ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

植物は、したたかだ。「植物はなぜ動かないのか: 弱くて強い植物のはなし」  

植物はなぜ動かないのか: 弱くて強い植物のはなし (ちくまプリマー新書)
稲垣 栄洋



以前に、こう書いた(「樹木ハカセになろう (岩波ジュニア新書)レビューはこちら)l。

堀辰雄の作品に、確か「フローラとファウナ」というのがある。
作家は「フローラ」(動物的)と「ファウナ」(植物的)に分けられる、というのがベースの内容だったと記憶しているが、自然愛好者にも「フローラとファウナ」があるのではないか。


僕はどうしても植物が苦手だが、その原因はおそらく、個体の多様性にあると思う。
芽生えから老樹に至るまで、同種であっても姿・形が異なる。
同じ樹齢であっても、生息場所によって異なる。
もちろん樹であれば樹皮、葉、花などから識別可能だとは分かっているが、
「この樹」と「あの樹」の共通点を見出すことに、慣れていない。

この「個体の多様性」、本書では「可塑性」と定義している。

そして植物は、「固着性」と「可塑性」が生き方のポイントであり、
それゆえに、花粉と種子というたった2つの移動可能な時期において、
いかに進化してきたか、ということが示される。

また、面白いのは、植物の進化史だ。
裸子植物→被子植物において、花粉と種子の移動性が抜群に高まった(ほぼ風媒だったのが、生物媒介が増加した)とともに、
巨大化による形成層という構造の発達。
また、導管による効率的な水の輸送システムが発達した。
(古いタイプの植物の裸子植物は、導管(水柱となっている)が発達しておらず、
仮導管(細胞間に小さな穴が空いている)で水を運ぶ。)

ところが導管は、管内の水が途切れると、水を吸い上げられないという欠点がある。
このため、凍結→解凍により気泡が生じ、導管の連絡が途切れやすい寒い地域では被子植物は不利であり、
仮導管を持つ裸子植物(針葉樹)が優勢となる。

もちろん、前述の花粉・種子を媒介する生物が少ないというのもあるだろうが、
植物の分布について、進化史的視点が得られるのは楽しい。

また木から草が進化したことは知っていたが、
双子葉類から単子葉類が進化したという順番は知らなかった。

すなわち単子葉類とは、形成層(大きくなるために必要な構造)をなくし、巨大化を避け、
代わりに草として成長するためのスピードの増加を優先させた植物だ。

そのため、根元から茎をのばさず、すぐに葉。
花を咲かせるときだけ茎をのばす。
根も、主根・側根を作らず、全て同一のひげ根。

その徹底したシステムが、イネの枝分かれである「分げつ」であると知れば、
田圃を見るのもたのしい。
(「分げつ」が単子葉類ならではの増え方であることは、本書を読まれたい。)

さらに、二酸化炭素を効率的に光合成するC4植物。トウモロコシなどが該当するが、
なぜこれが植物において優勢になっていないのか、漠然とした疑問だった。
(通常のC3植物が90%を占める。)
本書によれば、C4植物がその効果を発揮するのは、
十分な気温と光がある環境のみであり、それらが欠けるとむしろ非効率になるという。
なるぼど、地球上では一部の地域を除き、
十分な気温と光がある環境なんて、なかなか無い。

植物の識別には役立たないが、
生物進化は共進化の歴史でもある故、動物を知るためには植物を知らなければならない。
本書はその一助となるだろう。

【目次】
第1章 植物はどうして動かないのか?―弱くて強い植物という生き方
第2章 植物という生き物はどのように生まれたのか?―弱くて強い植物の進化
第3章 どうして恐竜は滅んだのか?―弱くて強い花の誕生
第4章 植物は食べられ放題なのか?―弱くて強い植物の防衛戦略
第5章 生物にとって「強さ」とは何か?―弱くて強い植物のニッチ戦略
第6章 植物は乾燥にどう打ち克つか?―弱くて強いサボテンの話
第7章 雑草は本当にたくましいのか?―弱くて強い雑草の話
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 植物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/707-55cc3dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム