ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

野鳥観察会でキビタキ、自宅でジョウビタキ。  

たぶん今年最後のキビタキとの出会い、自宅ではジョウビタキ初認

先週末は、土器川生物公園で野鳥観察会を開催しました。
この時期は、南へ去る夏鳥と、南下してきた冬鳥、そして一年中いる留鳥が混ざって、
とても賑やかなシーズンです。

観察会でも、夏鳥のメボソムシクイ、キビタキ、冬鳥のアリスイなどが観察できました。

今回は、夏鳥であるキビタキ雄の写真を掲載しておきます。まだまだ夏!って感じですね。
201410キビタキ

また、オオタカがゴイサギ幼鳥を食べた食痕(散乱した羽根)も観察しました。
その写真は、こちらのブログに掲載していますので、よろしければご覧ください。

羽根から野鳥の種類を見分けるというのはやや難しいのですが、
慣れてしまえば、推理が楽めます。
食痕、巣、フン等の痕跡から野鳥を探るBIRD TRACKING、
もっと盛んになっても良いと思いますが、マニアックな趣味の中のマニアックな分野です。
野鳥に迷惑をかけないよう、楽しみをお伝えできればと思っています。


さて、10月18日、自宅で冬鳥のジョウビタキ雌を見ました。今年初認です。
昨年は10月31日でしたので、やや早い訪れですね。

皆さんのお近くには、もう渡来したでしょうか。
「ヒッヒッ」というかん高くて鋭い鳴き声が、庭や公園で聞こえたら、ぜひ探してみてください。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/458-70152e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム