのか。「レーニンをミイラにした男 (文春文庫)」  

レーニンをミイラにした男 (文春文庫)
イリヤ ズバルスキー,サミュエル ハッチンソン



ミイラと言えば古代エジプトである。
また、近代のヨーロッパ圏でも遺体をミイラ化する文化もあるが(ロザリア・ロンバルドの例など)、
それも宗教的理由によるものである。

そこには精神と肉体、生と死の関係を如何に捉えるかという問題が常に潜んでいる。

だが、宗教的理由によらず、一国の指導者の遺体を保存するというのは、何なのだろう?
いかなる説明があろうとも、それは一個人を偶像化しようとする意図があるように思える。
一個人を神格化することの危うさを歴史に学んできた感覚からすれば、なんとも違和感を禁じ得ない。

それが、名目上全ての人民の平等化を目的としている社会主義国であればなおさらだ。

だが近現代において、最も有名であり、多くの人に見られている保存遺体といえば、
レーニンである。
1870年生まれ、1924年没。
史上初の社会主義国家であるソビエト連邦の指導者だが、
晩年、スターリンが台頭する一方、レーニンの健康状態は悪化する一方だった。
そしてレーニンが死亡する直前に、スターリンは一つの決定をする。
レーニンの遺体を保存しろ、と。
自身の正当性を強化するため、 レーニン崇拝を利用しようとしたのだ。

だが、それまでの保存遺体はミイラのように外見が著しく変化するもの。
アメリカでも冷凍保存するのが最適との見解であり、
ソ連の政権内でも冷凍保存派と化学的保存派が対立する。
とりあえず冷凍しているものの、刻一刻と遺体の状況が悪化する中、
生化学者ボリス・ズバルスキーは、「バルサム液」と呼ばれる遺体保存液を開発していた解剖学者ヴォロビヨフを口説き、自身こそがレーニンの遺体を完全保存成し得るのだ、と名乗りを上げる。

その結果が、現在我々の時代にまで遺っているレーニンだ。

著者であるイリヤ・ズバルスキーは、このレーニン保存の主役であるボリス・ズバルスキーの息子。
また自身もレーニン廟付属研究所に属し、レーニン遺体のメンテナンスにあたる。
すなわち、レーニンの遺体保存作業の最も近くにいた人物の一人であり、これ以上の証言者は無いだろう。

その著者から語られるレーニンの死前後の混乱、そこで巻き起こった遺体保存を巡る駆け引き、
そしてレーニン廟の完成へ至るまでの流れは、
いかにソ連においてレーニンの遺体保存が国家プロジェクトであったかを実感させる。

だが同時に、著者は社会主義国の実態も克明に描く。
貧困。密告。粛清。
国家プロジェクトを成功させたボリス・ズバルスキー、そして著者自身も、
容赦のない粛清に遭う。
科学者としてどころか、一人の人間としての極限の生活。
多くの人々が苦しむ一方、一個人のレーニンの遺体は、相当の人員と費用を費やしながら、
そこに在り続ける。

一体社会主義とは何なのかと考えざるを得ない。

第二次世界大戦、そして冷戦。

鉄のカーテンに閉ざされたソ連では、ルイセンコの学説(遺伝学を否定し、後天的に獲得した性質が遺伝されるするもの。近年話題のエピジェネティクスとは全く異なるインチキ学説)が跋扈し、
正当な科学は否定される。
一方、本書で示されているエピソードに、日本の科学者に論文の抜刷を送ろうと思ったら、
「その日本人の生活、職歴、ソ連に対する認識を詳細に示した報告書を提出しろ」と保健省の役人に言われたように、
西側諸国との交流も途絶えてしまう。

そんな中発展し続けたのが、レーニンの遺体保存に始まった「遺体保存技術」だ。

この技術により、スターリン、ブルガリア首相ゲオルギー・ディミトロフ、モンゴルの独裁者チョイバルサン、ベトナム指導者ホーチミン、そして朝鮮民主主義人民共和国の金日成などの遺体に対し、保存処理が行われた。

著者も時代に翻弄されながら復職し、ディミトロフとチョイバルサンの保存処理には携わったという。

だがこれらの指導者の遺体の多くは、その後社会情勢の変化と共に埋葬された。
今、遺体保存技術は、エンバーミング(遺体の損傷修復と防腐処理)会社として活用され、
ロシアのニューリッチ―実態は抗争によって死亡したロシア・マフィア―に利用されているという。

そして既にソ連は崩壊したが、レーニンの遺体だけは、変わらず今もロシアに在る。

著者は、レーニンの遺体は埋葬すべきだと主張しているが、
そう主張するだけでも裏切り者呼ばわりされることがあるという。

正なのか負なのかは分からないが、レーニンの遺体はロシアにとって、
極めて重い遺産だ。

ベルリンの壁は崩壊したが、レーニンの遺体が改葬される日は、果たして来るのだろうか。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

わが家で戦争に殺される。「ロングウォーク: 爆発物処理班のイラク戦争とその後」  

ロングウォーク: 爆発物処理班のイラク戦争とその後
ブライアン・キャストナー



著者が戦地に行った後、妻は同じく第二次世界大戦に夫を送り出した祖母に尋ねる。

「あの人がいないあいだ、私はどうすればいいの? 帰ってきたらなにをしてあげたらいいの?」
「帰ってこないよ」祖母は答えた。「戦争に行った男はみんな死ぬのよ、死にかたはいろいろだけどね。あっちで死んでくれたほうが、いっそあんたのためには幸せだよ。生きて戻ってきたら、わが家で戦争に殺されるんだからね。あんたも道連れにして」



著者は、1999年12月から2007年9月まで空軍将校をつとめ、うち2期はEOD部隊の指揮官としてイラクに派遣された。
EODとは、爆発物処理班Explosive Ordnance Disposalだ。
指揮官といっても基地内で指示するのではなく、部隊のリーダーとして実際に作業も行う。

旧イラク共和国が倒された後、イラクはアメリカ・イギリスを中心とする連合国暫定当局(CPA)が統治した。
著者が2期目に派遣されたのは、2005年1月から2007年9月。
その期間のイラクは既に前線は無く、あるのは壁で囲まれた前線基地(FOB)と、それ以外だ。

そして「それ以外」の地域を輸送、連絡、様々な作戦行動のたびに通行する必要があるが、
その路上で米軍を狙って多用されたのが、IED(即席爆発装置)だ。

著者らのEOD部隊は、発見されたIEDを無効化したり、
爆発したIEDや自動車爆弾・自爆テロの現場において、残骸(もちろん人体も含む)の中から、
犯人の手掛かりを探すことが役割である。

映画「ハート・ロッカー」でも見られたが、
安全な地域で爆弾処理するというより、銃弾が行きかう中で解除するケースも多い。

そうした現場の記録としても珍しいのだが、本書はそれだけでなない。

爆風に曝された人体は、強烈な衝撃波を受ける。
EOD部隊であれば、その装備もしっかりとしたものだ。
だから通常の処理の過程で、手足が吹き飛ぶということは無い。
(毎回そうであれば、仕事にならない。)

だが、脳は違う。衝撃は確実に脳も通過し、神経細胞を通過する過程で、
脳細胞を確実に傷つけていく。
PTSDではなく、外傷性脳損傷(TBI)だ。

Wikipediaによると、酷い場合は、記憶力や注意力が低下し、コミュニケーション能力に問題が生じるという。
「外見上、健常人と何ら変化は無いが、社会適応性が損なわれるため、通常の生活が送れずに苦しむ患者は多い。」というのが、TBIの特徴でもある。

著者は、重度のTBIだ。「俺は狂った」と何度も呟く。
笑えない。眠れない。瞼が痙攣する。気が付くと殺す相手を探している。現在の記憶が保てない。
「生きて戻ってきたら、わが家で戦争に殺されるんだからね。あんたも道連れにして」
祖母の言葉通りとなっていく。

本書は複雑な構成だ。
著者がEODを志し、訓練を積んだ時代。最初にイラクに派遣されたが、命令違反により帰国させられた事件。
2度目のイラク派遣。IEDの解除、様々な疑わしい工場の捜査、仲間の死。
こうした過去の戦地の記憶が、明確に、詳しく描かれていく。

それと交錯するように挿入されるのが、現在だ。
健康異常の認識。病院での度重なる検査。PTSD(後にTBI)として診察された時。
それ以降の「狂った感覚」、それに翻弄される日常。

戦場と、戦争によって壊された人間の日常。
自身が記述しているだけに、そこには鋭い刃のような危うさがある。

かと思えば、随所に秘められたキーワード。一体何のことだろうと違和感があるが、
読了近くにその意味が示される。
それを踏まえて読み直せば、狂った著者が、何を日常的に感じていたかが改めて実感できるだろう。

湾岸戦争・イラク戦争のノンフィクションとしては、
アメリカン・スナイパー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)」(レビューはこちら )、
アメリカン・スナイパー」(レビューはこちら )をこれまで紹介したが、本書もいずれにも劣らぬ一冊である。ぜひ。


【目次】
第1章 混沌の支配する世界
第2章 崩れる砂
第3章 ドジを踏む
第4章 来る日も来る日も
第5章 VBIED六件の日
第6章 カーミット
第7章 GUU‐5/P
第8章 科学とチャクラ
第9章 箱のなかの足
第10章 リッキー
第11章 山









 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 戦争

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

この薬があって、良かった!「世界史を変えた薬 (講談社現代新書)」  

世界史を変えた薬 (講談社現代新書)
佐藤 健太郎



医学史の本を読むたびに、特にこの100年くらいの医学・薬学の進化には驚かされる。
逆に言えば、
100年前の医学では、現在だと容易に助かる負傷・病気も、助からない。
今に生きていて良かった、とつくづくと思う。

本書は「世界史を変えた」というタイトルだ。
ダイレクトに歴史を動かした薬も、もちろんある。
だがその多くは、その薬によって極めて多数の人の健康維持が可能となり、
以降の世界状況が一変するような「薬」が取り上げられている。

キニーネ、麻酔薬、消毒薬、サルファ剤、ペニシリン、アスピリン。
一般的には、そもそも普段の生活で意識することすらなく、
傷病を得て病院に行った際、知らないうちに処方されるくらいだろう。
それほど「当たり前」なのだ。

だが本書によって、これらの薬が発見されるまで、
実用化以後の状況を比べれば、そのインパクトの大きさに驚かされる。

さて本書の特徴は、それぞれの薬の「物語」が語られていることだ。
どのような切っ掛けで、それぞれの薬が見出されたのか。
それぞれを巡る発見上の争いや、商業上の争い。

また最終章で語られるエイズ治療薬については、
登場時点では人類を滅ぼすかのように語られていたエイズに対し、
日本人が突破口を拓いたという、おそらくあまり知られていないストーリーが紹介される。

人により、また立場により、
「世界を変えた薬」については、本書以外にも思いつくだろう。

だか紛れもなく本書にある薬が欠けていれば、
人類は今の生活基盤まで達成できていなかっただろう。

それを改めて実感するために、手軽に読める本書は有用である。

なお、各イラスト等が正確さに欠けたり説明不足であるとの指摘もあるが、
本書のスタンスから考えれば、まずはストーリーを知る本と思うべきだろう。

【目次】
第1章 医薬のあけぼの
第2章 ビタミンC 海の男たちが恐れた謎の病気
第3章 キニーネ 名君を救った特効薬
第4章 モルヒネ 天国と地獄をもたらす物質
第5章 麻酔薬 痛みとの果てしなき闘い
第6章 消毒薬 ゼンメルワイスとリスターの物語
第7章 サルファ剤 道を切り拓いた「赤い奇跡」
第8章 サルファ剤「奇跡の感染症治療薬」誕生の物語
第9章 ペニシリン 世界史を変えた「ありふれた薬」
第10章 アスピリン 三つの世紀に君臨した医薬の王者
第11章 エイズ治療薬 日本人が初めて創った抗HIV薬
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 医学

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

KING OF POPSの素顔。「マイケル・ジャクソンの思い出」  

マイケル・ジャクソンの思い出
坂崎ニーナ



かつて、全世界的(といっても欧米圏と、それらと文化的に交流がある国だけだが)に、
時代を支配する音楽というのがあった、と思う。

村上春樹氏が何かに書いていたが、
ある時期は、いつでもどこでもビートルズが流れていた。

そして80年代は、
マイケル・ジャクソンとマドンナがそれだったと思う(個人の感想である)。

今の若い人々には想像もできないだろけれど、
80年代に思春期を過ごした世代にとっては、好むかどうかに関わらず、
マイケルは「KING OF POPS」以外の何者でもなかった。

2003年以降、様々な疑惑が報道され、マイケルを音楽シーンで見かけることは少なくなった。
だが2009年3月、ついに復活。最後のツアー『THIS IS IT』を発表。
2009年7月から2010年3月までの全世界で50公演というスケールにも関わらず、
4時間でチケットは完売したという。

だがツアー開始の直前2009年6月25日、マイケル・ジャクソンが死亡したというニュースが、
全世界に流れた。
マイケルを積極的に聴いていなかった僕でも、衝撃だった。

本書は、80年代の、最もマイケルが輝いていた時代に、
不思議な縁で日本におけるビジネスパートナーにして友人となった著者による、
素顔のマイケル・ジャクソンの回顧録である。

奇矯な振る舞いばかり報道されている印象があったが、
本書を読めば、いかにマイケルが音楽とエンターティメントに対して真摯であり、
多くの人に分け隔てなく優しく、
そして孤独であったかが、伝わってくる。

VIP席はスポンサーにも配られるものの、
メインは施設の子どもたちや、ホテルのメイド・シェフなど、
日頃お世話になっている人に向けたもの。

マイケルに自分を売り込みたいという若者を部屋に入れ、
彼らと率直に意見を交わす姿。

ステージで最大限のパフォーマンスをするための準備と努力。
自身が知らないこと、学びたいことに対する積極性。

一方、食べている姿を人に見せなかったり、
看護婦といえど、知らない女性が近くにいることを苦手とする内気さ。

プライベートでの服はだいたい赤いシャツに黒いスラックス。

自身で靴を買いに行くこともできず、流す涙。


映画化された『THIS IS IT』(ステージを創り上げるためのドキュメンタリー)を見ると、
バックダンサーやコーラスの人たちがマイケルを尊敬し、慕い、
そして友人として楽しんでいる姿が伝わってくる。
本書は、なぜそこまでマイケルに近い人々が、マイケルを愛したかが理解できる一冊だ。

本書の装丁、素人っぽいイラストだが、これは著者が描いたもの。
そして栞は、マイケルのシャツと同じ赤、見返しは(ステージを象徴する?)金と、
マイケル・ジャクソンへの敬意に溢れている。

マイケル・ジャクソンに興味がある方は、
多くの本に埋もれてしまった本書を、ぜひお読みいただき、
「KING OF POPS」の素顔に触れていただきたい。

そしてまだマイケル・ジャクソンに触れていない方は、
ぜひYOUTUBEなどでご覧いただきたい。



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ミケランジェロの想いを読み解く。「ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ」  

ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ
ベンジャミン ブレック,ロイ ドリナー



ミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ。
ルネサンス期というだけでなく、西洋芸術史において最も著名な芸術家の一人である。

まず彫刻家として「ダヴィデ像」で名を馳せたが、僕としてはやはり、ピエタの美しさに魅了される。
Michelangelo's Pietà, St Peter's Basilica (1498–99)
By Juan M Romero (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

彫刻だけでも素晴らしいのに、絵画でも最高の芸術家である点がミケランジェロの恐ろしさだ。
その代表作が、システィーナ礼拝堂の天井画と、
Sistine Chapel ceiling photo 2
By By Aaron Logan, from http://www.lightmatter.net/gallery/italy/4_G & Talmoryair [Public domain], via Wikimedia Commons

祭壇壁画「最後の審判」である。
Last Judgement (Michelangelo)
Michelangelo [Public domain], via Wikimedia Commons

ただ僕は漠然と、「両方に才能が有り、どちらにも思う存分力を発揮した」という印象があったのだが、
実はそうではない、というのが本書の入り口である。

メディチ家では、ミケランジェロに一般的なキリスト教(カトリック)のみならず、
古代ギリシャの芸術・哲学、聖書以外のキリスト教の伝承を学んだ。

これを踏まえて本書では、まず古代ギリシア的な美を追究する中で、男色にも寛容的であったこと、
そしてメディチ家が支配する時代のフィレンツェではユダヤ人も自由に暮らし、
ミケランジェロの教師もまた親ユダヤ的思想であり、その教養もユダヤ人的バックボーンがあったということを指摘する。

その一例として、システィーナ礼拝堂の「原罪と楽園追放」において、
アダムとエヴァが立つ「知識の木」をリンゴではなくイチジクとして描いていることを挙げる。
この、「知識の木はイチジクである」という解釈が、すなわちユダヤ教に伝わる伝承や聖書の解説を集めた「ミドラッシュ」に基づくものだという。

この事実を踏まえて、著者はミケランジェロにとって、
システィーナ礼拝堂の天井画を描くことは喜びどころか苦行であったことを示す。

・発注者は、自分を育ててくれたメディチ家と対立するローマ教皇であること。
・ユダヤ人はミケランジェロにとって教師・友人など身近な存在だったが、
 当時のカトリックにおいてはユダヤ人は迫害していたこと。
・ミケランジェロにとって、芸術とはあくまで彫刻であったこと。
・男色に寛容的だったフィレンツェに対し、カトリック教はそれを禁じていたこと。

そこから導かれる結論として、ミケランジェロは天井画の随所に、
ユダヤ人(及びその教え)を尊重することと、教皇に対する侮蔑を盛り込んだというのが、
本書のポイントである。

例えば著者が指摘するのは、例えば
システィーナ礼拝堂天井画に(一般的な)キリスト教的題材が少なく、
前キリスト教的題材や、ヘブライ語聖書の英雄たちが多いことだ。

日本ではあまり類例を思いつかないが、
西洋絵画でにおける聖書のテキスト性というのは、極めて強い。
バチカンが認めたのが「聖書である」という前提があるため、誰もが同じテキストを共有している。
そしてカトリックであれば、旧約聖書・新約聖書と並んだ時に、より重要な題材とはイエス・キリストとその使徒だろう。

ところが天井画には、新約聖書の人物が一切描かれていない。
(「最後の審判」は、天井画の20年後に追加された作品だ。)
それどころかあえユダヤ教により近いテキストから題材を選んだという点が、
ミケランジェロの恣意性を示すという。

その上で、具体的図像の解明にあたっていく。
教皇を模した人物に対し、背後の天使が侮辱するサインを示していること。

ユダヤ教の聖典とされるタルムードにおいて、真に高潔な父と評されるアミダナブが、
明らかに当時ローマ教会がユダヤ人に強要していたユダヤ人の印を衣につけ、
険しい表情で教皇の玉座にむかって指で「悪魔の角」のサインを示していること。

モーセに「聖なる土地」にいるため履物を脱ぐように神が指示したことを踏まえ、
描かれたヘブライ人預言者も裸足となっているが、
唯一教皇の頭上のエレミヤだけは靴を履いていること。

これ以外にも多数の図版を用いながら、本書はミケランジェロの隠された意図を描き出していく。

ユダヤ教的な暗示については、僕自身に知識がないこともあり、
どこまでが正当な主張なのかは、正直判断に迷う部分がある。

だが、システィーナ礼拝堂に対するミケランジェロの姿勢については、
おそらく本書が指摘するとおり極めて反抗的な意図があったのではないかと思う。
そしてミケランジェロの生い立ちと、当時の絵に様々な寓意を込める常識的思考を踏まえると、
本書の示す見方は、あながち間違いとも思えない。

いずれにしても、システィーナ礼拝堂を単なる美術として崇め奉るのではなく、
ミケランジェロが「なぜその題材を選び」、「どう描いたか」を考えることは極めて重要だろう。

本書はタイトルから、「ダ・ヴィンチ・コード」の二匹目のドジョウとか、
単なるトンデモ本と誤解される可能性が高い。
だがその内容は、丁寧な論理展開によるものであり、一つの見解として尊重すべきだろう。

なお本書のカバーは折り畳まれた特殊なものとなっていて、
展開するとA2版程度のシスティーナ礼拝堂天井画の図版となっている。
ミケランジェロの凄さを味わいながら、じっくり読める一冊だ。


【目次】
第1篇 はじめに、神は天地を創造された
 システィーナ礼拝堂のなりたち
 芸術作品に埋めこまれた言葉
 反逆児の誕生
 非常に特別な教育
 楽園から地上へ
 運命から地上へ
第2篇 システィーナ礼拝堂へようこそ
 扉の向こうへ
 天空の天井
 ダヴィデの家
 天空の四隅
 預言者たち
 天に通じる道
 別れぎわの捨てぜりふ
第3篇 天井の彼方に
 再び礼拝堂へ
 『最後の審判』の秘密
 晩年の秘密
 変わりゆく世界
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 美術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム