ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

色って、何?「光と色彩の科学―発色の原理から色の見える仕組みまで (ブルーバックス)」  

光と色彩の科学―発色の原理から色の見える仕組みまで (ブルーバックス)
斎藤勝裕



色って、何だ。
世界は色彩に溢れている。
だか、色とは実は何か、どのようなメカニズムで発色している(ように見える)のか等、
ごくごく基本的なことを、知らないままに生きている。

だが、「眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く」(レビューはこちら )に詳しいように、
現在の動物は、基本的に全て「見る」というトリガーによって進化してきた。
何を見るのかといえば、「色」だ。
もちろん形の認識もあるのだが、カモフラージュの例をみるまでもなく、
色を把握できなければ、フォルムの把握は困難である。

それほど動物にとって重要な「色」について、

その研究史、光のプリズム分解、マンセルの色立体や色度・色相環などの「色」を表す努力、
また眼や視神経の構造、電灯や蛍光灯、生物発光などのメカニズム、
構造色、そして色彩心理学等々、

とにかく色と光に関する基本的事項を、
僅か200ページ弱の一冊に、力技で網羅的に纏め上げたのが、本書である。

刊行は2010年であり、さほど内容も古くなっていない。
もちろんこれほどコンパクトに纏めたために、光子を中心として物理学的な解説はややおろそかになっているものの、
とにかく「色」の本質について知るために、最初に読むのには最適の一冊。
ブルーバックスの面目躍如といった本である。

この本を読んだうえで、構造色や生物進化、生物発光等の様々なテーマへ波及するのが、
色や光、視覚に関して知るためには、最も容易なコースだろう。

あくまで入門書に徹し、かつ、高いレベルに誘導する。そうしたスタンスとして、良書である。


【目次】
第1章 色彩学の基礎
第2章 色彩の生理学
第3章 光の科学
第4章 色彩の化学
第5章 構造色の科学
第6章 色彩の心理学
第7章 未来の光技術
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/917-34ba1ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム