ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

クラゲの不思議: 全身が脳になる? 謎の浮遊生命体  

クラゲの不思議: 全身が脳になる? 謎の浮遊生命体
三宅 裕志



海へビーチコーミングに行くと、クラゲを見ることしはしばである。
結局は軽くつつくだけだが(もっと識別しろよ自分)、
見れば見るほど不思議な生物である。一度ギュッとしてみたい。

そのクラゲについて、基本的な生殖の仕組みから人との関わりまで、
ギュッと圧縮した入門書である。マイナーな生物について、こうした丁寧な本があると嬉しい。

さて、クラゲといえば、エチゼンクラゲの大繁殖がニュースになる。
だが本書では、2008年頃から、北海道の太平洋沿岸に来るキタミズクラゲも問題となっていることが紹介される。こちらのクラゲは、春と秋のサケ漁の稼ぎ時に到来するそうだ。

なぜ、クラゲは大発生するのだろう?

エチゼンクラゲについては、温暖化や、中国の経済発展による護岸の増加(クラゲのポリプが付着する場所の増加)などが言われているが、それを理解する前提として、本書で詳しく紹介されているクラゲの繁殖方法が役立つ。

まず、クラゲの繁殖方法。
例えばミズクラゲでは、クラゲ世代では有性生殖、ポリプ世代は無性生殖、ポリプが変態するストロビレーションなど、各時期それぞれに増殖方法がある。

そして、環境への対応。
塩分濃度が他所上下した程度だとクラゲは適応できる。
極端に薄くなると(例えば塩分濃度1%)、移動能力が高いミズクラゲは逃げる。
しかし移動能力が低いサカサクラゲは約半日は生き延びる。半日耐えれば、潮汐によって塩分濃度が回復する可能性があるからだ。

また、繁殖地について。
クラゲのポリプは、自然物よりもPETボトルやプラスチックなどの人工物に付着することが多い。
海底に蓄積したゴミが、クラゲ類を増加させている可能性がある。

実際、身近なミズクラゲのポリプすら、どこに付着しているのか不明だったが、筆者らがミズクラゲのエフィラ(ポリプから分離したもの)が多い場所を探索すると、浮桟橋の裏に大量に付着していた。

このように、クラゲ自身の環境対応能力と繁殖力の高さ-それは食物連鎖の底辺付近にいるゆえだが-が、人間の経済効力により加速された結果と考えられる。

その増加したクラゲを食する生物がいれば、捕食圧によってバランスも取れるだろうが、
現在の単純化した生態系では、そのような高次の捕食生物は激減している。

まさに、「歪み」としか言いようがない。

著者は本書で、熱帯魚を飼育する時に用いる岩(ライブロック)に、
クラゲのポリプが付着している例が多いこと、
そしてクラゲの繁殖力の高さから、このライブロック経由で外来種が移入される可能性がある、と指摘している。

海に打ち上げられたクラゲは、脆く、全く頼りない生物にしか見えない。
しかし、そこには驚くべき強靭な生命力が潜んでいる。
ヒトの経済活動が、その生命力を暴走させないよう、もっと注意深く見ていきたい。

なお、本書著者には、「最新 クラゲ図鑑: 110種のクラゲの不思議な生態」(レビューはこちら)もある。
見てて楽しい。

【目次】
第1章 クラゲのほんとうの姿
第2章 ミズクラゲの生活
第3章 ミズクラゲの研究
第4章 クラゲ大発生の謎


関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 刺胞動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/506-95cb3cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム