ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3   

サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3
村上 春樹



村上春樹は、えーっと「ねじまき鳥クロニクル」までリアルタイムで読んでいる。

以降は読めていない。村上氏の作品の質どうこうではなく、
単に自分の心にフィクション、それも村上氏の作品が読めるような心の隙間が無くなったためである。
まあ僕にとっての村上春樹ベストは「ダンス・ダンス・ダンス」だし、まあ良い。
ただ、時折刊行されるエッセイは読んでいる。合間に気持ちよく読めるのがいい。

どうして僕にとって、村上氏のエッセイが心地よく感じるだろうか。

おそらくその理由は、ノーベル文学賞候補だとか色々言われていることは全く関係なく、
村上氏が一貫して、一人の作家としてのスタンスで、
正直に感じ、正直に語っている点にある。
そこに正義感とか公平さとか世直しとかはなく、あくまで村上氏個人がある。

本書でもそのテイストは健在である。残念ながら連載は終了したとのことだが、
また何か村上氏のエッセイは読みたいものだ。

なお本書で、ブルー・リボン・ビールが「労働者のビール」という位置づけであって、
映画「グラン・トリノ」でクリント・イーストウッドが飲んでいたのはブルー・リボン・ビールだった、ということ、
それと「蟻とキリギリス」が元は「蟻と蝉」だったけど、北方ヨーロッパには蝉がいないから
キリギリスになった、という事を知った。



関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: エッセイ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/329-6968c441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム