ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ―ハイテク海洋動物学への招待 (光文社新書)  

ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ―ハイテク海洋動物学への招待
【良かった度】★★★★




 野生生物に、加速度や日照時間を記録する機械(データロガー)を装着。
 なんとかして、後日(時には数年後)回収。
 データを解析するとその個体の装着機関中の行動が把握できる、バイオロギングという研究手法がある。

 本書は、日本におけるバイオロギング開拓者の一人である著者による研究成果の紹介である。

 最近はスマートフォンにあるように、小型の加速度センサーも開発され、これからますますバイオロギングという研究手法は盛んになっていくと思われる。
 実際私の知人も、鳥類のブッポウソウにバイオロガーを装着して調査している。

 本書ではウミガメ、マンボウ、ペンギン、オオミズナギドリなどが主な題材である。

 バイオロギングは、例えばハクチョウ類に発信機を取り付け、
 人工衛星経由でリアルタイムに位置情報を取得するような大掛かりなシステムではない。

 装着期間中はただデータを蓄積し続けるだけで、そのデータロガーを回収して初めてデータが入手できるシステムである。つまり、必ず同位置に戻ってくる(もしくは短期間でデータロガーは分離するが、確実に回収する手法がある)必要があるため、対象種は限定される。

 しかしうまく使えば、かなり面白いデータが得られるだろう。

 ここでネタをばらすと面白くないので控えるが、標題のように秒速2メートルで泳ぐ、というのはほんの1例で、
本書では、データロガーなしには把握できなかった、様々な種の生態が紹介されている。
 これらの知見から、新しい世界が開けていく興奮を覚える。

 バイオロギングは、これからも応用範囲は広がっていくだろう。
 本書の著者は継続チェックが必要である。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tag: 調査  動物  野鳥 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/6-737a2620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム