FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

西洋博物学を支えた、伝説の標本商。「捕虫網の円光―標本商ル・ムールトとその時代 (中公文庫)」  

捕虫網の円光―標本商ル・ムールトとその時代 (中公文庫)
奥本大三郎



昆虫標本商というと常人には馴染みがないが、
世界に昆虫がいて、そして虫屋が遠く離れた世界の虫に夢を抱く限り、決して消滅しない職業である。

もちろん現代日本にも存在するし、現代でも川村俊一氏の著作は見たことがない世界を垣間見せてくれた(「昆虫採集の魅惑 (光文社新書)」(レビューはこちら)、「昆虫標本商万国数奇譚」など)。

だが、標本商が大活躍するのはやはり18世紀から20世紀前半、ヨーロッパ諸国による世界「発見」ブームの時期だろう。
西洋博物学が、文字通り未開拓の国に出会う時期。標本商にとって、これほど活躍できる時代は無かった筈だ。

そして本書はまさしく、20世紀前半、西洋諸国が様々な国に植民地を得て、
ブラックホールのようにその地の全てを吸い込んでいた時代に活躍したフランスの標本商、
ウジェーヌ・ル・ムールト(1882年-1967年)の評伝である。

ル・ムールトはフランス生まれではあるものの、父の仕事のために南アメリカに渡った。
そこで多種多様な昆虫に出会い、そしてそれらを捕る術を覚えた彼は、
成人後、自身もギアナ植民地の刑務所の官吏として着任し、思う存分昆虫を採る。
その後、フランスに戻り屈指の標本商として名をあげるようになる。

ル・ムールトについては、もちろん清廉潔白・高潔高邁という訳ではなく、
稀代の虫好きであり、虫を中心に生活するというタイプだ。
当たり前に生活のトラブルもあり、世俗的な欲求もある。

だが、1930~40年代、英・仏・独の多数の標本商が世界中の植民地等を舞台に活躍していた時代に、
奥本氏によれば
「とくに著名な標本商をあげるならば、ドイツのシュタウディンガー商会、フランスのル・ムールトとデロール、イギリスのワトキンス・アンド・ドン・カスター紹介、というとになるであろうか。」
とまで成るのは、やはり南米での採取屋との強固にパイプと、
ル・ムールト自身の虫屋としての創意工夫によるのだろう。

本書はそうした立志伝の物語であるのだが、よくある伝記とは全く異なる楽しさがある。
それは、著者自身が名うての虫屋であり、かつフランス文学者でもある奥本大三郎であることだ。

そのおかけで伝記の時代背景等については諸文献を踏まえて詳しく、
また昆虫に関する知識についても、見事な口絵とあわせて、損失がない。

このテーマにしてこの著者ありというか、世界中でもこれ以上のル・ムールト伝はないだろう。

そして、標本商に興味がない方であっても、
20世紀初頭のフランスおよびフランス植民地の状況を知るうえでも、恰好の一冊である。

対象であるル・ムールトに対する優しい視線、昆虫及びフランス近現代史に関する詳しい知識と、
まさに読むことが楽しい伝記である。

【目次】
序 最晩年の肖像
1 ブルターニュの石頭
2 南米との出会い
3 採集人になる
4 二度目のギアナ
5 パリの学生生活
6 モルフォ大作戦
7 昆虫界半世紀の蝶瞰図



関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2018/07/16 20:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/918-a3403bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

ジャンルランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム