FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ベランダ―の生き様を見よ。「ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)」  

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)
いとう せいこう



俺たちは都会の狭い空を見ながら、必ずあちらこちらのべランダに目を向け、そこで営まれるボタニカル・ライフを把握する。鳥には鳥の世界があり、虫には虫の視界かあるように、俺たちべランダーには俺たちだけの空間が存在している。

家庭菜園ではない。ガーデニングとも異なる。
庭のない都会で、自宅のベランダで可能な限り植物生活を楽しむこと。それがベランダーだ。

本書は、ベランダーたるいとうせいこう氏の、
1996年10月から1999年12月までの愛と葛藤のベランダ生活の記録である。

何が葛藤なのか。

菜園やガーデニングとベランダーとの最も異なる点は、
植物が土地に根を張っていないことだろう。
それぞれの植物は、それぞれの鉢で完結している。

だからこそ、鉢を好きなように移動でき、
僅かな隙間に鉢さえ入れば、何がしかの植物を育てることができる。

だからこそ多種多様な植物を育てることが可能なのだが、
多種多様な植物は、本来、多種多様な環境に根付くものだ。

だが、ベランダーには鉢しかない。

思いがけず成長する植物もあれば、日々枯れていく植物もある。
鉢という限界を突破して成長しようとする植物もあれば、
植物すらなくなり、土だけになった鉢もある。

これらを日々観察し、世話し、愛で、そして悩むのがベランダーである。

本書で取り上げられる植物は、様々だ。
クレソン、オンシジウム、サボテン、ニチニチソウ、
モミジ、オンシジウム、シクラメン、コーヒー、芙蓉などなど。

いとうせいこう氏が、それぞれの植物に抱く想い。
そして、それに対する植物の生と死。

植物を育てることの難しさももちろん有るのだが、
それをも含んで、
ボタニカル・ライフの楽しさを、いとうせいこう氏は綴る。

自分とその植物の間に深い関係が築ければ、それだけで良い。

ベランダという狭い世界で繰り広げられる、熱い闘いと言っても良い。
本書は植物生活を楽しむ、又は楽しもうとしている人が、
その苦楽を噛みしめながら読める稀有の一冊である。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 植物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/910-15473fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

ジャンルランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム