ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

科学の栞 世界とつながる本棚  

科学の栞 世界とつながる本棚
瀬名 秀明



ノンフィクションやサイエンス関係の本が好きな人間にの悩みは、
本の情報が少ないこと。

書評にしても本屋にしても、主流はフィクション。情報誌「ダ・ヴィンチ」も、大半はフィクションが占めている。

フィクションや文学を否定する気はない。
僕も推理、SF、冒険etc、数多の小説を読んできた。

ただ、森博嗣氏がどこかで書いていたが(正解な引用ではない)、フィクションは自分に中にあるモノに合う作品を求めるもので、ノンフィクションは自分の外にある価値観に触れるもの。

自分に合うフィクションを追い続けるのは心地よいが、それは実世界ではどこにも発展しない(自分の内的感情は別である)。
一方、良質のノンフィクションは、世界を視る目を拡げてくれる。このリアルな感覚は、フィクションにはない醍醐味だ。

だが、どのノンフィクションが良いのか、時代性という束縛から脱出しているのかを知るのは、なかなか難しい。

本ブログがその一助になればだが、もちろん力不足であるし、僕こそ良い本を教えてほしい。

本書は、その助けとなるもの。「パラサイト・イヴ」の瀬名秀明氏が、進路を決めようとしている中学・高校生、仕事の傍ら未知の世界を求めている読者人、そして瀬名氏の父という三者を念頭に、読む価値のある「科学の本」を紹介している。分野は次の通りだ。

【目次】
1 ようこそ!科学の世界へ―いつもと違う本棚に
2 こころの迷宮―脳科学・心理学・生命倫理
3 生命のふしぎ―生命科学・進化
4 空を見上げて―気象・地球・宇宙
5 自然との対話―環境といきもの
6 世界とつながる―物理・数学・医学
7 一緒に歩こう―機械・建築・ロボット
8 科学と人の物語―伝記・物語

有り難いことに、僕がこれまで読んだ本とは、ほとんど重なっていない。
(すなわち、このブログで紹介していない。)
しかも、読みたくなる本が多数収録されている。

「自分には、これらの本を読む自由があるのだ」と思えるのは、本当に幸せだ。
本ブログで紹介したうちで、科学系の本の嗜好が合う方は、ぜひ本書も参考にしてほしい。


関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/395-5099f372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム