ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

星のマークは夢のマーク。「田宮模型の仕事」  

田宮模型の仕事
田宮 俊作



赤と青地に、白抜きの星のマーク。
多くの人々(男性が多いと思うが)にとって、様々な憧れを引き起こすだろう。
僕が子供の頃、街のおもちゃ屋(まだ個人経営のおもちゃ屋があった時代だ)には、
ガンプラが積まれている一方に、戦車、艦船、兵士のプラモデルがあった。
子どもには手が出せそうに無い世界だが、雑誌でジオラマを見るたび、いつかこんな世界を造ってみたいと思ったものだ。
そのプラモデルに輝いていたのが、
赤と青地に、白抜きの星のマーク。TAMIYAだ。
硬派なプラモデル屋というイメージしかなかったが、本書のおかげでそのイメージが払拭された。

本書は田宮模型を世界のTAMIYAにまで発展させた、田宮俊作氏による熱い歴史書である。

木製模型の跡取りとして生まれた少年時代。
だが順風満帆な生活ではなく、工場の火災によるマイナスからのスタート。
それでも新型機械の導入等によって木製模型が軌道に乗り出した時に訪れた、アメリカ製のプラモデルの衝撃。
一方、日本でプラモデルを作ろうとしても、莫大な金型製作費、金型製作職人の横柄さ等の障害。

日本全体の木製模型屋が、同じような苦境に遭遇した筈だ。

だが、なぜ田宮模型だけが世界まで羽ばたけたのか。
本書を読めば、その謎が、実は謎ではなかったことが理解できる。

田宮俊作氏が貫いてきたことは、一つはモノづくりとしてのプライドだ。
徹底した取材に基づくモデリング。
保存展示されている戦車を求め、世界中を駆け巡り、寝食を忘れて撮影を行う。
その真摯さが、ホンダのF1模型でも如何なく発揮されている。
タイヤ一つとっても、それまでののっぺりしたタイヤではなく、
トレッドパターンを刻んだタイヤ模型を開発。
また、単に縮小するだけでなく、日常の状態や視線を踏まえた微妙な調整。
そして作りやすいと共に、作る楽しみも有ること。
F1のプラモデルを見たホンダの本田宗一郎氏による「日本の模型屋も、ここまでやるようになったか」という評価は、
「たかが玩具屋」ではなく同じくクオリティを追究するモノづくりの姿勢に共感した証なのだろう。

そして、子どもが楽しめること。
マニアや大人たちだけが楽しむ趣味ではなく、
子どもたちがもモノづくりを楽しめるツールとして、プラモデルがある。
それを徹底したのが、ミニ四駆だ。

残念ながら僕はブームとは外れた世代だが、
本書を読めば、その「ブーム」が発生するまでに本書刊行時でも18年の歴史があった。
子どもたちが楽しめる造形、子どもたちの創意工夫を受けたカスタマイズシステム、
そしてレースの愉しみ。
「売ったらおしまい」という姿勢ではないタミヤだからこそ、ミニ四駆という趣味の一ジャンルを形成できたと言える。

本書解説において、次のような指摘がある。

コカコーラのマークがあっても、その店が何屋かはわからない。
しかし世界中で、タミヤの星マークが見えたら、そこはホビーショップ以外の何ものでもない。
一社のロゴマークが、業界そのもののシンボルになる、そんな会社はタミヤ以外ないのではないか。


これほどまで、「楽しさ」を広めてきたタミヤ。日本企業の凄さというか、昨今はなかなか見つけにくい「日本企業ならではの良さ」を知る機会としても、本書はお勧めである。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 趣味

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

コメントありがとうございます。
wikiによると、1980年にガンプラ販売開始。
僕が小学生の頃、玩具屋の壁の一方は戦車・船・城、
一方でガンプラが増加していた記憶がありますので、
過渡期のはしりだったようです。
その世代でも、憧れのプラモは兵器モノ、造りたいのは軍事ジオラマでした。
その「憧れ」の筆頭であるタミヤのプラモが、
やはり実直なモノ作りの成果だったという知ることができたのが、本書を読んだ喜びでした。
近年のガンプラは、確かに多色成型など様々なプラモデルとしての進化はありますが、
「実物をスケールダウンする一方、細かなディティールを魅せる」という点では別世界のモノですので、この点について、タミヤの見解が知りたいところです。

BIRD READER #aYDccP8M | URL
2016/09/13 18:57 | edit

 戦車のプラモデルも結構作った覚えがあり、思わず私も読みました。1ドル360円時代に戦車の現物を測量して回り、写真を撮りまくる話には、製作者の真骨頂を見るようで、本当にすごいなぁ、と思うばかりでした。ある人がHPに書いていた話で、今の50云歳(読んだ当時は30云歳…結構古いネットのはしりの頃)ならば、プラモデルと言えば兵器物・軍事物で、年齢的に情報が少なく考証がむちゃくちゃなジオラマを作っていた経験があっても不思議ではない、というのがありました。サンダーバード物も作っていたのですが、幼少の頃は確かにあの当時、車系とWW2の兵器系は双璧だったと思います。その裏側にこんな努力と挑戦があったのには、改めて深く感銘を受けるものでした。
 それが今やガンプラになってしまったわけで…この辺「作る側」にどんな物語をタミヤ模型が提供しているか、それも知りたかったです。
 さらには、「自作派」のための様々な部品(スリックタイヤやキャタピラを動かす戦車キットのばらばらのものやセット品)売りもしていたと思うのですが…違うメーカーだったのか?もし田宮模型だったら触れてほしかったな…と思うこと多少でした。

M氏 #- | URL
2016/09/13 12:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/677-2d2f65d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム