ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

「苦しい 疲れた もうやめた」では、人の命は救えない。 「海難救助のプロフェッショナル 海上保安庁 特殊救難隊」  

海難救助のプロフェッショナル 海上保安庁 特殊救難隊
第三管区海上保安本部



海猿」で有名となった海上保安庁 特殊救難隊、略所はSRT(Special Rescue Team)。
実際に「海猿」と呼ばれることはないらしいが、その存在は事実である。

潜水による救助や、危険物・毒物等を積んだ船舶事故への対応といった、
通常のスキルでは対応しがたい「特殊海難」に対応するために昭和50年に隊員5名でスタート。

以降、様々な事故に直面しながら、その守備範囲を広げて行き、
現在は全国1万3千余の海上保安官のうち、 150名程度しかいない海上保安官の潜水士から、
さらに選抜された精鋭36人。

その実情を知る機会など滅多にないが、
本書は実際の隊員や隊員OBが、その活動・訓練の様子や隊の歴史、
各事故における対応状況などを、自身の手で綴っている。

一人の取材者の手によるものではなく、
普通の「書き手」である隊員の手記を構成したものであるため、
どうしても視野・視点・深さに差がある。
その点で通常のノンフィクションの読みやすさや分かりやすさは無いが、
一方で現実の厳しさはひしひしと伝わってくる。
特殊救難隊という非日常の世界で命を懸けている方々の話なのだから、
むしろこちらの方が良かったかもしれない。

さて、手がけた主な事故として紹介されているのは、次の通り。
あの事故も、この事故もと、記憶に刻まれた大きな事故が並んでいる。
・海王丸座礁海難
・鹿島灘沖、鉱石運搬船座礁・連続海難
・タンカーー「サニー・ブリーズ」号火災海難
・ケミカルタンカー「マース・グサール」号爆発・沈没海難
・自動車運搬船「ファル・ヨーロッパ」号座礁海難
・羽田空港沖、日本航空機墜落事案
・潜水艦「なだしお」・遊漁船「第一富士丸」衝突海難
・タンカー「ナホトカ」号重油流出海難
・LPGタンカー「第三十八いづみ丸」衝突・座礁海難
・瀬渡船「栄福丸」転覆海難
その他にも、東日本大震災や海外での救助活動など、その活動範囲は幅広い。

これらの海難事故に際して、隊員はどう対処したのか。
もちろんベテラン隊員もいれば、初めての任務だった方もいる。
訓練通りにできた方もいれば、
訓練通りにできず、あわや二次被害という状態に陥った方もいる。

だがどの手記でも、そこに通底するのは、
「これを教訓として次に生かす」という信念だ。

一歩間違えれば命を落とす現場において、
最後の砦は自分たちしかいないという自負。
それを支えるのが、日々の努力と、こうした事故に対する謙虚さなのだろう。

特殊救難隊のスローガンは、

苦しい
疲れた
もうやめた では
人の命は救えない


であるという。
この言葉を、その通りに日々貫き通しているのが、特殊救難隊だ。
こうした人々が日々安全を守ってくれているという事実を、
やはりもっと多くの方が知るべきだろう。

ところで本書、読む場合はまず第3章の事例を読むことをお勧めする。
その上で各隊員の手記を読むほうが、より実感が湧くというもの。

ところで、本書を読みつつ、以前野鳥の重油汚染防止対策の講演会で
一般財団法人海上災害防止センターの方のお話を聴いたことを思い出した。
こちらの団体は、海難事故時の防災処置(油等の防除や消火などを実施)を行う、
いわば海の消防隊としての立場かと感じているが(違っていたらごめんなさい)、
そのお話もまた、非常に衝撃的であり、大変なお仕事であると驚いた記憶がある。

海に囲まれている日本。様々な組織の人々が、日々尽力されていることを知っておきたい。





【目次】
第1章〈退職OB編〉
SRTの隊員たちが振り返る
特殊分野への進出と、人的資源の充実
第2章〈現職OB編〉
SRTの隊員たちが振り返る
あの日の苦難、そして達成感
第3章 〈出動事例編〉
SRTの隊員たちが振り返る
困難を極めた救助活動、瞬時の現場判断
第4章〈羽田特殊救難基地編〉
SRTの隊員たちが語る
日々続く、訓練の工夫と発展
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/793-c774a8f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム