ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか  

迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか
シャロン モアレム,ジョナサン プリンス



病気というのは、健康を損ねている状態であり、生存にはデメリットでしかない。
一方、ものすごく単純に言えば、進化とは、より環境に適応した個体が生存し、それが主流になっていく仕組みだ。
そうすると、生存に不利益な病気を、生まれながらに持っている遺伝病の個体は、長い時の中で淘汰されるはずである。

しかし、現在のヒトを見ても、遺伝病は多い。
その中には、かなり特定地域のヒト集団の大部分が、遺伝病を引き起こす遺伝子異常を持っているというケースもある。

遺伝子病とは、デメリットだけではないのか?

こうした問いから様々な事例を紐解いていくのが、本書の目論見である。

例えばヘモクロマトーシス。鉄を吸収・蓄積し続ける鉄代謝異常の遺伝病で、1996年に病原遺伝子が特定された。
ところがその結果、西ヨーロッパの3~4人に1人は、遺伝子の少なくとも一つを保有していることが判明した(ただし発症するのは、病原遺伝子を持つ200人に1人程度。)

ヘモクロマトーシスは明らかに生存にはデメリットなのだが、なぜこれほどヨーロッパに潜在的に蔓延しているのか。

実は、普通は人体に病原菌が侵入すれば、鉄分に富むマクロファージ(白血球の一種)が取り囲み、この病原菌を倒す。しかし結核やペストはこのマクロファージの鉄分を利用して増殖するという。

一方、ヘモクロマトーシスの人は、マクロファージ(白血球の一種)でも鉄分が少ないため、細菌に鉄を与えない。結果、通常なら増殖するペスト菌を倒すのだ。

14世紀の腺ペストをはじめ、ヨーロッパではペストが蔓延したが、その都度この潜在的なヘモクロマトーシスが生存に有利に働き、その人口割合が増えていったとも考えられるという。


また、日本人でも多い下戸の問題。
ヒトは体内で、アルコール→アセトアルデヒド→酢酸塩→脂肪+二酸化炭素+水 と分解していくが、アセトアルデヒド→酢酸塩の過程では、アセトアルデヒド脱水酵素が働いている。

しかしアジア人の多くは、アセトアルデヒド脱水酵素の能力が弱い遺伝子ALDH2-2を持っている。

これについて、山野の水をアルコールを混ぜることで消毒する習慣が普及したヨーロッパ圏では、アルコールを分解する能力の高いヒトが生存に適していたが(ALDH2-2変異型になると、一口で泥酔したようになってしまう)、煮沸消毒が普及したアジアでは、ヨーロッパほどアルコール分解能力が求められず、ALDH2-2遺伝子を持つ人がそのまま増加した、としている。

これは文化との関係にも立ち入るため、更なる検証が必要だと思うが、
こうしたヒトを取り巻く文化・歴史・環境によって、特定の遺伝子集団が増加しているというシナリオは、現在のヒトへの進化を見ていくうえで非常に面白い。

本書前半は、これらの様々なトピックが紹介されており、とても興味深い。

一方、前半の遺伝子集団に対して、後半は遺伝子そのものに踏み込んでおり、最近はやりのエピジェネティクスが取り挙げられているが、この部分については、やや散漫な印象がある。
エピジェネティクスは、現在の進化・遺伝子学のメイントピックなので、他書で、より新しい知見を追う方が良いだろう。


【目次】
第1章 血中の鉄分は多いほうがいい?
第2章 糖尿病は氷河期の生き残り?
第3章 コレステロールは日光浴で減る?
第4章 ソラマメ中毒はなぜ起きる?
第5章 僕たちはウイルスにあやつられている?
第6章 僕たちは日々少しずつ進化している?
第7章 親がジャンクフード好きだと子どもが太る?
第8章 あなたとiPodは壊れるようにできている
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 進化論

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

Re: タイトルなし

東北で台風は海に抜けたようですが、お住いの辺りは大丈夫でしたか?
当方、台風の日は自宅で子供と人生ゲームしていました。
ところで、僕はアルコールが全くダメなので、DNAからアジア人と言えそうです。
人間は環境を自分に合わせて改変するため、それが環境要因となって淘汰圧になるのが興味深いですね。
そうすると今の生活は、どんな淘汰圧として発現するのでしょうか。

BIRD READER #- | URL
2014/10/14 19:53 | edit

台風大丈夫ですか。なんとか無事に通り過ぎてほしいですね。
その後こっち(東北)に来ますけど。
書評の方,興味深く読ませていただきました。ペストの蔓延がやがて人間の身体をつくりかえていくというのには驚きます。またアルコール消毒のヨーロッパ圏と煮沸消毒のアジア圏がこんなにも遺伝子レベルまで深く浸透していることも驚きです。どうりでドイツなんかビールがぶのみしても大丈夫なんだ。

nitta245 #- | URL
2014/10/13 18:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/440-523d0b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム