ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

2017/7/15-7/22 買った本  

〈2017/7/15-7/22 買った本〉

最近ブックオフでの衝動買いが激しいので、Amazonの読みたい本リストが溜まる一方。
そこで、古本価格が下がっている本などをまとめて入手した(中には新刊もある)。
冷静に考えれば、バーチャルな積読がリアルな積読になったのだが、
まあ読みたい本が手元にあるのは良いことである。

レビュー出来るのはまだまだ先なので、例によってとりあえずのセレクトした理由と共に紹介。
立花隆の書評本でチェックしたためか、今回は宇宙関係が多い。

▼アポロ1号から始まった、月への有人探査ミッション。上下巻の大部な本だが、実際にアポロ計画に携わった多くの宇宙飛行士にインタビューした上で書かれたドキュメンタリー。これはじっくり読みたい。




▼こちらは日本人宇宙飛行士に関する本。
刊行当時も著者の独特の風貌で話題となり、なんだか便乗ブームだなあと感じて敬遠していたが、
かなり良い本との噂を聞く。なので、続編と共に購入。
そういえば、宇宙飛行士本人の本ってのは多いけど、家族の視点の本は少ないよね。




▼立花隆関連。「旧石器発掘ねつ造」事件はショッキングだったが、今から思えばSTAP細胞騒動の布石だったかのよう。この事件については詳しく知りたいが、かといって余り楽しい話題でもない。
手頃に状況を知るために、この本を選択。


▼日本書紀・古事記などにおける神々のモチーフや、各神話の歴史的な意味合い等に関する本は多い。
だが、そもそも日本書紀って、どのように成立したのか? 
その素朴な疑問を、当時の音韻学を踏まえて精査していく。
日本における丁寧な文献学の成果として、楽しみ。


▼暗号、古代文字というと必ず出てくるロゼッタストーン。その解読史をまとめたもの。
これは読んでおかなきゃな、という感じ。


▼ヒトラーは生きていてた!等のトンデモ話がある。
遺体を検視したソ連が隠蔽したのは、実はヒトラーではなかったためだ―等のストーリーが多いが、
実際のところ、検視状況はどうだったのか。本書が全てかどうかは知らないが、
歴史の事実をまずは知りたい。


▼1998年。自殺したいという女性に、ネット上で知り合った人物が青酸カリを送り、実際にそれで自殺。
送り主も女性の死を知り、自殺。
当時、ネットの闇的な雰囲気で語られていた印象があるが、実際の事件はどうだったのか。
独特な事件だっただけに、何が起こっていたのかを知りたい。


▼著者は、NHKのサイエンスZEROのコメンテーターも務める、科学ライター。
「仮説」というモノに焦点をあて、科学を論じる、よう。
ちょっとしたヒントが得られるかもとして購入。


▼奇書である。
「テロ爆弾」を軸に、その構造(といっても昭和前期のものだ)と歴史について、
テロ爆弾を造ったことがある人物ならではの視点による本。
面白いといったら不謹慎だが、こんな本があったんだなあ。


▼義手・義足を創っている会社について。もっと詳しく知りたい。


▼特に日本赤軍によるハイジャック史。現在からは想像もつかないが、かつては日本がテロ輸出国だった。


▼探検ものとして評価の高い一冊。いつか読もうと思っていたもの。


▼これもベストセラーとなった一冊。僕の通常のセレクションからは外れているが、
この本も、いつか読むだろうなと思っていた。


▼カミキリムシって良いよね。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/830-2073fc1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム