ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

イタリア語、iphone6  

イタリア語、iphone6


◆イタリア語

2014年下期のラジオ「まいにちイタリア語」。
勉強しようと思い立った第7課から、最後の第72課まで、
とりあえず全て聴き通すことができました。
身についた内容と言えば微々たるものですが、イタリア語が僕にとって「勉強できるもの」となったのが一番の収穫です。
2015年も、とりあえす継続する予定。
学生時代、これくらい英語をしておけばと思いましたが、
ラジオ(ストリーミング放送)を聴ける時間(通勤時間)、環境(スマホ)があってこそ、継続できたもの。
これからまた勉強すれば、いいでしょう。
ちなみに相変わらず、イタリアに行く予定は全くありません。チャオ。


◆iphone6
使用していたXperia arc (わあ、2011年頃のだ)、僕のは特に支障なかったのですが(容量不足は別として)、
同じ機種を使っていた妻のがもう一杯一杯になってきたので、ついに機種変更。
itunesと「i]関係のお作法を守ると、ものすごく便利ですね。
いやあ、技術の進歩ってすごいなあ。

ただ、windowsというかMS-dosとかいじっていた経験からすると、
何となく、なんで音楽ファイル1個移すのにこんなにお膳立てされるのか
(そしてそれを守らなければならないのか)、
やや微妙な感覚もあります。

例えば、PCに入れていたitunesがiphoe6に対応していなくて、最新版にバージョンアップしたら
やっぱり上手くいかず、フリーズ。
アンインストールを丁寧にやって(関連ソフトを指定順に削除して)、
再インストールしてやっと復旧。
(ちなみに実施した手順はhttps://support.apple.com/ja-jp/HT1923。)
人に優しいのか厳しいのか、よく分かりませんね。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 日々のつれづれ - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

コメント

コメントありがとうございます!

 今のところ、僕は英語もイタリア語もつかう予定がありませんので(英語は野鳥関係の洋書を読む程度に使用)、英語もイタリア語もヒエログリフも同じようなものでして、
完全な娯楽です。
 実用の面から言うと、やはり英語ですね。もう少し使えるようにしたいと思っていますが、イタリア語に少し飽きた時になると思いますので、いつのことやらです。
 でも色々な言語を学ぶと、文法等の違いだけでなく、その言語を使う人の論理構成(や思考展開)もちょっと見えてきそうで、面白いですね。

BIRDREADER #- | URL
2015/04/14 20:27 | edit

 私も1998年に数か月、かじる程度でしたが、ラジオイタリア語講座を聞いていました。理由はイタリア・フィレンツェに行くからでしたが、聞いていただけでメモやら復習やらしていなかったので、その程度・・・でした。文法や発音のしやすさから、英語より楽な言語に思えましたが、イタリア語はイタリアとスイスの一部くらいしか使えないと思うと、やっぱり外国語は英語がいいのでしょうね。1996年のデンマークで自分の話せなさを打ち破るべく、ラジオ英会話を2年ほど聞いた成果で、サバイバルできる程度に英語は話せるようになりました。

M氏 #- | URL
2015/04/13 21:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/526-90136adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム