FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

世界遺産から零れ落ちたキリシタン信仰「消された信仰: 「最後のかくれキリシタン」--長崎・生月島の人々」  

消された信仰: 「最後のかくれキリシタン」--長崎・生月島の人々
広野 真嗣



「隠れキリシタン」は、歴史上の話ではない。

江戸時代、キリスト教が禁教されたことにより、多くのキリシタンは棄教した。
だが、一部は仏教に帰依したとみせかけて、実は「隠れキリシタン」として残った。
この隠れキリシタンが圧政により起こしたのが「島原・天草の乱」である。
これ以降、隠れキリシタンは壊滅的・極めて限定的になった―というのが少なくとも僕のイメージだったのだが、実はそうではない。
長崎の広域にわたって、「隠れキリシタン」は存続し、明治まで生き残る。
それどころか、現代にまで連綿と繋がっており、
その存続、そして現代キリスト教との関係において、極めて大きな問題をはらんでいる。

本書の舞台は、生月島。長崎県の北西部に浮かぶ平戸島の、更に北西にある島だ。
この地は戦国時代末期、キリスト教の布教が容認された「先進地」であった。
だが時代がキリスト教の禁教を選ぶにつれ、同地でも弾圧が始まる。
布教の先進地だっただけに、その弾圧は苛烈であり、
その圧力が、信者たちを「隠れキリシタン」としていった。

著者は生月島を訪れ、その「隠れキリシタン」の現状を詳細に見ていく。
そこに遺されていたのは、いわば、江戸時代初期に普及されたキリスト教のタイムカプセルだった。

もちろん、部分的な変容は有る。
それは仏教徒の混淆というより、弾圧のために文字や記録を残すことができない「隠れキリシタン」が、
連綿と口伝によって引き継いできた影響だ。

だが、そうして生き延びてきた生月島の「隠れキリシタン」に対して、外界の眼は異なる。

現代キリスト教の研究者は、
「仏教との混淆が進み、キリスト教の詳細に教義も理解しておらず、キリスト教とは異なる宗教に変容している」とし、江戸時代の「隠れキリシタン」とは違い、「カクレキシリタン」という別存在であるとする。
作家・遠藤周作も、類似の見解を採り、生月島の人々の信仰には厳しい。

だが著者は、こうした見方が妥当ではないことを示す。
まず仏教徒の混淆だが、実際は「混ざっている」のではなく、「隠れ」るために、
様々な人生・生活上のターニングポイントにおいて、仏教とキリスト教、双方の儀式を並立して行っているのだ。

また、キリスト教の詳細な教義を理解していないという点については、
現代キリスト教研究者等の視点から、一般信者のキリスト教理解を問うこと自体が妥当ではないこと、
(そもそも現代のキリスト教信者だって、全てが教義をきちんと理解しているわけではい。)
また江戸時代の布教当時に宣教師が布教したキリスト教自体が、そこまで厳密な理解を求めていなかった、
すなわち「まず信じる」ことを優先していたことを挙げる。

実際、生月島には「らおだて」「なじょう」「ぐるりよーざ」という「歌オラショ」が残っているが、
これは中世イベリア半島のグレゴリオ聖歌「Laudate」「Nuncdimittis」「O gloriosa」であると明らかにされている。
そしてこれらの聖歌は、17世紀に別の系統の聖歌にとって代わられ、現代では歌われていない。
すなわち、より時代的に原型に近いキリスト教を伝えているのは、生月島の方なのである。

「カクレキシリタン」という呼称は、明治以降、信仰の自由が保障された後にもカトリックに戻らない人々に対するいわば蔑称じみたものだ。
だが、布教当時の信仰を守り続ける人々においては、むしろ変容しているのは現代カトリックの方なのである。

本書では、こうした生月島の隠れキリシタンの人々存在をバチカンも重視し、
幾度も密かにカトリックへの帰教を勧め、その都度断念している事実も明らかにされている。

それほど生活に密着し、先祖代々、苛烈な弾圧の中守り続けられたのが、生月島のキリシタンなのである。

だが現在、生月島における「隠れキリシタン」は、徐々に衰退しつつあるという。
かつては弾圧に対抗するため、少数の集落単位でのみ情報を共有し、
かつ、極めて厳しい儀式を自らに課し、それによって結束力を高めていた。

それが逆に、現代では後継者が育たず、断絶している。

数世代後には消滅してしまうかもしれないが、それが単なる「風俗」ではなく、
「信仰」であることが重要だ。
先祖代々信じていた信仰が消滅するという、現実。
想像し難いが、それは生きる上での極めて重要な基盤を喪うということだ。

「隠れキリシタン」は歴史上の存在ではなく、今も生きる人々の現実の信仰であり、問題である。
そのことを詳らかにした本書は、世界文化遺産として
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」とされた今だからこそ、
しっかり読んでおきたい。

この世界文化遺産において、生月島の隠れキリシタンは良く言えば触れられておらず、
悪く言えば黙殺されている。
その事実だけでも、知っておく必要がある。



【目次】
序章 ちょんまげ姿の洗礼者ヨハネ
第1章 蔑ろにされた「聖地」
第2章 とても長い祈り
第3章 受け継がれる儀式
第4章 「かくれキリシタン」か「カクレキリシタン」か
第5章 壊し合いの歴史
第6章 「復活」を選ばなかった理由
第7章 バチカンからの視線
終章 信じ続ける意味は
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歴史

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/944-c665d7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム