ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

世界の特殊部隊作戦史1970-2011  

世界の特殊部隊作戦史1970-2011
ナイジェル カウソーン
【マニアック度】★★★☆




本書を読んでいる日々に、
アルジェリアで人質事件が発生した。
思うところ多々である。


本書は、グリーンベレーやシールズ、SASといった特殊部隊が関わった事件・作戦について、
章立てで紹介している。
成功したものもあり、「ブラックホーク・ダウン」のように大失敗に終わったものもある。

ただ筆者のスタンスとしては、特殊部隊の活躍を賞賛している。
おそらく最終章の「オサマ・ビンラディンの殺害」が本書の執筆契機であり、
そのためにオバマ大統領の演説が全文引用されているのだろう。

あと、本書を読んでも感じたのが、
アメリカにおける味方の死体回収にかける努力である。
そのために撤退が困難になったり、更なる犠牲者が発生することもある。
しかし、そこまで徹底していることが、国に対する信頼にも繋がるのだろう。
翻って、日本はいまだに戦没者の遺骨収集すらままならない。

特殊部隊が良いとか、交戦中に新たな犠牲を払ってでも死体を回収すべきだとまで言うつもりはないが、
時代が落ち着けば、やはり全ての死体は回収する努力を徹底すべきと思う。


【目次】
第1章 ソンタイ捕虜収容所への奇襲作戦
第2章 海の特殊作戦
第3章 ミュンヘン・オリンピック事件
第4章 マヤグエース号事件
第5章 エンテベ空港奇襲作戦
第6章 「イーグル・クロウ」作戦
第7章 在英イラン大使館占拠事件
第8章 行方不明者(MIA)救出作戦
第9章 フォークランド紛争
第10章 「アージェント・フュリー」作戦
第11章 アキレラウロ号事件
第12章 「ジャスト・コーズ」作戦
第13章 ソマリア
第14章 砂漠の盾と砂漠の嵐
第15章 ブラックホーク・ダウン
第16章 カライジャンギの戦い
第17章 トラボラの戦い
第18章 アナコンダ作戦
第19章 「イラクの自由」作戦
第20章 デベッカ峠の戦い
第21章 トランプの指名手配者
第22章 ジェシカ・リンチの救出
第23章 サダム・フセインの捕縛
第24章 イラクの人質救出作戦
第25章 「レッド・ウィング」作戦
第26章 タスクフォース88
第27章 タリバン=アルカイダの幹部狩り
第28章 ソマリア海賊からの救出
第29章 「セレスティアル・バランス(天の配剤)」作戦
第30章 ハイチ地震
第31章 オサマ・ビンラディンの殺害




関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 戦争

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/89-e8e95fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム