ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

2014年9月の沙弥島、カニと貝。今日のツバメ。  

ヒライソガニ、キヌガサガイ、ツバメ。

先日、息子と坂出市沙弥島へ行きました。
磯場を歩いたところ、カニの脱皮殻を発見。
久しぶりに持ち帰り、標本にしてみました。
ヒライソガニ2
作り方は、抜け殻をウエットテイッシュで包んで持ち帰り、一度水洗い。
丸めたティッシュや針などで形を整え(針は支えに使います)、乾燥させただけです。

今回拾ったのは、たぶん全てヒライソガニと思います。
ヒライソガニ4
残念ながら小さい種ですが、手元でじっくり見られるというのは、面白いものです。

また、砂浜で貝も探しました。
90年代には様々な貝が拾え、息子にもその楽しさを体験させてやりたいのですが、
養浜のために砂が入れられて以降、貝は激減。
1cm弱の貝がちらほらある程度で、
以前はいくらでも見られたシドロガイやイタヤガイは、今は全く見られません。
貝

2つの貝が癒着したものもありました。
貝癒着

面白いものとしては、キヌガサガイがありました。
上から見ると貝だか何だかわかりません。
キヌガサガイ2

しかし、ひっくり返すと「貝」ってわかりますね。
キヌガサガイ1

ビーチコーミングや貝拾い、
生きものに注目すると、思いがけない出会いもあるものです。
また機会を見つけて、行ってみたいものです。


ところで本日、ツバメ幼鳥が庭にいました。
20141005ツバメ
我が家近く生まれのツバメは、もう去っていたはずですが、まだいたとは驚きです。
それとも、より北からの通過個体でしょうか。
いずれにしても、台風も近づいていますし、無事南下できるよう祈るばかりです。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/456-f54aaf55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム