ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

海辺の石ころ図鑑  

海辺の石ころ図鑑
渡辺 一夫



日本の石ころ標本箱: 川原・海辺・山の石ころ採集ポイント」(レビューはこちら)では、基本的に河川・河口での石ころ採集だった。

本書は、「海辺」とあるとおり、日本各地の海岸での石ころ採集を紹介するもの。
砂浜の砂写真もあり、同じ「砂浜」が二つとない事実に、今更ながら気づかされる。

スタイルとしては、各海岸で採集した石ころの写真を10点前後掲載している。
同じチャートでも、石の色等のバリエーションを掲載しているので、実物と比較するのにも役立つだろう。

香川県では、津田の松原のみ掲載。ちょっと寂しいのだが、
むしろ石を拾えるような自然海岸が激減している事実の裏返しでもあるだろう。

一方、愛媛県の蕪崎海岸や関川河口では、かなり興味深い変成岩が得られるらしい。
ぜひ機会があれば、探してみたいところ。

そう、本書や「日本の石ころ標本箱: 川原・海辺・山の石ころ採集ポイント」があれば、歴史や生物だけでない楽しみを、各地への旅行の際に持つことができる。
人生を楽しむ方法として、こうした観点を持っておくことも良いと思う。

【目次】
北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄地方



関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 地学

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/452-17ca3111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム