ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

明日から、できる。「毎日が楽しくなる「虫目」のススメ―虫と、虫をめぐる人の話」  

毎日が楽しくなる「虫目」のススメ―虫と、虫をめぐる人の話
鈴木 海花



今年の目標を色々立てているが、その中に「楽しみを掴め」というのがある。
日々の生活では心身ともに消耗すること多々である。
また、休日は雑事に追われたり、怠惰に過ごすことも多い。

「楽しいことないかなあ」なんてボヤくことも多いのだが、
楽しみは自身で見つけるもの、
そして見つけるだけでなく、積極的に「掴む」もの、と考えた次第である。

さて、僕は長らく野鳥のみを専門にやってきたが、趣味を持たねばいかんと考え(この発想がおかしいが)、
近年、昆虫採集、化石採集、イタリア語の勉強を楽しみにしている。

これらをやって初めて分かったのは、やはり「知らないことだらけだなあ」と言うことだ。
それぞれを「楽しむ」ためには、野鳥観察や調査で培った知識やテクニックとは、(一部援用できるとはいえ) 全く異なるものが要求される。
それを見出し、身につける過程がまた楽しいのだが、それにしても知らないことだらけだ。

本書は、「昆虫を観る」という楽しみを、存分に味わっている女性、鈴木海花氏によるエッセイ。
「昆虫をテーマとした旅行記」と言っても良い。
ただ昆虫を追うだけでなく、地元の人と触れ合う楽しみ、地元の料理を味わう喜びなど、
単なる昆虫本とは異なる視点も含まれている。

本書に昆虫情報のみを求める方だと、そうした記述こそ不要と思うかもしれない。
だが、やはりそこまでストイックにならず、昆虫も含め「楽しい」ことが一番だと僕は思うのである。

さて、本書で取り上げられ旅行のうち、特に興味を惹かれたもの。
まずは、日本屈指というか、世界に誇るべきカメムシ図鑑である「日本原色カメムシ図鑑」、「日本原色カメムシ図鑑〈第2巻〉陸生カメムシ類」、「日本原色カメムシ図鑑―陸生カメムシ類〈第3巻〉」。
これを記した人々を尋ねる旅だ。
全ての始まり、第1巻を刊行した高知県の研究者の、情熱と楽しみを訪ねる旅。
第2巻・第3巻に収録されるカメムシを、とにかく集めた採集人、高橋敬一氏。
そして、高橋氏から送られたカメムシを分類していく分類学者、石川忠氏。
「昆虫だから」と敬遠するのはもったいのない、熱い情熱の物語だ。
野鳥でもこうした大部な図鑑は種々刊行されているが、その舞台裏や、著者の想いが第三者によって語られることは、滅多にない。
そうした意味でも、この旅は貴重な記録だ。

そしてもう一編は、石垣島探訪記。
(ネット情報だと、どうも最近は採集禁止等を巡って様々な思惑・意見があるようだが、
そうした話は横に置いておく。著者は採集ではなく観察・撮影が主である。)
僕も野鳥のために訪れたが、いやはや石垣島は楽しいところであった。
独特の林道や植物を思い出しながら、旅行記を楽しんだのだが、僕が訪れたあの頃に昆虫も趣味もしていたら、と思うことしきりである。

ただ、石垣島のような濃厚な地で、野鳥と昆虫の両方を追うと、たぶん破綻するだろうと思うのだが、
それでも、いつか石垣島を再訪した時、僕はやはり、両方気になるだろう。
それでも、「楽しみの掴み方」を知らないよりは、良い。

本書が、多くの方にとって、新しい「楽しみの掴み方」のヒントになることが、著者の願いではないだろうか。


【目次】
いつでも、どこでも「日々虫目」編
図鑑はどうやってできるのだろう 或る図鑑をめぐる人々を訪ねて
旅も虫目で「虫目観光」編
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/759-34ca9b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム