ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

東京大学史料編纂所教授による、史料採訪の旅とは? 「日本史の一級史料 (光文社新書)」  

日本史の一級史料 (光文社新書)
山本 博文



僕らが知っている「歴史」とは、唯一無二ではない。

歴史は過去に確かにあったことですが、現在、われわれが知りうる「歴史」というのは、史料から復元されたものであり、かつ史料からしか復元されえないもの


史料が残っていたとしても、それを読む歴史家によって、そこから描き出される歴史の姿は変わります。


つまり、歴史を語るとき、史料とそれを読む歴史家の存在を無視することはできないのです。




だが、多くの人々は、知らず知らずのうちに、学校で学んだ歴史知識、歴史観に拘束されている。

また、社会人になって以降、ある立場から「解釈した歴史」に接し、
「これこそが正しい歴史」と思い込んでしまうこともある。

本当は学校において、
「今学んでいる歴史は、現在確認されている史料と、
多くの歴史家またはその分野の専門的な歴史家が認識している歴史である。
だから、卒業後も常に自身で学ぶ必要がある」と、繰り返し教えておく必要があるだろう。

さて、その史料については、
その歴史的事実が発生した時そのものに記録された一次史料と、後日に記録された二次史料がある。

そうした時点性はあるものの、二次史料のうちにも、歴史を知るうえで重要な史料は存在する。

一般化された言葉ではないが、そうした重要な史料、貴重な史料を指して、「一級史料」という場合がある(多くは、マスコミなどにおいて)。

本書は、東京大学史料編纂所の教授として、全国各地の様々な史料に接してきた著者によるもの。

タイトルから、様々な「一級史料」が羅列・紹介されるものかと思われるが、
実はいくつかの一級史料を基にはするものの、実際は

・東京大学史料編纂所による全国の「史料採訪」(史料発掘・記録)活動の実際、
・新たな史料の発見例
・一級史料「島津家文書」の研究例

などを紹介するもの。

歴史の基礎である史料をいかに見つけ、記録するか。
そして実際に、史料からどのような歴史が復元できたかを、
東京大学史料編纂所の教授が自身の経験から示す、なかなか類を見ない本である。

そもそも、東京大学史料編纂所(公式HPはこちら)の前身は、1793年(寛政5年)、塙保己一の建議によって幕府が開設した和学講談所。

明治維新後、史料編輯国史校正局となり、日本の歴史を記録する事業を担う。
そして、帝国大学(現・東京大学)に修史事業が移管(1888年(明治21年)) された後、
外国人教師ルードウィヒ・リースの意見により、歴史を書くのではなく、
収集した史料を編纂・刊行することを任務とするようになった。

日本における史料収集・編纂の要となる組織である。

実は、本書で僕も初めて知ったのだが、
デジタル化された様々な古文書を横断検索できるデータベースや、
くずし字の電子字書などもある。
様々なデータベースの一覧はこちら
興味がある人にとっては、極めて有用なシステムだろう。

史料編纂という活動は地味だが、これなくして日本の歴史を辿ることは不可能である。
本書を通じ、もっと多くの方に存在と重要性を認識していただきたい。

【目次】
第1章 有名時代劇のもと史料
第2章 歴史家は何をどう読む?
第3章 新しい史料を発掘する
第4章 一級史料の宝庫「島津家文書」を読む
第5章 「歴史学」への招待
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歴史

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/749-0c02ee8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム