ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

凄い!ジオラマ   

凄い!ジオラマ
情景師アラーキー



ドールハウス、Nゲージ。
細かく作り込まれた「世界」には、魅力がある。
美しさもさることながら、精緻に造り込まれた細部には、ため息しかでない。

本書で紹介される数々のジオラマも、そうだ。
「情景師」という肩書きがあるが、本書の著者アラーキー氏が創り出すのは、
単なる美しい景色ではなく、使い込まれ、長い年月を経た世界。
車は錆び、ゴミは散らかり、草が伸びた風景だ。
だが、そんなありふれた風景を、ジオラマで再現するとは、何と凄い技術なんだろう。
創り出されたのは風景ではなく、時間だとも言える。

しかも本書では、一部の作品についてその作り方を紹介している。
どんな素材を、どんな工夫をもって加工しているのか。
舞台裏(実際、著者の作業スペースや機材、作品の収納方法まで紹介されている)をも見せてくれることで、これまでの「作品集」という本の形態とは異なっている。

実際に可能かどうかはともかく、
自分にも作れそうだ、作りたいという気持ちを引き起こす一冊。
ジオラマ製作の楽しさを詰め込んだ、ワクワクする本だ。

なお、著者のブログもある。
こんな楽しい世界を知らないのはもったいない。ぜひ、ご覧いただきたい。

情景師アラーキー 凄い!ジオラマ



▼ドールハウスについては、こちらが美しい。(レビューはこちら)


関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 趣味

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/566-1653a6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム