ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

コスモスの謎: 色も香りもチョコそっくり!? チョコレートコスモス大研究   

コスモスの謎: 色も香りもチョコそっくり!? チョコレートコスモス大研究
奥 隆善



誠文堂新光社 の「謎」シリーズは、新刊が楽しみである。
今回は、「コスモス」。ただしよくあるコスモスではなく、チョコレートコスモスだ。

チョコレート色で、香りもチョコレート(!)というこの花、園芸関係の雑誌で時折見かける。「趣味の園芸」でも取り上げていたような気がする(調べてみたら、著者が専門家として紹介されていた)。

ただ、園芸品種としてみれば「きれいですね」で終わりだが、生物として見れば、なかなか興味深い。

チョコレートコスモス、原産地はメキシコらしいが、現地では既に絶滅しているらしい。

そして現在、世界中で園芸植物して販売されているチョコレートコスモスは、なんと、たった1株を株分け・挿し芽等によって増やしたものなのだ。(チョコレートコスモスは「自家不和合性」が強いため、1株では種子ができない。)

見た目はたくさんあるものの、実は1個体しか残っていない植物。
恐ろしい現実である。

なぜ、そしていつメキシコで絶滅したのかという話も知りたいところだが、その点は情報が無いようだ(このあたり、園芸屋さんは興味がないのだろうか)。

著者は、大学時代にふとしたきっかけから、このチョコレートコスモスを増やしてみようと考える。
その時点では、この種がたった1個体しか残っていないとは知らなかったのだから、面白いものである。

当初は「ダリアと近縁」という話を聞き、ダリアとの交雑を試みるが、幾度繰り返しても失敗。
その後、これまた偶然、隣にキバナコスモスの白花種を植えたところ、不完全ながら授粉に至る。

そこで枯死しかけた胚珠を取り出し、培養して苗に育て、ついには雑種の花を咲かせるのに至った。

こうして書くと短いものだが、その裏には、丁寧な植物の世話、そして少しの変化も見逃さない継続した観察、人工培養の知識・技術、研究室の指導陣の理解、そしていくつかの偶然が、見事に連携している。

まさに、天は自ら助くる者を助く(Heaven helps those who help themselves.)である。

園芸界以外では耳にしたことがないが、世界で初めてチョコレートコスモスの雑種を作り出した人。
その研究の経緯や考え方を、軽易な文章で読める本書は有り難い。
中学生から楽しめるし、ぜひ早く読んでおいて損はない。

それにしても、園芸植物も来歴を探ると、生物として興味深いものが多々ある。
栽培・園芸植物の来歴に興味がある方は、次のような本が楽しいだろう。

(レビューはこちら)


(レビューはこちら)
文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した種子 (NHKブックス No.1183)文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した種子 (NHKブックス No.1183)
(2011/08/26)
酒井 伸雄

商品詳細を見る


【目次】
1章 コスモスとわたし
2章 新しい植物を作り出すこと
3章 少年時代
ダリアの歴史
今までに品種改良に取り組んだ植物
マメグンバイナズナと学名
チョコレートコスモスと近縁種交雑の歴史
植物のことをもっと知りたいキミに!

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 植物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

Re: チョコレートコスモス

はじめまして!

「コスモスの謎」や「0.1ミリのタイムマシン―地球の過去と未来が化石から見えてくる」など、最近はちょっとマイナーな研究分野について、現役研究者の方が自分の学生時代から語ってくれるスタイルの本も良く刊行されているようですね。内容の面白さだけでなく、研究者になるまでの歩みも見えて、若い頃に読みたかったとつくづく思います。
高校の図書館は(なぜか僕は利用した記憶がないのですが)、若い世代が様々な本に出会える素晴らしい場所ですね。司書さんは、その出会いをデザインできる素敵な仕事と思います。応援しています。

BIRD READER #- | URL
2014/12/07 11:54 | edit

チョコレートコスモス

はじめまして。
わたしは高校図書館で司書をしています。
「コスモスの謎」、気になって仕方ありません。
図書館には購入しているのですが、なかなか読み出せません。

BIRD READERさんが紹介して下さる自然科学の本は、わたしの好きなものが多く、いつも楽しみにしています。

象を抱く人 #- | URL
2014/12/06 23:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/460-12b8b18b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム