ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

恐竜ホネホネ学 (NHKブックス)   

恐竜ホネホネ学 (NHKブックス)
犬塚 則久



最近、恐竜の復元図は、驚くほど変化している。
かっては想像もしていなかった羽毛の存在が、これほど印象を変えるとは。

ただ、これ以前にも、素人目にも大きな変化があった。
昔は尾を引きずっていたが、いつしか尾をあげ、体を水平にし、より機敏に動くスタイルに変化したことだ。

こうした姿勢の変化は、まさに骨格と筋肉の相互関係の新解釈によるものである。

科学博物館へ行けば、むき出しの化石標本が並んでいる。
だが、なぜこの場所に、この角度についているのだろう? と思うほど、
一見脈絡のない位置についている骨も少なくない。

例えば、この国立科学博物館のトリケラトプスの標本のように、
当時の位置そのままで発掘されたのならともかく、
そうでないとこの腕の骨の接続位置なんて分かるのだろうか、と思う。
トリケラ
(なお、この標本は、世界で最も保存状態の良いトリケラトプスの標本であり、
この状態で発掘されたトリケラトプスは、この個体を含めて世界で2体しかないそうだ。
愛称はレイモンド(Raymond)。)


それを理解するのが、骨を読むということだ、と本書は語る。

哺乳類に比べ、恐竜や爬虫類の関節の造りは甘く、かなりどうにでも組み立てられるそうだ。

そこを、どう繋げていくか。
現生動物との関係だけでなく、骨そのものの構造、健や筋肉の付着していた跡等から、
論理的に推測される接続位置。

また、骨の太さや構造から体の重心を探り、移動時の重心移動までも想定して決定される四肢の付き方など、
何気なく見ている化石標本や復元図の背後に、どれほど精緻な研究が潜んでいるかを、本書は具体的に紹介する。

ただし、正直なところ、かなり専門的な骨の名称等が多用される一方で、
それらの骨に関する基本的な図は少ない。
おそらく本書を正しく理解するには、恐竜の骨格名称に関する他書が必要だろう。

しかし本書は、恐竜の骨格について理解するには稀有の本である。
敷居は高いが、必要な人には欠かせない一冊になると思う。

なお、「恐竜の骨をよむ 古脊椎動物学の世界 (講談社学術文庫)」は、
本書の改訂新版らしい。重複して購入しないよう。
内容の更新度は不明だが、かなりハードな内容のため、NHK版の方が読みやすいと思う。


【目次】
第1章 恐竜ホネホネ学への招待
第2章 恐竜の骨学入門
第3章 骨がたどってきた道
第4章 古生物の復元法
第5章 骨から姿勢を復元する
第6章 骨から筋や生体を復元する
第7章 骨からみた運動復元
第8章 骨からみた生活復元
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 恐竜

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/507-50738c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム