ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

失われた美の数々に、呆然とする。「「失われた名画」の展覧会」  

「失われた名画」の展覧会
池上 英洋



モノにしろ人にしろ、長い歴史の中に生まれ、消えていくのが通常の姿。
だが、その価値が多くの人々に認められれば、その人々の思いを繋ぐことによって、時代の流れを超越することができる。

製作当初から来歴が明らかな逸品は当然ながら、
発掘・発見されたモノについても、その発見時に価値を見いだせば、以降はしっかりと受け継がれていくことになる。

だが、そうした価値があるにも関わらず、失われてしまったものの方が、当然多い。
特に西洋文化史においては、美術-特に絵画については、かなり古くから作者のオリジナル性が認められていたことから、
逆に、その価値ゆえの紛失も多かった。盗難や、分割などがその例だ。

天災、焼失、戦争・テロ、意図的な破壊、改修、盗難、紛失。

例えば、本書「戦争」の章で取り上げられているが、
第二次大戦中、フリードリヒスハイン高射砲塔にドイツ軍が芸術品を大量に保管していた事例。
ドイツ軍としては、堅牢な軍事施設に保管する意図があったが、
逆に火災によって収蔵されていた作品の多くが失われてしまった。

本書は、そうした「失われてしまった名画」に着目し、
それぞれの紛失原因ごとに整理されたもの。
現在残っている断片、下書き、紛失前の写真など、
多くがカラーで収録されており、失われたものの大きさが実感できる。

それぞれの来歴を見ていけば、一編のミステリ小説等も作れそうで、興味深い。
(そういう方向を手軽に楽しみたければ、「ギャラリーフェイク」や「ゼロ THE MAN OF THE CREATION」などのコミックが楽しいだろう。)

それにしても驚いたのが、僕がオリジナルと思っていたローマ時代の大理石像の多くが、
実は古代ギリシャ時代に作成されたブロンズ像のコピーだ、という点だ。
いや、ローマ時代のものはオリジナルという先入観があったということだが、
西洋美術史の長さに圧倒される次第だ。

なお、ナチスに限れば「ナチスの財宝 (講談社現代新書)」(レビューはこちら)という本があり、こちらも非常に興味深い一冊である。

【目次】
第1展示室 天災で失われた作品
第2展示室 焼失した作品
第3展示室 戦争とテロリズム
第4展示室 人為的な破壊1―改修と切断
第5展示室 人為的な破壊2―修復・加筆・塗りつぶし
第6展示室 盗難
第7展示室 消失―行方不明の作品





関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 美術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/675-4befd04e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム