FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

野鳥における、雌雄の仕組み。「♂♀のはなし〈鳥〉」  

♂♀のはなし〈鳥〉
上田 恵介,竹井 秀男



なぜ動物にオスとメスがあるのか。
この点については、「オスとメス=性の不思議 (講談社現代新書)」(レビューはこちら)という良書があるが、
これに先駆ける1993年、野鳥の世界におけるオスとメスの謎について解説したのが、本書である。

オスとメス=性の不思議 (講談社現代新書)」が網羅的な解説である一方、
本書は野鳥の様々な実例を踏まえ乍ら解説している。
時代の制約から、
例えば一夫一妻になるか一妻多夫になるかという点について、餌の取りやすさという環境要因が影響しているといったややアバウトな説明になっている箇所もあるけれども、その本質は今も十分通用する。
むしろ野鳥に関心がある人なら、具体的なイメージが湧く本書の方が楽しいだろう。

なぜ胎生の鳥がいないか、という点から始まり、
まずはオスとメスのどちらが子育てをするか、というテーマへ。

そして種内托卵という野鳥ならではのトピックへ進む。

第2章では、求愛ディスプレイと囀りについて。
この章については今も様々な分野で紹介されており、
フウチョウ類の派手な飾り羽、ニワシドリ類の庭造りなど、既に見聞きした事例も多いだろう。
むしろ、セッカの「ヒッヒッ」という囀りについて、
普段は10回以内だが、求愛巣が完成してメスを呼び込む準備が整うと、100回以上も繰り返す、
すなわち短めの囀りは縄張り宣言、長い囀りはメスを誘うためだという著者の研究成果の方が、
鳥屋としては面白いだろう。

第3章はつがい関係の成立、第4章はメスによるオス選定、
第5章は浮気とつがい外交尾と、
様々な野鳥の実例を紹介しながら、野鳥におけるつがい形成のバリエーションを紹介する。

オスとメスの関係性については、
総論としては「オスとメス=性の不思議 (講談社現代新書)」などが良いだろうが、
それを個々の分類群や種で理解しようとすると、
例えば群で行動するのか縄張りを持つのか、群の場合は血縁関係がある集団なのか、
子育てにおいても親以外のヘルパーの関与の有無など様々な要因があり、一筋縄で理解できるとは言えない。

だからこそ本書のように、その分類群の研究者が、
「オスとメス」等のテーマを踏まえて解説してくれる本が重要なのである。

野鳥関係でいえば、本書の著者である上田 恵介氏のほか、
羽田 健三氏、中村 登流氏らの本こそ読まれるべきなのだが、
昨今は図鑑出版のみが盛り上がり、
こうした地道な研究成果を踏まえた本が振り返られることがなくなっている。

野鳥観察の次の一歩を踏み出すためにも、本書を初めとした「古い本」の再版を望む。


【目次】
第1章 子育て
第2章 求愛とさえずり
第3章 つがい関係
第4章 メスによる選り好み
第5章 浮気と不倫


関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 野鳥

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/908-96d6ae42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム