FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

好奇心こそ、全ての源。「書斎のナチュラリスト (岩波新書)」  

書斎のナチュラリスト (岩波新書)
奥本 大三郎



奥本大三郎氏は、フランス文学者にして、虫屋。
その知識と経験を踏まえたエッセイが何冊が刊行されており、本書もその一冊。
とはいえ、本書では昆虫関係の話題は少なく、日々の生活の話題が多い。
一編一編もさほど長くはなく、短時間ごとに読み進めるのも良い。
そういう気軽な一冊と思っていたが、後半はちょっと趣が違った。

2編のとても興味深い話題が展開される。
まず1編は、芥川龍之介の「河童図」について。
芥川龍之介の遺墨として有名で、誰しも何処かで見た事があるのではないだろうか。

この河童図を芥川が描くようになった経緯。
画家の小穴隆一と共に散策している時に、芥川が日々の落書きの一つとして見せたのが、
河童図のはしりらしい。
当初は河童は2匹いて、
樵(きこり)と漁師が問答をする中国画「漁樵問答」のテーマを河童で描くのが目的だったようだ。
ところがそれがいつしか一人になり、
手には何も持たなくなっていく。
こうした河童図の変遷が、実は死に向かいゆく芥川の意識変化を反映しているのではないかという話だ。

そしてもう一つは、夏目漱石の「草枕」で描かれた、硯の話。
草枕の内の描写から、その硯の形・姿を描いてみて、
「端渓硯」の専門家の説も踏まえながら、、どこのいつの時代の硯かを想像する。

ところがこの記事を公表すると、読者から別の推測が提示される。
慌てて専門家に確認し、また色々推測していると、
実はその「草枕の硯」のモデルとなった硯が実在する、という情報が入る。
そしてついに、その硯を所有する人物に辿り付き、秘蔵の硯を見せてもらうのだ。
本書には、その写真も掲載されている。
それは実際に見て頂きたいのだが、
いやはや、「草枕の硯」がこのような「異形の硯」であったとは驚きであった。


【目次】





















「草枕の硯」
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: エッセイ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/906-4a274a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

ジャンルランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム