ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

生きものって、変。「ナンコレ生物図鑑 あなたの隣にきっといる」  

ナンコレ生物図鑑 あなたの隣にきっといる
佐々木 洋



著者は「プロ・ナチュラリスト」。テレビでも時々自然観察の案内人として登場する。
僕としては、雑誌「BE-PAL(ビーパル)」でコスプレしていた印象が強い。
ベタなジョークは天下一品。
本書もパリコレとかナンプレとかを連想する「ナンコレ」(何これ)を軸に、
それ一本で成立させた力技の一冊。

方向性としては、身近に見られる「へんないきもの (新潮文庫)」(レビューはこちら)といったところ。
解説がほぼエッセイであるところ、実用的な写真でなくイラストであるところも同じ。
(しかも、あまり美しくない。)
よって、「図鑑」ではなく、気軽な自然観察ガイドブックとして読みたい。

収録テーマは、形、模様や色、動きの3カテゴリ。
昆虫が最も多くて、節足動物、爬虫類・両生類、軟体動物、鳥類といったところ。魚類はないはず。
見られるフィールドとしては、ほぼ陸域と淡水域。
ただアメフラシやカツオノエボシといった磯での生物も少し種類も少し収録している。

Amazonの目次ページに掲載種が全種紹介されているので、そこで読むべきか否か検討されたい。
ある程度フィールドになれた人ならお馴染みのネタが多いし、
初心者なら身近な生きものがもっと楽しくなるだろう。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/580-858a73ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム