ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

カタツムリの謎: 日本になんと800種! コンクリートをかじって栄養補給!?  

カタツムリの謎: 日本になんと800種! コンクリートをかじって栄養補給!?
野島 智司



庭で草抜きや畑仕事をしていると、カタツムリを見ることがある。
おそらくウスカワマイマイだ。
本書によると、ウスカワマイマイは比較的乾燥に強く、植物の苗に付着して全国に分布しているという。
我が家の敷地は元々、草の1本もない空き地だったから、
僕が購入した何かの苗に付着していたのだろう。

一方、通常はカタツムリは移動能力が低いため、全国各地で優先種が異なる。
四国と中国地方・九州の瀬戸内側はセトウチマイマイだが、
九州と愛媛県の佐田岬はツクシマイマイ。中国地方はイズモマイマイ、
近畿、徳間南部はギュリッツマイマイ。
東日本も様々だから、
このブログをご覧になっている皆さんのイメージするカタツムリは、僕が思い浮かべるものとは異なる可能性が高い。

そのカタツムリについて、様々な研究成果や話題を元に、多角的に紹介するのが本書。

例えばカタツムリの動き方だけでも、
後ろ側から前に向かった「足波」が伝わることで進むが、
時々、足跡のように点状に残ることがあり、これは通常の足波の伝わり方では説明できず、
まだ動き方が解明されていないということが紹介されている。
身近なカタツムリでも、わからないことがあるのだ。

また、カタツムリといえば殻、カルシウムだが、
それが卵を産む野鳥にとっては重要なカルシウム源であること。
そのため、土獣中のカルシウムが少ないとカタツムリが少なく、野鳥の卵殻も薄いという因果関係があるという点も、
野鳥を中心に自然を見ている自分としては、なるほどと感じる話だった。

また、「クマムシ博士の「最強生物」学講座: 私が愛した生きものたち」(レビューはこちら)でも少し触れられていたが、
ノミガイという体長2~2.5mmのカタツムリの話も面白い。
ノミガイは、本州南部、四国、九州、沖縄など、広い範囲に分布しているが、
実は野鳥がノミガイを食べ、生きたまま排出される場合があり(実験では、メジロ・ヒヨドリに食われた個体のうち約15%が生きたまま排泄されたという)、こうした野鳥によって分布しているという。

身近なカタツムリだが、その動き、分布、様々な面において、やはり生態系の一員として興味深い面が多々ある。
そうした魅力を手軽に読める一冊として、本書は有り難い。

ところで、以前「ゲッチョ先生のナメクジ探検記」(レビューはこちら)で、イボイボのあるナメクジ、その名も「イボイボナメクジ」がいることを知ったことを紹介した。

ところが「香川生物 第37号」(香川県の生物関係の研究誌)を読んでいたところ、関連する文献があり、
その内容に驚かされました。

その文献は、「イボイボナメクジ Granulilimax fuscicornisMinato,1989の分類・生態的特徴」多田昭・矢野重文。

まず、イボイボナメクジは新属新種として,湊(1989)によって記載されたとのこと。そんなに新しい発見だったとは知らなかった。
しかも、イボイボナメクジの最初の発見場所は香川県仲多度郡仲南町(現,まんのう町)多治川。
そして完模式標本の産地は香川県綾歌郡綾歌町富熊大原とのこと。

※記載論文(湊,1989)では完模式標本は香川県綾歌町で採集された個体だが、
 その標本産地は徳島県高越山となっている。
 これは、標記の論文で明らかにされているが、
 実は最初に徳島県高越山で採集した個体を完模式標本としようとしていたところ、
 最後に香川県個体に変更したが、模式産地を修正し忘れたとのことである。


まさに香川県はイボイボナメクジ発祥の地であったのだ。

確かに、全国のレッドデータブックでみると、イボイボナメクジは情報不足の県が多いのだが、
香川県だけ絶滅危惧I類に区分されていて不思議だった。
つまり香川県だけ減少しているというより、香川県だけカテゴライズできる程度に情報があったということなのだ。

それにしても、これだけ香川県とイボイボナメクジの縁が深いのなら、やはり、いつかをこの目で見たいものである。
なお、イボイボナメクジは、なんと肉食性(他の陸貝を喰う)とのこと。これも驚きだった。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 軟体動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/567-a4f6e854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム