ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

約50年前、夢はサハラへ。「サハラに死す――上温湯隆の一生 (ヤマケイ文庫)」  

サハラに死す――上温湯隆の一生 (ヤマケイ文庫)
上温湯隆



僕もそれなりの年齢になったが、
まだ「自分はまだ、人生で為すべきこと、出来ることをしていない」という想いは、常にある。
こうした問いは、若者だけの特権ではない。

ただ若い頃は、こうした想いは、焦燥感に繋がっていたと思う。

自分は何が出来るのか。どんな人間に成り得るのか。

その焦燥感に真摯に向き合った若者の中には、世界へ向かう人も少なくない。
それを第三者が、したり顔で「自分探しの旅」と評するのは、やはりフェアではないと思う。
彼ら自身にとって、その旅はまさしく人生を決める旅なのだ。

サハラ。熱砂、ラクダ、キャラバン。

一歩間違えば命を落とす過酷な世界。
1970年代、一人の若者が自身の人生に真摯に向き合い、サハラに旅立った。
目標は、前人未到のサハラ横断。7000kmの旅だ。
サハラ砂漠を縦断するルートは過去からあるが、横断するルートはなく、
点在する村々を辿るしかない。
彼の前にはイギリス人が複数のラクダを用いてチャレンジしたが、途中で断念している。

夢は、国連で働き、サハラを舞台に活動すること。
そのために、誰よりも深く、「生のサハラ」を理解することが必要だった。

若者の名は、上温湯 隆。20歳。
これまでにも50ヵ国をヒッチハイクして旅してきた。
今回のサハラへもロンドンからヒッチハイクで入った。

1頭のヒトコブラクダを用いた、サハラ・単独横断。

サーハビー(アラビア語で「わが友よ」という意味らしい)と名付けたラクダと、
上温湯氏は旅立つ。

現在の第三者的視点から無謀な旅と思ってしまうが、
おそらく1970年代という時代、上温湯氏のような若者にとっては、
「無謀」とは「極めて困難」ということだったのではないか。
そして、それを成し遂げることによってのみ、自身の価値が決まるという焦り。

本書は上温湯氏が残した日記や、知人に宛てた手紙で構成される。
そこに刻まれているのは、人生に悩み、日本を憂い、
真っ直ぐに自身の人生を価値あるものにしようとする、
恐ろしく真っ直ぐな人物の葛藤の記録だ。

旅の始まりは、1974年1月25日。
渇きに苦しみ、泥水でも喜ぶ。
村についた時の安堵。だが、村で過ごす自身を許せない厳しさ。
人を疑い、優しさに感動する。

様々な思いを巡らせながら旅は進むが、6月1日、3000km程度を踏破した地点で、遂にサーハビーが衰弱死してしまう。
上温湯氏も一時は旅を断念するが、ナイジェリアのラゴスで過ごすうち、
やはり旅を完遂してこそ自分の人生が拓けるという想いに至り、
1975年4月21日、ラゴスを出発。
5月15日に、サーハビーが死んだ地から再出発する。

だがその旅は完遂されることなく、上温湯氏は道半ばで遺体となって発見される。
死因は、渇死。
状況から、水などを積んだラクダが逃げたのではないかと考えられた(初代サーハビーよりも気性が荒かったようだ)。

数年後、埋葬されていた彼の遺体は回収され、日本へ戻った。
その代わり、彼が没したマリのメナカ村には、彼を記憶するモニュメントが据えられた。
(残念ながら、2008年時点では損傷してしまったようだ。現在の状況は確認できなかった。)

上温湯氏は、志半ばで散った。
もちろん、遺された両親、そして為すべきだった仕事を考えれば、
命を失った旅について、諸手を上げて賞賛することはできない。

だが、上温湯氏の旅は、「死んでもいい」という旅ではなく、
彼自身の将来に向けて、欠かせないものだった。

彼の残した手記は、多くの人々を動かし、励ましている。
それは彼が死んだからではなく、彼が最後まで、彼らしく生きたからだろう。

多くの人が、日常の繰り替えしに埋没する人生を選択している。
でもその中で、少しでも自分らしく生きようと、もがいている人々がいる。
その想いに、年齢は関係ない。
そうし人々にとって、この本は、「とにかく自分に向き合え」と語りかけてくる。

時代の流れに消えていくのは惜しい一冊だ。


なお、マリのメナカ村にあるモニュメントについては、し~がる氏の
飛べ!世界へ!SEAGULL (ブログ2)
http://seagulljapan.blogspot.jp/2008/04/blog-post_15.html
で紹介されている。ぜひご覧いただきたい。


【目次】
サハラが俺を呼んでいる
 サハラ砂漠が呼ぶ
 アフリカ第一歩
 ヌアクショットへ急げ
 わが友、サーハビー
サハラ横断への挑戦
 サーハビー、さあ、出発だ!
 水はあと一滴しかない
 なぜ、旅を?
 “幻の都”トンブクツーへ着いた!
 孤立無援、もう一銭もない
 灼熱地獄、死の前進
 サーハビーが死んだ!
挫折そして再起へ
 旅は終わりだ、傷心と絶望の涙が…
 俺は本当にサハラに敗れたのか
 ラゴスの苦悩、再起の日々
 お母さん、長生きしてください
死への旅立ち
 俺は命あるかぎり、お前に挑む!
 サハラ砂漠に燃えつきた愛と死
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/805-98c8ab90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム