ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

セダカコブヤハズカミキリ、アサギマダラ  

セダカコブヤハズカミキリ、アサギマダラ

9月も下旬に入りましたが、お休みを取得。
リハビリ(左足親指骨折)を兼ねて、大川山(1,043m)へ行きました。狙いは鳥と昆虫です。

さすが平日、誰もいない-と思っていたら、岡山ナンバーの車が1台有りました。
山頂では人影は見かけませんでしたが、ロッジに泊まっていたのでしょうか?

それにしても昨日夜の雨、そして台風の影響も有るのでしょうが、
大川山山頂は雲の中。頻繁にガスに包まれます。
そんな中、北川斜面のイヌシデ林へ。
IMG_0739
木道もしっとり濡れ、不用意に歩くと滑りそうです。リハビリどころか悪化しそう。

足元からなんか出た、と思ったら、たぶんヤマアカガエル。
IMG_0745
10cm程度の、かなり大きな個体です。

山頂ではカラ類とメジロの声。メジロの鳴き交わし方から、たぶん幼鳥の群れでしょう。
また、遠くからアオゲラの声が聴こえますが、姿を見ることはありませんでした。

渡り途中の野鳥がなんかいないかな、と思っていましたが、残念ながら野鳥を見る天候ではありませんでした。

一方、同じく渡り途中のアサギマダラ。2個体いましたが、どちらもマーキングは無し。
IMG_0753

さて、今回の狙っていた昆虫は、セダカコブヤハズカミキリ。
後翅が退化して飛ぶことができず、各地で亜種に分化しているカミキリです。
また、標高が高いブナ林など、豊かな自然林に棲み、しかも秋以降の枯枝等にいるという、
なかなか見つけにくい種。

このカミキリ、20年前くらいに1度だけ大川山で見た事がありました。
ただ、その頃昆虫はアウト・オブ・眼中だったため、「ふーん」程度。
最近昆虫を勉強するにつれ、もう一度会いたいと思っていた次第です。

そして今日。
まだ9月ですが、しっかり湿り、枯れ葉も多い。
よしよし、今日も頑張って探そう、と思って叩き網を準備して、
ふと横の樹を見ると-、
IMG_07312
いた。えええ。

確かに後翅は、開く気配もありません。
IMG_0737
思いがけない出会いに驚き、喜び。
野鳥は空振りでしたが、来た甲斐がありました。

ただ、その後1時間程度探しましたが、追加の個体発見は無し。
本当に幸運な出会いでした。

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 日々のつれづれ - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/697-45081c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム