ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

マイケル、Fire TV Stick、洋画  

〈2017/04/08土〉

ようやく一週間終了。疲れが出たのか風邪気味。

週の後半には「マイケル・ジャクソンの思い出 」を読んだ。
アーティストに対する好みはもちろん千差万別。
だが、全世界を席巻し、時代を象徴するアーティストとなると、やはり数は限られる。
その中でも「KING OF TOPS」とまで呼ばれた稀有なトップスターの素顔、優しさと孤独が伝わる一冊。
本当に「THIS IS IT」ツアーの直前で亡くなったのが残念。

午後、借りていた「スター・トレック BEYOND」を家族で見る。
エンターテイメントとして素直に楽しめたが、
僕としてはもっとエンタープライズ号の活躍が見たかった。

また本日、心が弱いときにポチッた「Fire TV Stick (New モデル)」が届く。
PCでなく、TVの大画面でAmazonビデオやYOUTUBEが見られるのは有り難い。
Chromecastもあるが、「TVだけで完結する」というのが手軽で良く、プライム会員でAmazonビデオを見ていれば買いだろう。
特にデジタル化の恩恵か、古い映画の画質がとても良い。
U・ボート ディレクターズ・カット」を見たが、その鮮明さに感動した。

なお、この映画を見た事が無かった妻と息子、
(3時間オーバーの長さのため、僕がジブラルタル海峡突入の辺りから見だしたのに便乗したのだが、)
ラストの救いのなさに驚いた模様。
「ひどい」と言われることもあるようだが、
鬱映画として名高い「ミスト」のような「作品のための絶望」ではなく、
「戦争の虚しさ」という社会のための絶望を描いた、納得できるラストである。

それにしても「日曜洋画劇場」を始めとするTVでの映画放送、
ジブリ・ハリポタ・ディズニー・1年前の邦画のローテーションではなく、
昔みたいに「名作」や歴史的な「有名作」を放送してほしい。
僕は息子に「ダーティハリー」「大脱走」「エイリアン」「未知との遭遇」「エイリアン」等々、
80~90年代の映画を楽しんでほしいのである。












関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 日々のつれづれ - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/788-129d5ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム