FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

日本は既に周回遅れか。「宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ」  

宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ
大貫 美鈴



アメリカにはFFAが認可した商業スペースポートが10か所あり、宇宙産業の拠点となることを目指した経済開発が行われています。p194

イーロン・マスクが率いるスペースXが、開発したファルコン9。
ロケットが自律的に着陸するという光景は、宇宙開発テクノロジーの新時代の到来を象徴するものだ。


日本ではかなりニュースになったが、こうした華やかな部分に特化した報道に示されるように、
日本ではまだまだ宇宙開発はロマンの延長線上にあると思いがちだ。

だが世界は、既に商業ベースでの宇宙開発時代に突入している。
その現実をコンパクトに紹介するのが、本書だ。
著者は、アメリカの宇宙企業100社以上が所属する「スペースフロンティアファンデーション」のアジアリエゾン(大使)でもある。
外部の記者による短期間取材ではなく、
民間宇宙開発の内側にいる方による書であるだけに、紹介する射程、状況分析は的確だろう。

宇宙開発ビジネスといえば、スペースXをはじめとする商業ロケット開発が真っ先に思い浮かぶ。
だがビジネスとしてみると、それは氷山の一角に過ぎない。

商業ベースのロケット打ち上げを行うための商業用スペースポートの整備と、法律的なバックアップる
小型の衛星を多数打ち上げることで構築されるネットワークシステム。
宇宙から得られたデータを分析・提供する情報ビジネス。
宇宙旅行(ごく短時間の宇宙体験を含むサブオービタル旅行)と、それに付随する保険、宇宙服、宇宙食等のサービス。
そして、これらのビジネスに対する投資。
また、費用が低額になりつつある宇宙ロケットは、いわゆる新興国にも参入のチャンスが多いという事実。

これらの情報は日本では報道されることが少なく、
本書では、現時点の宇宙開発ビジネスにおける凄まじい潮流を実感することができるだろう。

そして、それらが示すのは、既に宇宙開発は国主導のものではなく、ビジネスであるという事実だ。

ところが翻ってみると、本書で触れられる日本のトピックは、圧倒的に少ない。
JAXAの活躍は知られているものの、それはビジネスではない。
日本は既に、宇宙開発ビジネスでは周回遅れとなっているのが現実である。
今後、本書で紹介された諸々のトピックが現実化・商業化されるだろうが、
おそらく日本という国は、それらのサービスの消費者にしか成り得ない。

次世代のビジネスの中心である宇宙開発。
日本がその蚊帳の外であるという現実も、本書は突きつける。

【目次】
はじめに

第1章
グーグル、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフト、アップル……
なぜ、IT企業の巨人は宇宙を目指すのか?
――BIG5が狙う「21世紀の黄金」

第2章
製造、サービス、流通、医療、農業、漁業、防災……
宇宙ビジネスは、私たちの生活をどう変えるのか?
――「地球ビッグデータ」が産業革命を引き起こす

第3章
小型衛星、宇宙旅行、月面探査、小惑星資源利用……
シリコンバレーが狙う新時代の金脈
――開拓精神を受け継ぐベンチャー起業家たちの夢

第4章
オービタル旅行、サブオービタル旅行、訓練、保険、宇宙服、宇宙食……
宇宙旅行はいつ実現するのか?
――圧倒的なコストダウンで実現間近の新経済圏

第5章
月面基地計画、月資源開発、有人火星探査、100万人経済圏……
月と火星に人類は本当に住めるのか?
――もはやSFではない「火星移住計画」の実現性

第6章
大手からベンチャーまで続々参入
宇宙という「未来産業」の幕開け
――デジタル化、IoT、AIへとつながる新市場の誕生

おわりに
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/938-7d6edc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム