ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ベクター・ケースファイル 1―稲穂の昆虫記 (チャンピオンREDコミックス)  

ベクター・ケースファイル
藤見 泰高
【お手軽度】★★★☆

ベクター・ケースファイル 1―稲穂の昆虫記 (チャンピオンREDコミックス)ベクター・ケースファイル 1―稲穂の昆虫記 (チャンピオンREDコミックス)
(2007/06/20)
藤見 泰高

商品詳細を見る



1話完結型。
昆虫に極めて詳しい主人公・榎稲穂が、その知識で周囲の事件・難題を解決していく。

存在をしって、とりあえず1巻だけ購入。

昆虫ネタとしては詳しく、ストーリーもそこそこ説得力がある。
ただ、アオバアリガタハネカクシ、知人が炎症を起こしたがものすごいミミズ腫れになった。
この程度の影響ですむかな、と疑問。

まあそれでも、十分楽しめます。
結構な巻数出ているので、古本でまとめて買うことになるでしょう。

ただ少年誌なためか、いいつくりなのに、むやみにお色気路線が多いのはやや閉口。


なお、類似種として、
いきものずかん
があります。

こちらもお手軽です。昆虫ネタ以外も多いので、ギュッとまとめて読みたい人向け。

また、レビューはしていませんが、僕のお気に入り 小山田いく には、
良質な動物ネタがたくさんあります。

とりあえず、
「風の宿」などどうでしょうか。Amazonwですら取り扱っていないので、
ブックオフとかで検索してください。

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 漫画

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/76-98abef48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム