FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

死は、常に生の延長に在る。「特殊清掃 (ディスカヴァー携書)」  

特殊清掃 (ディスカヴァー携書)
特掃隊長




人の数だけ、死が在る。
誰もが家族や医師に看取られるわけではない。また死ぬ場所も、病院や自宅とは限らない。
不意に死が訪れた結果、誰にも気づかれないままいれば―、
人の死体は、時の経過と共に腐乱していかざるを得ない。

それを清掃することを生業としている人々がいる。

今回紹介するのは、「特殊清掃」という言葉をつくった会社に属する人による体験記。
元はブログであり、今も時折り更新されている(特殊清掃「戦う男たち」https://blog.goo.ne.jp/clean110)。
そのためか、一編一編は短く、また文章も簡にして要を得るものとなっている。

本書では特殊清掃といいながら、全てが事故現場や腐乱死体等というわけではない。
通常の遺体処理等も含みながら、
様々な死の現場において出会った人々や、そこから感じた事を丁寧に綴っていくものだ。
「特殊清掃」というスキルの技術やおどろおどろしさを期待する方もいるかもしれないが、
全編に渡って淡々と綴られながらも、丁寧な想いに溢れている。

腐乱してしまった遺体に困る、大家。

身内として精一杯のことをしようとする家族。

自殺を選んでしまった人。

我々も、短い人生の間に様々な死に出会うが、
その件数は(通常であれば)それほど多くは無い。
また、その死は既に「整えられたもの」であり、リアルな死に遭遇することは多くは無いだろう。

そうした意味で、本書のような特殊な現場を体験し続けている人が、
自殺や孤独死の問題を提起しているのは、一層の重みがある。

類書に、「事件現場清掃人が行く (幻冬舎アウトロー文庫)」(レビューは後ほど)があるが、
死に対する一般的な耐性がある方は、まずこちらから読むことをお勧めする。

【目次】
第一章 悼む
夢の痕、生き腐れ、軽い柩、女心、一期一会
第二章 憂える
人生の金メダル、低所恐怖症、ギャンブル、苦い薬
第三章 懐かしむ
年輪、心の奥、おでん、ある依存症、犬と柿と別れの宴、親父と家族
第四章 感謝する
真友、薬剤が目に沁みる、Holiday
第五章 闘う
脱皮、血闘、やる? やらされる?
第六章 生きる
○△×、メメント・モリ、天居、老いの先
解説 養老孟司
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/957-b6c3db3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

ジャンルランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム