ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

古文書は、情報の宝庫だ。「中世の古文書入門 (視点で変わるオモシロさ!)」  

中世の古文書入門 (視点で変わるオモシロさ!)
小島 道裕



連綿と続く日本だが、それでも大きな断絶がある。
特に、明治維新だ。
政治的な機構だけでなく、話し言葉・書き言葉すら、大きく江戸時代から変わってしまった。
その結果、江戸時代に刊行された膨大な量の書物を読むことができる人間は、現在、極めて少ない。

いわんや、「刊行された本」という体裁をとらない文書に至っては、「読む」という行為すら思いつかない。

だが、それでも同じ日本である。「読めない」のは、悔しい。

そこで以前、「やさしい古文書の読み方 」(レビューはこちら )を紹介した。

同書は、
古文書とは何かかに始まり、書き方の作法、文書の仕組みを解説し、
その上で「くずし字」を読むコツを解説してくれた。
これ一冊で「読める」とは言わないが、「古文書は読める」と知ることは、確実にできる一冊であった。

一方本書は、対象を中世の古文書に絞る。
朝廷、幕府、戦国大名が入り乱れる波乱の時代。
それは、多くの文書が飛び交う時代でもあった。

恩賞、命令、軍令、主従関係。
様々な関係が、文書によって伝達された。

その多くの文書を、見開きで実例として紐解いていく。
特筆すべきは、その視点だ。
「文字を読む」ことも重要だが、本書では特にその形式に注目する。

中世の古文書では、宛名をどう、どこに書くか、
また差出人の名前をどのように、どこに書くかということにより、言外のメッセージを伝えることができた。
現代社会では忘れ去られてしまった、これらの「決まり」を、本書は教えてくれる。

また同時に楽しいのは、「花押」の成り立ちだ。

戦国大名の文書を彩る花押だが、その形成、書き方、特徴などは、
なるほどこれらの「文書史」を知ることで、具体的に理解できる。

本書では、足利尊氏、伊達政宗、織田信長、豊臣秀吉などの花押を例に、
その書き方、構成、そしてそこに籠められた「意思」なども紹介する。
「古文書の読み方」だけでなく、こうしたトピックを知ることができるのも、また楽しいところだ。

人生において、古文書を読むというシチュエーションがそう在るとは思えない。
だが、「古文書は当然ながら読めるものだ」と知っておくことは、日本に生きる者としては知っておくべきだろう。

【目次】
第1章 朝廷と天皇の文書
第2章 武家の文書
第3章 文書が残るということ
第4章 さまざまな契約書
第5章 組織と儀礼
第6章 戦国大名の文書
第7章 近世の文書へ

レビューはこちら

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歴史

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/741-261432ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム