ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

謎解き フェルメール (とんぼの本)  

謎解き フェルメール

林 頼子、朽木 ゆり子 他
【良かった度】★★☆☆

謎解き フェルメール (とんぼの本)謎解き フェルメール (とんぼの本)
(2003/06)
小林 頼子、朽木 ゆり子 他

商品詳細を見る


「謎解き」とあるので、どんな謎が解かれるのかと思って読んだが、
一般的な入門書+アルファという感じであった。

筆者は、フェルメールがカメラ前身である、レンズを通して実物を投影するカメラ・オブスキュラを利用したか否か、という点について否定的である。

しかし紹介された再現図と実際の絵を比較すると、僕としては使ってない、とも言い切れないと感じた。
ただ、そのままではない。
カメラ・オブスキュラを使いつつ、その上に絵画的修正を加えているのではないか、と思ったのだが、
まあ根拠のない感想である。

正直なところ、「なぜフェルメールに多くの人が魅かれるのか?」というのが、僕にとっての最大の謎であり、それは解けなかった。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 美術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/64-c4892f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム