ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

バウムクーヘン、人生の100のリスト、LIFE! LOG 2015.1.26-2015.2.1  

バウムクーヘン、人生の100のリスト、LIFE! LOG 2015.01.16-2015.02.01.

◆バウムクーヘンは続く
「100種類のバウムクーヘンを食べる」夢。
またまたバウムクーヘンを食べました。腹はどんどん福々しくなっています。
#018 2015年1月17日 博多 柳香の「プディングバームクーヘン」
1月下旬はバウムクーヘン続きでしたが、記事が追いつきません(たいした記事でもありませんが)。
少しずつブログにアップしていこうと思います。

◆人生の100のリスト
「バウムクーヘンを100種類食べる!」というのは僕の「人生の100のリスト」の一つですが、
改めてネット上で、いろんな方の「人生の100リスト」を拝見しました。
(「人生の100のリスト」で検索すると、いっぱい表示されます。)
やる気復活。今年も1か月経過しましたが、これからですね。
僕も100リストは手帳に書いていますが、まだ40くらいしか書けていない。
まだまだ自分の欲にブレーキをかけているようですね。
とりあえず、今年はまず、関わっている野鳥保護団体の研究・記録誌の続刊を刊行します(おお、言い切った)。
毎週末作業をしているのですが、刊行は春かな?

「人生の100のリスト」っ何? という方は、ぜひロバート・ハリスの「人生の100のリスト (講談社+α文庫)」(レビューはこちら)をお読みください。人生はカラフルでなくっちゃね。



◆LIFE!
先日、気になっていた「LIFE!」を見ました。

雑誌「LIFE」の写真管理部に勤務するウォルターは、ごくごく平凡な人間。
それどころか、現実逃避の妄想をするという悪癖のため、他人からは馬鹿にされるほど。
ある日、雑誌「LIFE」が突然終わることが決定され、
有名な写真家から最終号の表紙として送られた「とっておきの写真」のネガが、
その封筒に入っていないという事態が発生。
「写真が無い」と言い出せないウォルターは、「少しの間のはず」と、カメラマンを探す旅に向かう。
ところが、いつしか妄想していた冒険を遥かに超える旅が始まり、ウォルター自身が変わり始める…。



と、最初のウォルターの妄想さえ乗り越えれば、なかなかワイルドでカラフルな旅が楽しめます。
ストーリーは「そりゃないだろう」という非現実なもののため、
「真面目さ」や「現実感」を求める方には合わないかもしれません。
むしろこの作品は、現実世界を舞台として、
思い切って一歩を踏み出すことの素晴しさを伝える「ファンタジー」として楽しむのが良いと思います。

なお、吹き替えは酷評されていまして、僕も字幕で見たクチですので、
とりあえず字幕で見ることをお勧めします。

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: メディア:映画

thread: 洋画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/512-06a88de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム