ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常  

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常
三上 延
【謎めいてきた度】★★★☆

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


2巻目である。
3巻まですでに入手済みだが、面白いだろうことはわかっているので、楽しみにとっていた。
しかし、
今週、かなり読書ペースが速かったので、つい読んでしまった。

やはり面白い。
ネタバレになるので内容には触れないが(フィクションのつらいところである)、
1巻のうえに積み上げられた面白さ、というのが、きちんとある。
良いシリーズである。

3巻を早く読みたいが、我慢する。

なお、TVは見ていない。やっぱ原作だよ。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 推理小説

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/08/12 17:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/97-d5ddfe90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あると...

粋な提案 | 2014/08/12 16:25

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム