ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

読み続けることも、力だ。「読書脳 ぼくの深読み300冊の記録」  

読書脳 ぼくの深読み300冊の記録
立花 隆



立花隆氏の論説には特段の興味が無いが、「週間文春」で「私の読書日記」を連載しているらしく、時折り書評をまとめたものが刊行される。
氏は読書家として知られるとおり、 ちょっと毛色は違うが、「立花隆の書棚」(レビューはこちら) なんて本もあって、
たくさん本を持つ蔵書家に対する憧れが、まだまだ世間では大きいんだなと感じた記憶がある。

本書では、ただ書評だけを集めるのもなんだからという訳で、
「読書の未来」と題した東大付属図書館副館長の石田英敬氏との対談が収録されている。
本書の表紙にもあるとおり、書籍のデジタル化が大きなテーマだ。
電子書籍としての刊行、既存の書籍のデジタルデータ化、書籍のデジタル上でのキュレーション・システムなど、
様々な点について語られているが、特筆すべき点もない。というか、現時点では当たり前の認識である。

さて、本書のもとになった連載は、2006年12月~2013年3月の期間らしく、
2011年3月11日の東日本大震災も範囲である。
そのためか、原発と東日本大震災時の政府対応に対する話がやや多い。

通読したところ、
 アメリカ、政治、原発、第二次世界大戦と広島・長崎の原爆、陰謀論、
 ドストエフスキー、性倒錯、金融と金融危機、昭和
といったキーワードにヒットする方は、たぶん参考になる本が多いと思う。

僕が読んだか、読みたいと思った本は23冊。
既読は次の6冊だった。まだまだアンテナの張りが十分ではない。

レビューはこちら

レビューはこちら

▼(ブログ開始前に読んだため、レビューは無し)

レビューはこちら

レビューはこちら

レビューはこちら


重複率は23冊/300冊=7.7%なので、
立花氏とは興味の方向性が全く違うのを再確認した次第である。

逆に言うと、それだけ人によって取り上げたいと思う本が異なるということであり、
ノンフィクシヨンの世界は幅広いなあと思うところ。

なお、立花氏が取り上げている「気骨の判決―東條英機と闘った裁判官 (新潮新書)」は、
戦時中の翼賛選挙に対して、毅然として無効判決を行ったという「司法の独立」の理想のような話。
この事件については「裁判百年史ものがたり (文春文庫) 」(レビューはこちら)で取り上げられているので、併せて読みたい。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/703-b856bc78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム