ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年6月号  

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年6月号



「ナショナル・ジオグラフック」。
あのナショジオが日本語で読める、と当時話題になった。
僕も喜び勇んで創刊号から数年間は定期購読したのだが、断念した。

将来の保存にも耐えうる確固たる装丁(糸綴じや糊付けではなく、針金製本だ)、
クオリティの高い写真を生かす紙質、インク。
それだけに、数十冊集まった時の重さは半端ではない。

また、様々な分野を取り上げるため、自分の未知なる分野を知ることができる反面、
どうしてもその時点では興味が湧かない分野(例えばアメリカのある都市の生活とか)もあって、
積読が増えてしまう。

物理的に重く、資料性が高く、内容も濃い雑誌(そのくせ、わりとリアルタイムに読まないと意味がない)が、
どんどん積みあがっていくのは、精神的に宜しくない。
そのため断念したのだが、もちろん問題は僕に在って、ナショナル・ジオグラフィックには無い。

以後、定期購読を挫けた後ろめたさを感じながら、時々本屋や図書館で見るのだが、
何年たっても相変わらずのクォリティで嬉しい限りである。
でも、創刊号の頃よりは薄くなった気がする。
ぜひ、僕が死んだ後も紙ベースで刊行してほしいものだ

さて、今号の特集は「マリファナ(大麻)」。
日本では禁止されたているが、
洋画やドラマでは時折り見受ける存在だ。
本特集では、依存性薬物としての側面もあるが、
医薬品としての価値、研究を取り上げる。

世界各国において、大麻小児てんかん、痙攣、緑内障、多発性硬化症など、様々な病気に用いられている。
全ての患者に等しく効くわけでないだろうが、
マリファナが劇的に効く患者もいるようだ。
そうした人々にとって、医薬用マリファナが禁じられることは、厳しい。

マリファナを「依存性薬物」としてみるか、
有用植物として見るか。難しい問題だが、「さわらぬ神に祟りなし」という姿勢は、少なくとも科学ではない。

なお、本誌では当然触れられていないが、
車の芳香剤でよく使われている切れ込みの深い葉のモチーフ、あれは大麻の葉である。
マリファナなんて縁はない、と多くの日本人は思っているが、
イメージ商品としては既に定着している。
冷静な視点を持たなければ、
イメージに引きずられて依存するか、
頭から拒否して医薬品としての道を閉ざすことになるだろう。

他に動植物の記事として、
鳥取県のオオサンショウウオ、北米でのアメリカマツノキクイムシの拡大がある。
特に、北米でのアメリカマツノキクイムシ問題が、これほど大規模なものとは知らなかった。
多数収録されている立ち枯れた森林写真は、その凄まじさを突きつける。
ナショナル・ジオグラフィックならではだ。

また、「ネパールの生きた女神 クマリ」では、
その「生き神」としての生活の難しさ、
「アラル海からの警鐘」では、僕らが子供の頃は地図に大きく記載されていたアラル海が、
ほぼ消滅してしまった事実を、多くの写真で示す。
特にアラル海の現状は、知らなかった、ではすまない問題だろう。

最後に、養老孟司氏による、コスタリカの探検昆虫学者・西田賢司氏の活動紹介記事がある(これは日本版だけかな)。
西田賢司氏は、最近NHKでも見たし、現在ナショナル・ジオグラフィックのホームページでも連載がある。

Webナショジオ
西田賢司 コスタリカ 昆虫中心生活

著書に、「わっ! ヘンな虫~探検昆虫学者の珍虫ファイル」(レビューはこちら)がある。読んで見て楽しい一冊。お勧め。
また、西田氏のホームページはこちら。コスタリカ等の美しい動植物や自然の写真の数々が美しい。

ちなみに、「すてきな地球の果て(レビューはこちら)」で美しい写真と感性と自然観察力と伝達力を示してくれた田邊優貴子氏も、同コーナーで

Webナショジオ
田邊優貴子 南極の凍った湖に潜って 原始地球の生態系を追う
という連載をしている。こちらもお勧め。

なお、田邊氏のホームページはこちら


【主な目次】
ちょっと前の「日本の百年」
EXPLORE 探求のトビラ サイエンス「世界をつなぐ海底ケーブル」
地球「スモッグを浄化するビル」
ワイルドライフ「木に抱きついて涼むコアラ」
写真は語る 伝統が息づく極限高地アンデスに生きる
 
生命をつなぐ キツネザルはかかあ天下
マリファナの科学
ネパールの生きた女神 クマリ
消える北米の森
素顔のオオサンショウウオ
アラル海からの警鐘
未知なる虫を追いかけて




関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 情報誌

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/563-ddbdc000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム