FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

人類の悲劇を見に行く旅。「ダークツーリズム入門 日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅」  

ダークツーリズム入門 日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅
風来堂



正直なところ、「◯◯ツーリズム」という言葉は好きではない。

ある一定層の興味関心を、実際は多彩な観点が有るのに
安易に「◯◯ツーリズム」とまとめたり、
逆に「◯◯」というテーマに対する旅行ニーズの有無も不明確なのに、
「◯◯ツーリズム」として町・村起こしの手段として提起されるなど、
どうも言葉と実態が乖離している感があるためだ。

このダークツーリズムという言葉もそういう雰囲気を漂わせているが、
どうも数年前から欧州あたりで流行りだしているらしい。

負の遺産を見る旅と言ったら分かりやすが、
実は「負の遺産」という言葉は日本独自のものと本書で指摘されている。
(なのにタイトルに用いるところが、ちょっと解せないが。)
だからダークツーリズムを定義するなら、
「戦争や災害をはじめとする悲劇の記憶を辿る旅」(本書p17、井出明教授)ということである。

旅の目的地は広島の原爆ドームやアウシュビッツ収容所跡等。
そう言われれば「真面目な動機」なのだなと分かるが、
そうしスポットに特化した旅である。

いわゆる怖いもの見たさや興味本位の「廃墟めぐり」「事件現場めぐり」とは全く違うが、
それらとは違う旅なのだと主張するにも、
「ダークツーリズム」という言葉は今後よく使われるのではないだろうか。

本書は、大きく日本、欧米、アジアに分け、全81カ所を紹介する。
1か所につき5~6p。
世界各地に跨るためか書き手は様々であり、レポートする視点、感じ方もバラバラである。
(編著が風来堂という編集プロダクションであり、
こういうテーマでの企画がまず在り、そこから原稿を集約していったのだろう。)

よって、いろいろなスポットを紹介するという体裁は整っているものの、
テーマがテーマなだけに、
個々の紹介では個人的な視点が強調されるという、ちょっと中途半端な本にも感じる。
例えば地域で分類しているのは旅行ガイド的視点。
でも、戦争関係と事件関係、政治的紛争地を並列で並べられると、やっぱり興味本位の感が強くなる。

このあたり、どう整理していくかは今後の課題だろう。

とはいえ、
一度は聞いたことがあるスポットにしても、実際に足を運んだ人のレポートを読むと、全く印象が異なる。
またこれだけの量になると、知らなかったスポットも多数掲載されている。
特に戦争関係や虐殺関係となると、「知らなかった」ではすまされない重みがある。
「ダークツーリズム入門」というタイトルはともかくとして、
読んでおいて損は無い一冊である。


【目次】
・井出明さん(追手門学院大学教授)インタビュー
・Part1 日本篇
・Part2 欧米篇
・角田光代さん(作家)インタビュー
・Part3 アジア・アフリカ篇
・下川裕治さん(旅行作家)インタビュー
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 旅行

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/899-42c219a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム