FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

本は、きっと部屋で繁殖している。「蔵書の苦しみ (光文社新書)」  

蔵書の苦しみ (光文社新書)
岡崎 武志



当然ながら、本は増えていく。とめどもなく増えていく。あゝ、増えていく。



僕の家は本屋だった。
高校の頃に諸々の事情で新刊書店として廃業した後は、今度は祖父が古本屋をやっていた。
だから本は空気のようなもの。
小遣い代わりに本を貰っていたし、自分の本屋になければ片っ端から買っていた。
欲しい本を手に入れない、という選択肢は無かった。

若いころはフィクションを主に読んでいたので、
SFハンドブック」、「冒険・スパイ小説ハンドブック」、「ミステリ・ハンドブック」に掲載されている有名どころは入手していたし、
推理小説であれ文学であれ、同著者の本は全て集めるのが基本だった。
結婚するまでは実家の2階に全ての本を置いていたが、文字通り本で足の踏み場もなく、
横積みしていた本のタワーが林立していた。
阪神淡路大震災の時には、本棚とタワーが倒れ、雪崩が起きた。よく床が抜けなかったものと思う。

また祖父が亡くなった際には、その古本屋一軒分の本と、蔵書全てを一旦引き取った。
祖父の家は大阪にあったが、2トントラックで香川まで運んだ。

祖父とは色々と確執があり、最期まで普通に話すことに慣れなかったが
(「おじいちゃん」と呼ぶことすら躊躇するくらいで、いつも何と呼べば良いか悩んでいた。)、
自分の本好きは間違いなく祖父の血である。
今なら腹を割って本の話ができるのだが、なかなか人生はうまくいかない。

さて、そんな経緯もあり、常人とは異なる膨大な本を持っていた。
マックスは祖父が亡くなった後の1年間。
20歳頃だったが、自室(6畳)、小さい本屋一軒、アパート一部屋(祖父の本の保管用に借りた)分の本を持つことになった。
もちろんそれだけの保管スペースを維持できる筈もなく、1年後には、ほぼ全てを古本屋に売却した。

僕の経緯は特殊だが、遅かれ早かれ、本好きはこうした状況に陥っていく。

さて、本書は、2万冊超の蔵書を抱える著者によるもの。
一応、本を入手したり、蔵書として選別するため心構えみたいな事を書く。

帯にも「蔵書は健全でなければならない」、「多すぎる本は知的生産の妨げ」、
「自分の血肉と化した500冊があればいい」、「机のまわりに積んだ本こそ生きる」
なんて立派なことを書き、整理術っぽく仕立ててはいるが、
結局著者の語るのは「それができれば苦労しないよね」ということであり、
実際のところは様々な人の「蔵書の苦しみ」を語る本である。

そして、そう嘆きつつも、その状況をむしろ誇らしげに語るのが、
蔵書家の業。
本好きの方は、「だよね~」とか言いながら、ぜひ同好の士の苦しみを楽しんでいただきたい。

なお結局のところ、蔵書をスリム化したいのなら、
個々に選別したりせず、えいやっとまとめて古本屋に売るしかない、というのが結論である。
僕も上記の経験があるので、それしかないと思う。
(残す本を選別しようと思ったが、到底無理だった。)

ところで僕は、現在も次々と入手して読むけれど、一部だけ残して、後は売却。
そのストックも、スペースがなければ思い切って売却している。
もちろん「ああ、売らなきゃよかった」と思う本は多々あるし、
できることなら全て残したいくらいだ。でも、売る。

その思い切りができるのは、20歳頃に売却した経験と、
結婚を機に自分の本もほぼ売った経験があるからだろう。
これが正しい道だ、とは言わないが、現実の家庭生活を優先した道である。

本ブログを読む方の中にも、
溢れんばかりの蔵書に悩む方がいるかもしれない。

そうした方は、ぜひ本書を読み、
世の中には上には上がいるなと実感するか、もしくは自分の方が上だなと勝ち誇り、
ぜひ僕の分まで本を背負い続けていただきたいものである(←無責任)。


【目次】
第一話 蔵書が家を破壊する
第二話 蔵書は健全で賢明でなければならない
第三話 蔵書買い取りのウラ側
第四話 本棚が書斎を堕落させる
第五話 本棚のない蔵書生活
第六話 谷沢永一の場合
第七話 蔵書が燃えた人々
第八話 蔵書のために家を建てました
第九話 トランクルームは役にたつか?
第十話 理想は五百冊
第十一話 男は集める生き物
第十二話 「自炊」は蔵書を解決するか?
第十三話 図書館があれば蔵書はいらない?
第十四話 蔵書処分の最終手段






関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/904-34558ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

ジャンルランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム