FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

知られざる、日本の巨人。「Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男」  

Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男
佐々木 健一



報道される事故数からの漠然とした印象だったが、
子供の頃、「飛行機は落ちる可能性が少なからずある」と思っていた。、

だが、現在、日々世界中で運行されている飛行機の本数を考えれば、
墜落事故の報道は、僕が子供の頃に比して極めて少なくなっていると言える。

単なる印象の問題や、報道数のバイアス(小さい事故は報道されなくなった等)かとも思ったが、
実際に、世界の航空機事故は、ある時を境に激減しているのだ。

試しに、Aviation Safety Network(航空安全ネットワーク)の統計を見てみると、
年間死亡事故件数は確実に右肩下がり。
(https://aviation-safety.net/statistics/の中の、「Fatal Accidents Per Year 1946-2017」。
年が変わって表示されない場合は、直近のグラフ(「Fatal Accidents Per Year 1946-XXXX」)を参照されたい。)

減少している理由は多々あるだろうが、
少なくとも、時折り耳にした言葉である「ダウンバースト」、その中でも「マイクロバースト」による墜落事故が、
世界中で激減していることが大きな要因である。

ダウンバーストとは、特定の気象条件下において発生する下降気流であり、地上に災害を及ぼす場合もあるものだ。
その風速は極めて速く、通常でも強い台風並み、強ければ竜巻なみとなる。
ただその発生時間がかなり短く、またその範囲も狭い。
定義では、約4km未満のダウンバーストをマイクロバーストとしているが、
それほど局地的で強い下降気流が発生するのである。

もしこれが、航空機の着陸地付近に発生すればどうなるか。
極めて短期間に発生するため、予測は困難である。
そして突入すれば、強い向かい風→下降気流→追い風と翻弄され、墜落に至るのだ。

そして、その限定的な気象現象ゆえ、誰も存在を確知していなかった。
これにより、「原因不明」または「操縦ミス」とされた墜落事故が、世界中(特にアメリカ)で多発していたのである。


この気象現象を見出し、定義し、ドップラーレーダーによる防衛策の端緒を拓いたのが、
日本人気象学者、藤田哲也である。

藤田哲也は、1920年生まれ。没年は1998年だから、ほぼ同時代の人物と言って良い。

藤田氏は若い頃に渡米。アメリカでトルネードの研究を行い、
今も通用するトルネードの強さの指標、F-Scale(藤田スケールとも言う)を提唱した。
(映画「ツイスター」で最大級の「F5クラス」のトルネードが出るが、これだ。)

このFスケールの定義とは、まさにコロンブスの卵。
藤田氏以前には、こうした「トルネードの強さ」という客観的指標は存在せず、
これによって、施設設計、災害対策、保険等において、
「トルネードの強さ」を想定した対策が可能となったのである。

そして、次に藤田氏が関わったのが謎の航空事故であり、
そこからダウンバーストを発見したのである。

だが、どうして日本人の気象学者が、アメリカで研究したのか。
どのようにトルネードの研究者となったのか。
そして、誰も知らなかったダウンバーストをいかに発見し、
それを提唱する中で受けたバッシングに、いかに立ち向かったか。

ほぼ日本では知られていない藤田哲也氏だが、
「マイクロバースト研究の父」、
「航空安全において、単独で最も貢献した人」などと称され、
気象界のノーベル賞と呼ばれる「フランス国立航空宇宙アカデミー金メダル」も受賞している。

この稀有の人物が、いかに生き抜いたのか。

未だ日本では、殆ど知られていないが、
この人物を知らず、また評価していないのは、日本としていかがなものかと思う。

そして、なぜ藤田氏が日本での研究を断念したかも含めて、
もっと多くを学ぶべきだろう。

この一冊の持つ価値は、極めて高い。



【目次】
序章 離陸
第1章 魔の風
第2章 謎の男
第3章 幸運
第4章 米国
第5章 日本
第6章 原爆
第7章 論争
第8章 勇気
第9章 変化
第10章 人生
終章 着陸
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/930-5c4f83fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

ジャンルランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム