FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ゴミを侮ってはいけない。「平城京のごみ図鑑: 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし (視点で変わるオモシロさ!)」  

平城京のごみ図鑑: 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし (視点で変わるオモシロさ!)
文化財研究所奈良文化財研究所



1か月間の、自宅のごみの中身をチェックされると、
私生活が相当暴かれるだろう。
ごみは、人々の生活を映す鏡である。

ただ最近は、分別や焼却・リサイクルが進んだために、ごみがそのままの姿で残ることは少ない。
それが救いでもあるが、
では過去のごみは、何を物語ってくれるのだろうか。

本書でテーマとするのは、途中断絶があるものの、
710年から784年まで日本の中心地であった平城京のごみである。
今から1300年前、人々はどのように生活していたのか。

本書は全ページカラー、多数の写真を用いて、発掘された数々のごみを紹介する。
ごみといっても、考古学的資料には変わりはない。

食器や容器といった、日常生活の中で生じたもの。
瓦や屋根の装飾金具など、建物の解体過程で生じたもの。
そして木簡の表面を削ったもののように、公的な仕事から生じたもの等、
由来は様々だ。

だがそれだけに、社寺や家屋で大切に保管されて伝来したものとは異なり、
当時の人々の生き様が、具体的に視えてくる。

例えば木簡の削りかすだ。
使用済みとなった木簡は表面を削って再利用していたのだが、
その削りかすが幸いにも遺る場合がある。
そこから長屋王住居のように、邸宅の持ち主を特定する一級史料が得られることもある。
一方で、当時の顔の落書きや、文字の練習なども残っており、
現代人と同じく仕事に飽きたり、苦労した人々の息遣いが聞こえそうだ。

またごみの中のごみ、当時のウンチも立派な資料となる。
もちろんブツそのものが残っているわけではなく、その痕跡が残っているわけだが、
僅かに残る骨や植物のタネ、そして寄生虫の卵などから、
当時の食生活が解明されていく。
例えば平城京の役人が働いていた場所からは、
その寄生虫から、イノシシやブタを食べていたことが判明している。
実際、天武天皇時代(7世紀後半)には「牛、馬、犬、サル、鶏の肉食を禁ずる」旨の詔が出されているが、
その代わりにイノシシ・豚は食っていたことが裏付けされたことになる。

こうした知見は、その一つ一つは小さなものでも、
数百年前の人々の生活を明らかにする手掛かりとなる。

政治や貴族の世界は文献に記録されるが、
その周囲には、記録もされない多数の人々が生き、日々を懸命に暮らしていた筈だ。
本書は、その名もない人々が生きた痕跡を知る、楽しく重要な一冊である。

【目次】
第1章 奈良時代のごみと出会う
 ごみから生活がわかる
 平城京はどのような都市だったのか?
 発掘現場から出てくるモノ
 平城京のごみの捨て方
 平城京、平城宮マップ
第2章 ごみ捨て場をのぞいてみよう
 あんなごみこんなごみ
 ごみにも個性がある
 奈良時代のリサイクル術
 奈良時代のおまじない
第3章 木簡は奈良時代からの手紙
 人々の息吹を伝える木簡
 木簡大図鑑
 平城京遷都のナゾを解く手がかりにも!?
第4章 ウンチでわかる食生活
 奈良時代人の食事
 奈良の都のトイレ事情
 ウンチが解き明かす食生活
第5章 ごみは宝物
 「ごみってなんなんやろ」―特別対談・ゴミドコさん×考古学者けいじくん
 ゴミドコさんの正体は?!
 ごみを科学する
 平城京のごみを輝かせる仕事―奈良文化財研究所
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歴史

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/898-4047991c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム