ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ダブル・ジョーカー (角川文庫)  

ダブル・ジョーカー
柳 広司
【楽しめ度】★★★☆

ダブル・ジョーカー (角川文庫)ダブル・ジョーカー (角川文庫)
(2012/06/22)
柳 広司

商品詳細を見る


 「ジョーカー・ゲーム」の続編。

 スタイルは前作と同じく、短編集である。ネタバレになるので詳細は書かない。
 出張まで残しておくつもりだったが、入手できたので読んでしまった。
 娯楽としての読書という意味で、十分に楽しめる一冊である。
 あと1冊、「パラダイス・ロスト」が残っている。亦楽しからずや。
 しかし来週には読んでしまいそうだ。

 短い感想で恐縮ですが、一級の娯楽小説です。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 冒険小説

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 1

コメント

No title

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色 #- | URL
2013/06/22 00:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/53-8c907474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ダブル・ジョーカー」柳広司

結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。 その戒律は「躊躇なく殺せ。潔く死ね」。 だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかが

粋な提案 | 2013/06/22 00:04

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム