FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

明日起こるかもしれない危機に備えて。「飛行機に乗ってくる病原体―空港検疫官の見た感染症の現実 (角川oneテーマ21)」  

飛行機に乗ってくる病原体―空港検疫官の見た感染症の現実 (角川oneテーマ21)
響堂 新



「自分は専門家ではないから」と言ってみたところで、病原体のほうは聞く耳をもたないだろう。できる範囲で自衛策をとるしかないのだ。
p166


本書は2001年発行。実のところ感染症については日々刻々と状況は変わっており、
刊行以降でも2002年のSARS、2009年新型インフルエンザ、2014年の西アフリカエボラ出血熱流行、同じく2014年に起きた約70年ぶりのデング熱国内感染など、
どんどん感染症のグローバル化は進んでいる。

本書は関西空港の検疫所で医療専門職として従事したこともある著者が、様々な感染症の国内侵入の可能性等について紹介するものだ。

マラリアや黄熱病ウイルスを媒介する蚊、
ペストを媒介するネズミ、
エボラやマールブルグを媒介する実験動物のサル。
これらの国内侵入により、日本でも感染症が引き起こされる可能性は常にある。

こうした侵入を水際で防止するのが検疫所である。

本書でも、
1994年秋、インドでのペスト流行による監視態勢の大幅強化や、
1995年春にバリからの帰国者から200人以上のコレラ患者が確認された事例など、
実際に現場で従事していた人間ならではの話題が紹介されている。

ただ残念ながら、多くの感染症ではそれらの解説に留まっており、
実際の空港検疫での事例紹介は、やや少ない。
個々の感染症や、またはグローバルな人畜共通感染症については様々な本が刊行されており、
それらによってより詳細かつ細心の知識を得ることが可能だ。

正直なところ、「空港検疫官の見た感染症の現実」という惹句に期待しすぎると、
やや拍子抜けするかもしれない。

とはいえ、
狂犬病が発生していない清浄国が極めて少なく、
(現状については、厚生労働省ホームページで確認できる。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/index.html)
だからこそ日本人が海外へ行く際には狂犬病に対する適切な知識が必要であること、

住血吸虫の感染幼虫であるセルカリアのいる水に10分間手足を浸しているだけで、
ほぼ100%感染することから、流行地域では川や湖で泳がないなどの注意事項等、
空港検疫官だからこそ、より説得力をもって解説される防御策等もあり、
読むべき価値はあるだろう。

なお、本書末尾には資料として、
「日本国内における感染症の患者数及び死者数の年次推移」というデータが掲載されている。
この表には、
コレラ、赤痢、腸チフス、パラチフス、ペスト、天然痘については大正4年(1915年)から平成10年(1998年)まで、
日本脳炎、ポリオ、破傷風、はしか、マラリア、住血吸虫症については昭和35年(1960年)から平成10年(1998年)までの患者数・死者数が網羅されており、
これを見ているだけでも日本の衛生環境の向上が実感される。
ただ一方、
耐性菌や新型インフル、エボラ・マールブルグなどによるパンデミックが発生した場合、
これを逆方向に辿る可能性があると考えると、背筋が寒くなるというものだ。
この表を眺めるためだけにも、入手して損は無い。

【目次】
第1章 越境する昆虫たち
第2章 貨物に紛れ込んでやってくる小動物たち
第3章 食糧輸入大国の抱える難題
第4章 ペットや研究用の動物にも危険が潜んでいる
第5章 海外旅行の落とし穴
第6章 病原体から身を守るために
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 感染症

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/913-6072cbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム