ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

「やさしい古文書の読み方」くずし字を読めないことは、歴史の断絶だ。  

やさしい古文書の読み方
高尾 善希



江戸時代、想像以上に出版文化は華開き、膨大な量の書物が刊行された。
(そのあたりの状況については、「和本の海へ 豊饒の江戸文化 (角川選書)」(レビューはこちら) 、「和本への招待 日本人と書物の歴史 (角川選書)」(レビューはこちら)が詳しい。)
それはすなわち、識字率が極めて高く、庶民にまで文字文化が浸透していたことを意味する。

その原因はいくつかある。
例えば幕府が、「高札」や「廻状」、年貢の受領や関所を通過するための手形など、文字による統制を極めて重視していたこと。
また、農村にあっても貨幣経済が浸透し、それに伴い売買・借金を証文化する必要があったこと。
文字が読めなければ、どうしようもなかったのである。

その結果、版本などの刊行物、幕府や寺社に残された公式文書、そして各村々で幕府との中継にあたった有力な家(庄屋等)にも、文書が残された。
だが、現在の教育では、これらの古文書を読む力は身に付かない。

楷書の活字に慣れた現代人にとって、くずし字は異次元の文字になってしった。
実際のところ、明治になってもくずし字の版本が刊行されていにも関わらず、だ。

くずし字を読めるようになって、膨大な歴史資料に直接アクセスしたい。
そういう層に対して、基礎の基礎から解説してくれるのが、本書だ。

古文書とは何かかに始まり、書かれ方の作法(敬意を表するため1字あける「闕字」や、敬意を表するために改行する「平出」、さらに飛び出す「台頭」など)など、文書そのものの仕組みも解説してくれる。

その上で、「くずし字」の解説に進む。
実際の読み方というよりも、読み方・学び方のコツ、くずし字で覚えるべき流派、複数の字をまとめた合字、用いるべき字書など、実用重視の解説がなされている。

本書1冊で古文書が読めるようになるわけでは当然ないが、「古文書とはどのように見るべきで、どう学べば読めるようになるか」という、ごく当たり前の、だが現在の学校教育では絶対に教えてくれない知識に関する、最適の入門書である。

先人たちが残した膨大な記録。
それを読めば、学校教育だけでは知ることができない、人々の生活史が見えてくる。
庶民の生活こそが、本来、多くの現代人の礎になったものだ。

また個人的にも、実家に古文書(先祖が書いたくずし字による記録)がある場合、
それを読めるか否かは、自らのルーツを辿り、また伝えるうえで、大きな差になるだろう。

一人でも多くの方が、少なくとも古文書は「読めるもの」だ、と認識するためにも、本書をお勧めしたい。

【目次】
序 章 古文書を読むまえに
一 古文書は読めるのか?
二 本物を読むことの大切さ

第一章 古文書からのメッセージ
──歴史を物語る、本物の古文書
一 信長の珍しい「肉声」──織田信長の自筆感状
二 仮名文字だからこそ意味がある──豊臣秀吉の自筆書状
三 気軽に書かれた褒美の証文──徳川家康の自筆証文
四 自由闊達さにあふれた書状──坂本龍馬の自筆書状
五 勝海舟、榎本武揚のために筆をとる──勝海舟の自筆証明書
六 少女の父への心遣い──天才少女の遺言状
七 幕末の混乱を風刺した摺物──瓦版
八 手垢が付くまで愛した本──版本
九 江戸時代の投票用紙──入札
一〇 悪戯書きからわかる、子どもの勉強風景──手習本
一一 金額改竄の痕跡──村入用帳

第二章 古文書の基礎知識
一 古文書とは何か
二 古文書と史実
三 古文書の残り方
四 古文書のかたちを観察する
五 江戸時代と文字
六 江戸時代に残された古文書の量
七 江戸時代の読み書きの広まり
八 口語体と文語体の違い
九 返り読みのある古文書
一〇 字のあれこれ──旧字・異体字・合字・宛字

第三章 くずし字を読み解く
一 古文書のハードル、くずし字
二 御家流について
三 いろいろなかたちのあるくずし字
四 楷書とくずし字、どちらが覚えやすいか
五 手習本を覗いてみると……
六 くずし字の読解に対する考え方
七 くずし字を読むコツは文意にあり
八 固有名詞を読むときはどうするか
九 くずし字に向きあうには

第四章 古文書の読み方
一 字典の選び方
二 字形を観察する
三 推測読みのすすめ
四 漢字と平仮名はどう見分けるのか
五 くずし字と楷書の間にあるもの
六 翻刻の仕方
七 字典を使いつぶそう
八 古文書を勉強できるところ
九 古文書を読むときの作法
●古文書との出会い

第五章 リアルな古文書を読んでみよう
〔用例編〕身近な古文書、地方文書
一 年貢割付状を読む
二 検地帳を読む
三 宗門人別帳を読む
四 宗門送り手形を読む
五 通行手形を読む
六 御用留を読む
七 離縁状を読む
八 借金証文を読む
九 奉公人請状を読む

第六章 古文書の楽しみ方
一 研究をする
二 自分の先祖は「どのようなひと」か?
三 自分の人生と家の歴史
四 古文書が存在することの意味

レビューはこちら


レビューはこちら
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/595-76535c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム