ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

この夏、金魚に出会いたくなる。「金魚はすごい (講談社+α新書)」  

金魚はすごい (講談社+α新書)
吉田 信行



夏と言えば金魚すくいである。
子供の頃採った金魚は、4~5年生きていた。
でも、最近採った金魚は、1年程度で死んでしまった。
採った時点の金魚の体調もあるし、僕の管理の問題、また夏季の気温上昇など、
様々な要因があるだろう。

でも、何にしても、「金魚すくい」という行為は、夏の思い出として一生残っている。

日本人とって、朝顔と金魚は「当たり前」の存在だが、それらについて知っている事実は、
かなり少ない。
まして、作出された様々な品種なんて、申し訳ないがマニアの世界とも感じる。
(まあ、そういうモノほど嵌まると楽しいのだが。)

本書は、江戸時代から創業している金魚屋、「金魚の吉田」の主人による金魚本。
「◯◯はすごい」の柳下のドジョウタイトル本ながら、
とても楽しい一冊である。
巻頭には各品種のカラー写真、また尾びれの違い、
主な品種の紹介・来歴など、まさに金魚入門書として最適といえる。

また、なんとなく最近金魚の品種が多いなと思っていたのだが、
日本では形質が固定されて(同形質の累代飼育が可能となって)初めて品種とするが、
中国ではF1のみでも品種とするとのこと(同じF1の雄雌を掛け合わせても、同形質のF2は得られない。)。
だから品種が乱立していたのかと、納得した次第である。

なお、以前「江戸創業金魚卸問屋の金魚のはなし」(レビューはこちら)を取り上げたが、こちらの店との関係が気になった。

調べたところ、著者の吉田信行氏が三男、先代の現「金魚の吉田」の社長・吉田舜亮氏は次男、
そして長男の吉田晴亮氏が「金魚坂」(吉田晴亮商店)を立ち上げたとのこと。
なるほど。

【目次】
第1章 金魚のルーツと歴史を探る
第2章 本当に金魚はすごい!
第3章 多種多様な金魚を愛でる
第4章 老舗が教える「金魚のススメ」



金魚はすごい (講談社+α新書)



関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 魚類

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/770-fd4a5404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム