ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

「本」がもたらす、高揚と混乱。「世界を変えた10冊の本 (文春文庫)」  

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)
池上 彰



本来、個体の知識や経験は、それ自体に留まるものだ。
だからこそ、その個体のみが自身の知識・経験を活用し、次世代に遺伝子を残すことが可能となる。

ところが人間は、高度な言語によって個体間における知の共有を可能にした。
その結果、共同社会での生存性が向上すると同時に、共同社会間での競争も激化した。

さらに人間は、言語を「文字」として刻み込むことを学ぶ。
これにより、人間の「知」は時空を超えることが可能となり、その発展は加速化された。

ただ、文字によるインパクトはもう一つ在る。

いかなる時空の人間であっても、文字に刻まれた「知」を共有することにより、
同一の共同体に属することができるようになった。
これは、人間以外にはありえない共同体である。

この、知を刻み込んだ「文字」の集合体が、形式は様々なあるとしても「本」である。

言い換えれば、人は一冊の本を核として、知の共同体を形成できるということだ。

そして、その「知の共同体」において、
実社会に対する行動を促進・制限されれば、それは人類の行動を変化させることになる。

本書で池上氏が選択しているのは、そうした「知の共同体」の形成によって、
人類の行動を変化させた「本」だ。
それを称して、「世界を変えた」と言っている。

収録されているのは、次の10冊。
【目次】
第1章 アンネの日記
第2章 聖書
第3章 コーラン
第4章 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
第5章 資本論
第6章 イスラーム原理主義の「道しるべ」
第7章 沈黙の春
第8章 種の起源
第9章 雇用、利子および貨幣の一般理論
第10章 資本主義と自由

聖書やコーランなどの宗教的書物も有るものの、
一方で経済面での指針となった書物も多い。
これらは一般人には馴染みがないが、
近現代社会において政治経済を左右する層にインパクトを与え、
知らず知らずのうちに、僕らの生活に多大な影響を与えている書物である。

現代社会を形成するに際し、どんな本が人類の行動を左右したのか。
本書はそうした視点から、各書物のベーシックな概観を得ることが可能であり、
これらの本に興味が無い人ほど、読んでおいて損は無い一冊だろう。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/800-76ade62a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム