ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

思考のヒントとしてはいいのだけれど。「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)」  

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
竹内 薫



なかなかキャッチーなタイトルである。
著者はNHK「サイエンスZERO」のナビゲーターなども伝えるサイエンスライター。
科学的知識に裏付けられた主張としての「99・9%は仮説」、非常に興味深く読んだのだが、
正直なところ、ちょっと思い付きに引っ張られた感がある。

冒頭、「飛行機が飛ぶ仕組みは、実は分かっていない」という記述。

飛行機が飛ぶ仕組みとしては、かってはベルヌーイの定理という単純な理論で説明されていたが、
現在は翼の周囲に空気が循環する渦が発生し、その結果として翼の上面・下面の通過速度に差が生じ、揚力が発生するという説が定説になっている(理解が誤っていたらすいません)。
ただ、その渦が生じるメカニズムや細かな挙動については、まだまだ未解明な点が多い。

正確な言うと、定説と思われていたのが技術の進歩によって否定され、新しい仮説が立てられたが、
細かな部分についてはまだ解明されておらず、絶対的に正しい理論とまでは言えない、というものだ。

これを「分からない部分がある」と言うか、「分かっていない」というかは、もちろん個人の自由である。
もちろん自然科学的には「分かっていない」というのが正しいスタンスなのだが、
その「自然科学的に正確な物言い」と、「社会的な説明」は完全一致する必要があるのか、というのが疑問の第一。

申し訳ないが、社会はそこまで「自然科学的正義」を求めていないのではないか。
むしろ、
竹内氏のような「科学に詳しい人」が「飛行機が飛ぶ仕組みは分かっていない」というのだから「間違いない」。
なのに飛行機を飛ばして事故が起きたら、それは整備不良などではなく、
「飛ぶかどうか確実ではない飛行機」を飛ばしたからだ。
という、短絡的な主張に利用されることの方が多いのではないか、と思ってしまう。

絶対的な解明がなされていないというのはいくらでも在ることで、
それこそ宇宙の成り立ちも解明されていない。
極めて詳細な振る舞いまで完全解明された事象の方が少ないのではないだろうか。
そういう意味で、本書の主張はごく「当たり前」のことなのだ。

本書でムムっと感じるのは、そうした自然科学的正義による物言い、
「分からない部分がある」と言っても良い点を、「分かっていない」と断言する正義を、
その他の事象や社会的事項にまで適用するというところ。

例えば気になるのは、冥王星が惑星か否か、と言うテーマ。
今は準惑星という位置づけだが、その位置づけの変更は話題となった。
本書ではそれについて大部分を割いて事例とて挙げているのだが、

それは「『冥王星は惑星だ』という、多くの人が信じていた事実も『実は仮説だった』から、変わり得るのだ」というもの(本書執筆時にはどういう扱いになるか決定していない)。

だが、「冥王星が惑星か否か」という問題は、「惑星」という定義の問題である。
定義とは人間が決定するものであり、そこに仮か真かなどはない。

すなわち冥王星の件は、
「『冥王星は惑星だ』と判定し得る「惑星の定義」が妥当ではないので、変更する」ということに過ぎず、何かの仮説が崩壊したのではない。
こういう、変更しうるもの、明らかに確定していないものまでも「仮説」と位置付けて、
「だから全て変わって当然なのだ」という主張に結び付けられている感が、どうしても否めない。

こうした自然科学的正義を、
歴史史料の正当性や人間関係や会話の成立にまで適用して解釈されると、
ちょっと行き過ぎかな、という感が否めない。

もちろん、僕の読み方が偏って誤解しているかもしれないので、気になる方はお読みいただきたい。


【目次】
プロローグ 飛行機はなぜ飛ぶのか?実はよくわかっていない
第1章 世界は仮説でできている
第2章 自分の頭のなかの仮説に気づく
第3章 仮説は一八〇度くつがえる
第4章 仮説と真理は切ない関係
第5章 「大仮説」はありえる世界
第6章 仮説をはずして考える
第7章 相対的にものごとをみる
エピローグ すべては仮説にはじまり、仮説におわる
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

日本は安全な国では、ない。「日本赤軍とのわが「七年戦争」―ザ・ハイジャック」  

日本赤軍とのわが「七年戦争」―ザ・ハイジャック
佐々 淳行



日本の政治的現状、将来について様々論じられている。
それについて論じることは目的ではないので避けたいが、
留意しておきたいのは、事を論じている僕たちは、自身が知り得る時代背景により、
その思考が制約されているという点である。

混迷する海外諸国に比べ、それでもテロの多発とは無関係に平和な日本。
そして過去の知識になると、一足飛びに太平洋戦争となる。
そこを直結して考えがちなのだが、
おそらく重要なのは、昭和35年(1960)から昭和55年(1980)までの時代である。
1970年を挟むこの時代は、日本でテロリズムが吹き荒れた時代であった。

その中でも、日本赤軍によるハイジャック事件に焦点をあて、
当時の多くの事件に関係者としていた佐々氏による記録が、本書である。

「よど号」ハイジャックに始まった、日本におけるハイジャック。
よど号事件では犯人自身が「ハイジャック」という言葉を知らなかったが、その成功をふまえ、
以降の日本赤軍はハイジャックを有力な武闘手段として展開していく。
ハイジャックによる身代金入手、海外逃亡、そして過去に逮捕された仲間の超法規的釈放要求。
これらを連鎖させたのが日本赤軍である。
中にはテルアビブ空港での乱射といった恐るべき事件もあり、間違いなく当時、
日本は世界有数の「テロリスト輸出国」だった。

北朝鮮の工作員が日本で多数活躍していた事実。
(「私を通りすぎたスパイたちレビューはこちら )

「よど号」の犯人が北朝鮮で飼い殺しされておらず、
実は北朝鮮の工作員として、さらなる日本人の拉致に関与していた事実。
(「宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)レビューはこちら )

日本赤軍が爆弾テロを多発していた事実。
(「狼の牙を折れ: 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部レビューはこちら)

そして本書のように、テロリストがテロにより超法規的釈放を受け、
更なるテロを行う事実。

これらの事実を踏まえれば、少なくともテロやスパイ活動を、
そのままテロやスパイとして裁けない当時の日本の状況が、
事態をより悪化させたことは明らかだ。
(上記の諸本を読んでおけば、その全てが連携していることが本書でも確認できる。)

そうした時代背景を踏まえたうえで、本来は現代日本に必要な法制度を考えるべきであり、
「今の平和な日本には必要ない」「すぐに太平洋戦争のような状態になる」という思考は、
その懸念は十分分かるものの、やはり片手落ちといえるだろう。

世界各国で繰り返されるテロ。
それ日本で起こらないとは限らない、という主張を笑う人は多いが、
かつては日本でテロが多発し、
それどころか日本人が諸外国でテロ活動を行ってすらいたという事実を知ることが、
今の日本に必要なのではないか。


第1章 『よど号』ハイジャック
第2章 『よど号』模倣犯ハイジャック
第3章 テルアビブ空港乱射事件の衝撃
第4章 ドバイ日航ハイジャック事件
第5章 シンガポール・シー・ジャック事件
第6章 逃走した「ハーグ」「スキポール事件」
第7章 切歯扼腕のクアラルンプール事件
第8章 最悪のダッカ・ハイジャック事件
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

探検家たらんとする情熱の記録。「空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む」  

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む
角幡 唯介



チベットの奥地、ヒマラヤ山脈の東。
ナムチャバルワ(7,782m)の近辺を流れるヤル・ツアンポー川は、険しい峡谷と大きな蛇行、聖域と見られていたことなどから、長く全貌が不明だった。
1884年、アッサムの測量責任者であったヘンリー・ジョン・ハーマンはキントゥプに潜入探検を命じる。
キントゥプは様々な苦難の後、口述による報告書において「45mの大滝があると」と記述。
ツアンポー渓谷の標高と川の落差から考えれば、この大滝もあながち嘘とは考えられず、
キントゥプの報告書にのみ存在する「大滝」の確認は、いつしか世界の探検家の間で「最後のロマン」と見做された。


1913年には、フレデリック・M・ベイリーがツアンポー川の流路を解明。
1924年、フランク・キングドン・ウォードが2つの滝を発見するが、「45mの大滝」ではなかった。
また同時に、峡谷の未確認地帯(空白部)が残り5マイルであると報告する。

この残り5マイルに、もう滝は無いだろうというのがフランク・キングドン・ウォードの見解だったが、
これを自身の手で確認しようと考えたのが、早稲田大学探検部に所属中の若き著者だった。

ところが1993年には日本のTVクルーの一員であっカヌーイスト、武井義隆氏が遭難死。
また同年、イアン・ベイカーが遂に未踏査地帯の一部を踏破する一方、ブリーシヤーズが空白地帯上流部の虹の滝からすぐ先に新たに幻の滝を発見するなど、「空白の5マイル」は次々と解明されていく。

人生の目的をツアンポー渓谷の探検としていた角幡唯介は、
そこに焦りと、苛立ちを感じながらも、
自分の人生をその身に感じるために、ついにツアンポー渓谷に残る最後の未踏査地帯を探検する。

本書はツアンポー渓谷の探検史であり、その隠されたベールが剥がされる一方、
「探検家 角幡唯介」が生まれ、育っていく記録である。
全編にかかる重いムードは、探検家たらんとする角幡氏の葛藤の反映だろう。

結果的に、角幡氏は新たに未知の滝と巨大洞穴を発見するものの、
本書に綴られた行動は、実際のところ探検とは名ばかりの無計画・無鉄砲な行動である。
第三者的な眼からみれば、これを探検というべきか悩むほどだ。

ただ、いつの時代もこうした潜在的な探検家は存在する。
そう考えれば、角幡氏の無謀な行動も、「生まれつつある探検家」だからこそ、と言えなくもない。
(実際、数十年前ならそう捉えられていただろう。)

そうした探検家としての運命を考えれば、
本書は探検すべき地域がほとんど無くなった時代に生まれた「探検家」の悲しみの本、とも言える。

血沸き肉踊る冒険ではない。
緻密な計画や冷静な判断や、明確な計画があるわけでもない。
そこに在るのは、ただ探検家たらんとする情熱のみである。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

その絵は、世界を理解しようとした証だ。「カラー版 - ダ・ヴィンチ絵画の謎 (中公新書)」  

カラー版 - ダ・ヴィンチ絵画の謎 (中公新書)
斎藤 泰弘



ダ・ヴィンチに対するワクワク感は、人それぞれである。
「全能の人」というスキルに魅力を感じる場合もあれば、
「モナリザ」という不思議な傑作の作者として魅力を感じることもあるだろう。

本書は特に、ダ・ヴィンチの絵画について、
彼が残した手稿の調査を踏まえ乍ら、どのような意図により描いたのか、
特に、そこに潜むダ・ヴィンチの自然のダイナミクスに対する理解を読み取っていく。

「自然のダイナミクス」とは何か。
それは、我々が住む世界はいかに生成され、どのようになっていくか、ということだ。
様々な科学技術が進歩した現在と異なり、
ダ・ヴィンチが活躍した時代は、まだ地球の生い立ちなど解明されていない。
ノアの大洪水が全て、という時代だ。

だがダ・アヴィンチは、実際の自然―特に山と川のせめぎあい―を見乍ら、
大地は隆起し、そしていつか崩落して消滅する、という「流れ」を見出した。

筆者は様々な手稿と、その時々に描かれた絵画を合わせ読むことで、
ダ・ヴィンチが、そうした思想を経る過程を明らかにしていく。

また本書後半では、もちろん「モナリザ」のモデルは誰かということについて、
最新の説・証拠をもとに、一つの推論を進めていく。


ただ、扱っているテーマに比して、やや説明が散文的に過ぎるためか、
僕だけかもしれないが、なかなか理解しがたく感じた。

ダ・ヴィンチについて興味がある者にとっては、
あまり意識していなかった視点から、彼の思想を見ていくというもの。
なかなか魅力的な一冊だが、
まとまった時間に、じっくり読むべきだろう。


【目次】
『モナリザ』は女装したダ・ヴィンチか
最初の風景素描と『受胎告知』
フィレンツェ時代の自然観
ミラノ公国付きの技術者
スコラ自然学との出会い
ミラノ時代の地質学調査
『聖アンナと聖母子』の謎
大地隆起理論への疑問
世界終末の幻想
「どうぞ其処を退いてください あなたはいつも遮るのです」
わたしがどうしてあなたに向かって微笑んでいるのか、分かる?
ザッペリ説にも問題が
晩年のレオナルド
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 美術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

見たくないけど、見てみたい!「世界の奇虫図鑑: キモカワイイ虫たちに出会える」  

世界の奇虫図鑑: キモカワイイ虫たちに出会える
田邊 拓哉



生物多様性と進化の妙を一目見て実感できる生物と言えば、
やはり昆虫だろう。
ヒトは視覚による情報収集する生きものだから、非常に高精度な眼を持っている。
一方、多くの哺乳類は夜行性のため、さほど見た目に変化が無い。齧歯類なんて見た目では別種かわからない。
視覚によるコミュニケーションを行うのは鳥類であり、よって見た目も多様だが、
かなり大形の生きもののため、種数が限定される。全世界で約1万種程度だ。

その点、昆虫はコミュニケーションの視覚依存度は低いものの、
鳥類という眼で探す捕食圧に晒されていることもあるだろうが、
昆虫の華やかさというと、抜群である。

本書は、「奇虫」というカテゴライズにより、
世界中の奇妙な虫をセレクトしたもの。

全長10cmのオブロンゴナータヒッシングコックローチ(日本のGの巨大なやつ)、
これも30cmのダイオウサソリ
最大60cmのガラパゴスオオムカデという巨大派もあれば、

生きた化石といわれるガロアムシ、
土中に住みながら泳げ、飛ぶことも可能なケラ、
オオゲジ(「キング・オブ・不快生物」なんてキャッチコピーあり)、
トリノフンダマシというとった日本の不快生物も掲載。

かと思えば、身近の畑や草地に生息しながら、発見後数十年も再発見されなかったため、
命名者によって「二度と忘れないように」と名付けられたワスレナグモ、
「David Bowie」の名が付いたアシダカグモの近縁種、
マレーシアオレンジハンツマンHeteropoda davidbowieなど、
様々な観点からセレクトされている。

そして本書の特徴は、著者が爬虫類・両生類専門店の社員であり、
かつ爬虫類・両生類・奇虫の飼育愛好家であるために、
生態をはじめ、多くの虫に国内流通状況や飼育ポイントが細かく書かれているのが特色。

一方的に「気持ち悪さ」を煽るのではなく、
実際にその虫を知り、存在を肯定している著者がきちんと書いた本であり、
よくあるテーマ専攻の、編集者の思いつき本ではない。

特に巻末に収録されたタランチュラ、ムカデ、ヤスデの飼育方法は極めて詳細で、
その筋の人には重宝されるのではないだろうか。

タイトル、レイアウトやキャッチコピーは良くある煽り系の雰囲気だが、
内容は丁寧なもの。
「世界の◯◯な◯◯」をパラパラ捲るよりは、
本書を開く方が、僕は楽しい。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム